2019年6月映画好きの経理スペシャリストのおすすめで注目映画!

おすすめで注目映画

 

7月に入り、暑い日が続いています。

6月の映画館は、ちょっと涼しすぎますが、大切な思い出になった映画がたくさんありました。

ちょっと、レビューを思い出して、もう一度、感動したいので、まとめてみます。

皆様の記憶と重なれば幸いです。

今日も嫌がらせ弁当

 

今日も嫌がらせ弁当

今日も嫌がらせ弁当

posted with amazlet at 19.07.18
Kaori(ttkk)
三才ブックス
売り上げランキング: 15,898

 

 

満足度 ☆☆☆☆☆

6月28日公開

 

ジャンルヒューマンドラマ、青春
監督  :塚本連平
キャスト篠原涼子、芳根京子、松井玲奈、佐藤寛太、岡田義徳、村上知子、佐藤隆太 etc

あらすじ/Story

シングルマザーの母親と反抗期の娘が弁当を通じて交流する様子をつづり、ブログから書籍化もされて人気を集めた同名エッセイを、篠原涼子と芳根京子の共演で映画化。自然と人情が豊かな八丈島で、次女の双葉と暮らしているシングルマザーの持丸かおり。幼いころは「大人になったらお母さんと一緒にレストランをやる」と言っていた双葉も、最近ではすっかり反抗期に突入し、生意気な態度で何を聞いても返事すらしない。そんな娘への逆襲にと、かおりは双葉の嫌がる「キャラ弁」を作り続けているのだが、やがてそのお弁当は、会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。母親のかおりを篠原、反抗期の娘・双葉を芳根が演じるほか、佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太が共演。「僕たちと駐在さんの700日戦争」「レオン」の塚本連平が監督・脚本を手がけた。
(映画.comより)

おすすめで注目/My favorite memories

親子の大切な思い出をたくさん思い出しました。

親子のコミュニケーションが、難しとは、わかっていましたが、それを再確認できました。

でも、それって、大切な親子の絆の積み重ねだったみたいです。

子育て真っ最中ですが、ちょっとだけ復習が出来ました。

親子のコミュニケーションの大切さが、心に突き刺さる大切な映画です。

 

 

アラジン

 

アラジン (オリジナル・サウンドトラック / 日本語版)
Walt Disney Records (2019-06-05)
売り上げランキング: 207

 

 

満足度 ☆☆☆☆★

6月7日公開

 

ジャンルファンタジー、ラブストーリー
監督  :ガイ・リッチー
キャストウィル・スミス、メナ・マスード、ナオミ・スコット、マーワン・ケンザリ、ナビド・ネガーバン etc

あらすじ/Story

「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者が愛する女性を守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督のメガホンでディズニーが実写映画。生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが演じる。アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の「ホール・ニュー・ワールド」などおなじみの楽曲も流れるほか、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけた新曲も物語を彩る。
(映画.comより)

おすすめで注目/My favorite memories

魔法のランプの魔神ジーニー(ウィル・スミス)とアラジン(メナ・マスード)の心のふれあいが、とても羨ましい作品でした。

男同士ですが、相思相愛なところがお茶目で、心地よかったです。

きっと、ジーニーは、アラジンの志に共感したのだと思います。

彼は、生きていくことと志を分けて、自分に妥協しない青年です。

それは、全ての人に勇気を与えてくれるステキな映画でした。

 

 

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

 

 

 

満足度 ☆☆☆☆★

6月28日公開

 

ジャンルSF、アクション
監督  :ジョン・ワッツ
キャストトム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、コビー・スマルダース、ジョン・ファブロー etc

あらすじ/Story

若手俳優のトム・ホランドが新たにスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じ、「アベンジャーズ」を中心とした「マーベル・シネマティック・ユニバース」の世界に参戦した「スパイダーマン ホームカミング」の続編。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカーの新たな戦いと成長を描く。夏休みに学校の研修旅行でヨーロッパへ行くことになったピーターは、旅行中に思いを寄せるMJに告白しようと計画していた。最初の目的地であるベネチアに着いたピーターたちは水の都を満喫するが、そこに水を操るモンスターが出現。街は大混乱に陥るが、突如現れた謎のヒーロー、ミステリオが人々の危機を救う。さらに、ピーターの前には元「S.H.I.E.L.D.」長官でアベンジャーズを影から支えてきたニック・フューリーが現れ、ピーターをミステリオことベックに引き合わせる。ベックは、自分の世界を滅ぼした「エレメンタルズ」と呼ばれる自然の力を操る存在が、ピーターたちの世界にも現れたことを告げる。監督は、前作に続いてジョン・ワッツが務めた。ベック/ミステリオ役に「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホール。
(映画.comより)

おすすめで注目/My favorite memories

まだ、子供の部分が残っているピーター(トム・ホランド)は、世界を守らなければなりません。

彼は、頭の中ではわかっているが。

恩師(トニー・スターク/アイアンマン)を失ったピーターが、何を感じ、何をチョイスするところが、等身大のキャラクターで、共感します。

スパイダーマンは、どの作品も人気がある理由は、我々の心が重なるからだと思います。

身近なヒーローが成長する姿は、たまらない作品です!

 

 

さよならくちびる

 

さよならくちびる

さよならくちびる

posted with amazlet at 19.07.18
ハルレオ
ユニバーサル ミュージック (2019-05-22)
売り上げランキング: 1,186

 

 

満足度 ☆☆☆☆★

5月31日公開

 

ジャンル青春、音楽、ラブストーリー
監督  :塩田明彦
キャスト小松菜奈、門脇麦、成田凌 etc

あらすじと解説/Story and commentary

「黄泉がえり」「どろろ」の塩田明彦監督が、小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春をオリジナル脚本で描いた音楽ロードムービー。インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集めただけの2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、それぞれの道へ進むため解散を決める。2人はサポート役であるローディの青年シマとともに日本縦断の解散ツアーに出るが、レオはシマに、シマはハルに思いを寄せており、ハルもまたレオに友情を越えた感情を抱いていた。複雑な思いを胸に秘めながら、各地でステージを重ねていくハルレオだったが……。レオを小松、ハルを門脇、シマを「愛がなんだ」「ビブリア古書堂の事件手帖」の成田凌が演じる。「ハルレオ」が歌う主題歌プロデュースを秦基博、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんと、それぞれ人気ミュージシャンが楽曲を手がけた。
(映画.comより)

おすすめで注目/My favorite memories

不器用な二人のふれあいを、思い出で二人の気持ちをつないでいく。

彼女たちが何を感じ、何を選ぶのか?

切ないけど、彼女たちのチョイスを認めたくなる心地いい作品です。

最後まで、サプライズを期待しても、決して裏切らないのが良かったです。

歌い続けることで、下手くそなコミュニケーションを解決するステキな作品です。

 

 

町田くんの世界

 

町田くんの世界 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
集英社 (2015-10-23)
売り上げランキング: 8,831

 

 

満足度 ☆☆☆☆★

6月7日公開

ジャンルヒューマンドラマ、青春、ラブストーリー
監督  :石井裕也
キャスト細田佳央太、関水渚、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子 etc

 

あらすじ/Story

「舟を編む」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石井裕也監督が、「別冊マーガレット」に連載され、第20回手塚治虫文化賞で新生賞を受賞した安藤ゆきの同名コミックを実写映画化。運動も勉強も苦手で、見た目も地味で、何も取り柄がなさそうに見える町田くんには、人を愛することにかけてズバ抜けた才能があった。困った人のことは絶対に見逃さず、接した人々の心を癒し、世界を変えてしまう不思議な力をもつ町田くん。しかし、そんな彼の前に現れた女の子・猪原さんは、これまでの人々とは違っていた。初めてのことに戸惑い、自分でも「わからない感情」が胸に渦巻く町田くんだったが、「わからないことから目を背けてはいけない」という父親の言葉を胸に、「わからない」の答えを求めていく。石井監督にとっては初の少女漫画原作となり、主人公の2人には、演技経験がほとんどない新人の細田佳央太と関水渚を抜てき。その脇を、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子と主役級キャストが固める。
(映画.comより)

おすすめで注目/My favorite memories

人類の天然記念物的な町田くん(細田佳央太)が、心を閉ざした猪原さん(関水渚)と心が近づいていきます。

町田くんは、初めての恋に戸惑い、素直になれない猪原さんの心のふれあいが、コミカルだけど、誰もどこか思い出にあるようなところが、心地良かったです。

もう一度、初恋がしたくなる作品です!

 

 

映画見放題サービスの決定版とは!何ががおすすめ?

Amazonプライムは、低コストだけでなく、ネットショッピングの送料無料、電子書籍、音楽などのコンテンツも利用出来ます!

 

 

映画目的であれば、間違いなくU-NEXTが最高です!

なぜU-NEXTがオススメかというと、他のサービスと比べて作品が圧倒的に多く、新作映画もてんこ盛りです!



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です