ミサキ(山本美月)の温かさを感じたファブル(岡田准一)が進化する?映画「ザ・ファブル(ネタバレ・感想)」

映画「ザ・ファブル」(意味は寓話、 教訓を伝える道徳的な内容の短いお話)は、講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを実力派俳優の岡田准一主演で実写映画化。

伝説の殺し屋ファブル(岡田准一)は、ボスから、1年間殺し屋の休業を命じられるが、血の気が多い組織に預けられる。

果たして、彼は、命令を守れるのか?

キャストは、ファブルは岡田准一、佐藤ヨウコを木村文乃、清水ミサキを山本美月、フードを福士蒼汰がつとめる。

監督は、カンヌをはじめ数々の広告祭で受賞歴がある江口カンがメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間123分
ジャンルコメディ、アクション
監督  :江口カン
キャスト岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥 etc

 

福士蒼汰が殺人鬼のフード役?

イケメンで、優しい、ラブストーリーの鉄板俳優が人殺し、驚きました。

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする
(2017-05-10)
売り上げランキング: 10,299

 

ポーカーフェイス(ただ、感情を知らない?)のファブルと、壮絶なバトルをする。

この作品って、俳優の足し算でない、掛け算の作品なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

あらすじ

伝説の殺し屋ファブル(岡田准一)は、ボスから、1年間、殺し屋を休業して、普通の生活するように指示される。

「佐藤アキラ」になり、相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹を演じながら、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての普通の人の生活を楽しむ?

偶然知り合った女性のミサキ(山本美月)の温かさを感じ、自分が変わっていくことに気付き始める。

そんな中、ミサキは、事件に巻き込まれ、誘拐される。

ファブルは、ボスとの約束を守り、彼女を無事に救出できるのか?

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

人は温かくされたら、共鳴する、コメディですが、当たり前と真っ向勝負する作品ですね!

人殺し屋が、命をかけて、親切にしてくれた人を救いに向かう。

ファブルがカッコ良すぎます。

ファブルは、何故救出に向かう?相棒のヨウコも彼を応援する。

ちょっと、うるっとしますね!

 

笑顔、温かい気持ちのふれあい、そして優しくされると人はイチコロかもしれません。

普通の生活の中では、当たり前の光景ですが、ファブルにとっては、未体験ゾーンだと思います。

子供の頃から、生きるためにあらゆる方法をチョイスしてきた彼は、理性のない獣かもしれません。

狼に育てられた、映画「もののけ姫」と重なりました。

 

もののけ姫 [DVD]

もののけ姫 [DVD]

posted with amazlet at 19.07.16
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-16)
売り上げランキング: 1,307

 

超、猫舌のファブルって、めちゃくちゃお茶目です。

ファブルは、笑顔が全くないけど、ジャッカル富岡を見ているときだけ笑う。

 

 

そんなファブルは、大阪の世話役の海老原(安田顕)に認められ、彼の大切なハコスカをもらう。

彼の魅力は何なのでしょうか?

ファブルは、人を引きつける聡明さ、人に何かを感じさせる雰囲気を持っています。

普通の人にはない魅力的な鋭い洞察力が、彼に関わる人たちに伝わり、相手の心に溶け込む、スーパーな才能があるのでしょう。

そんなファブルが、ステキな人として活躍して欲しい、それを望ませるのがこの映画の作戦かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・考察)

人は、どう育てられるかによって、正義の味方になったり、悪人になったりします。

恐ろしいことですが、指導者の考え方ひとつで、子供の将来を決めてしまうかもしれませんね。

指導する側の大人たちの行動で、とても大変なことを起こす事ができる、そんな危惧を伝えてくれた映画でした。

 

この作品のボスは、何を考え、何を実現したいのでしょうか?

ボスは、何故、ファブルを獣に育てたあと、普通の人にしようとするのか、謎がいっぱいです。

作品中では、いろいろと、謎があるのは、とても刺激があり興奮しますね。

また、彼の実力がどのレベルなのか、示されなかったので、ちょっと消化不足です。

この作品は、こんな謎めいた影の権力者が、何を考え、何を企てているか、それを想像させてくれ、ワクワクをいっぱい与えられ楽しめました。

 

 

 

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

新聞記者

情報をコントロールされたら、とても怖いことです。それを国がやっているサスペンス映画です。

真実を知った時、何を信じ、何を守る。

そして、人として、何をチョイスするべきか、考えさせられました。

ジャンルヒューマンドラマ、サスペンス
監督  :藤井道人
キャストシム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博 etc

 

 

 

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

人間の心の怯え、エゴが交差して、人間が人間でなくなる。

追い込まれた時、どうやったら、冷静な自分をキープできる?

そんな心理ゲーム作品で、藤原竜也がいつもの演技を楽しませてくれます。

ジャンルホラー
監督  :中田秀夫
キャスト藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力 etc

 

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめます(期間限定の場合があります)。

 

 

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です