アイアンマンを追いかける少年の成長ー映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(考察)」

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は、恩師(トニー・スターク/アイアンマン)を失ったピーターが、青春とヒーローとの責任の両立に苦しむ。

彼が真のヒーローに成長するに従って、得たものと失ったものとは?

キャストは、前作「スパイダーマン ホームカミング」のトム・ホランド、アベンジャーズシリーズでお馴染みのサミュエル・L・ジャクソン、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」のジョン・ファブローがつとめる。

監督は、前作から続投する、「COP CAR コップ・カー」で注目を浴びるたジョン・ワッツがメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間135分
ジャンルSF、アクション
監督  :ジョン・ワッツ
キャストトム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、コビー・スマルダース、ジョン・ファブロー etc
スポンサーリンク

あらすじ

夏休みにヨーロッパ旅行に出かけたピーター(トム・ホランド)の前に、元「S.H.I.E.L.D.」長官で、アベンジャーズに関わってきたニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れる。

炎や水など自然の力を操るクリーチャーが出現して、世界の危機に迫るなか、ニックは「別の世界」からやってきたという戦士のベック(ジェイク・ギレンホール)に引き合わせる。

そして、ピーターとベックは、新たな敵と戦うことに。しかし、それはとんでもないことの始まりだった。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

師を失って、どうすべきか悩んでいる。

「普通の少年の生活」OR「ヒーローの責任」?

ピーターは、自分の人生をどのようにチョイスするか、正直な気持ちに苦悩する。

普通の少年の等身大の気持ちに、とても共感できました。

彼は、友や愛する人を守るために、厳しい道のりを選び、大事なことが何か気付き始める。とても格好いい映画でした。

 

自分を男、りっぱな大人にしてくれ、信頼してくれた、恩師(トニー・スターク/アイアンマン)を一番大切な人だと再認識します。

トニー・スタークが何を守り、何を大切にしていたことを、自分がやってしまった失敗で気付きます。

どんなヒーローも、たくさんの経験で強くなる、心が熱くなりました。

 

ピーターは、少年として学生時代をエンジョイしています。

でも、ヒーローとしての責任を常に意識して、頑張ります。

何故、トニー・スタークがピーターを選んだか考えてみると、すべてを大切にして両立できることがキーワードだったからだと思います。

 

ピーターは全てを選択する、一番難しいことをチョイスして、それにチャレンジしていきます。

そんな、何にも妥協しない、自分と真面目に向き合う、それがピーターの凄さだと思います。

ヒーローって、人の気持ちがわかることが重要な力となります。

お互いが信じ合える仲間、愛する人を守る強い意志が、最強の力になるのでしょう。

トニー・スタークがピーターに教えたかったのは、彼自身の魅力だったと思います。

この映画は、少年が、自分に気付き、真のヒーローになり、強い自分になっていく微笑ましいけど、かっこいい成長ストーリーです。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・お気に入り)

ヒーローが、ヒーローであるため、何をすべきか?

スパイダーマンは、等身大の少年を通して、一人の人間としての成長することで、身近な悩みで教えてくれます。

ヒーロー物で、スパイダーマンが大人気なのは、ここに秘密あるのでしょう。

誰もが望んでいるのは、身近なヒーローですもんね!

 

 

 

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

スパイダーマン: スパイダーバース

大人達が、少年を成長させる?時に優しく、時に厳しく。

人生の規範をソフトに教えてくれる素敵な映画です。

ジャンルSF、アクション
監督  :ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
キャストシャメイク・ムーア、ジェイク・ジョンソン、ヘイリー・スタインフェルド etc

 

 

 

スパイダーマン ホームカミング

スパイダーマンが少年から大人(ヒーロー)になる。

空回り(経験)が、成長の第一歩だと教えてくれる作品です。

今でのスパイダーマンのリスペクトを、忘れていない、とてもいい作品です。

ジャンルSF、アクション
監督  :ジョン・ワッツ
キャストトム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファブロー、ロバート・ダウニー・Jr.、ゼンデイヤ etc

 

スパイダーマン:ホームカミング (字幕版)
(2017-10-20)
売り上げランキング: 1

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめます(期間限定の場合があります)。

 

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です