映画「アラジン(ウィル・スミス)」本当の自由を知る青年の物語!

映画「アラジン」は、ディズニーが贈る、本当の自由を知る青年に、自由を知らないプリンセスが、心惹かれる素敵な作品です。

本当の自由の大切さを教えてくれる、とてもHOTなストーリーで、感動間違いありません!

キャストは、魔法のランプの魔神ジーニーをウィル・スミス、アラジンは世界的なオーディションをくぐり抜けたメナ・マスード、リブート版「チャーリーズ・エンジェル(原題)」のナオミ・スコットがつとめる。

監督は、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチーがメガホンをとり、アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞で、作品を素敵にする。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間128分
ジャンルファンタジー、ラブストーリー
監督  :ガイ・リッチー
キャストウィル・スミス、メナ・マスード、ナオミ・スコット、マーワン・ケンザリ、ナビド・ネガーバン etc
スポンサーリンク

あらすじ

本当の自由を知りながら生きるために盗みをする青年・アラジン(メナ・マスード)、自由に憧れるプリンセス・ジャスミン(ナオミ・スコット)が運命的な出会いをする。

邪悪な大臣ジャファーの言葉に操られ、アラジンは魔法のランプを取りに行くが。

魔法のランプの魔神ジーニー(ウィル・スミス)は、アラジンに魅力を感じ、お互いの友情に気づき始めます。

そこに野望を持つ大臣ジャファーが、自分の欲望を爆発させます。

彼らのの運命は!

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

この作品で、本当の自由の大切さを教えてもらいました。

自由を追い求める青年、自由がないけど恵まれているプリンセスが、何が幸せか、理解していきます。

本当に素晴らしい生き方のバイブルになる映画でした。

 

「格差愛」、そんなもの全く関係ない、当たり前です。

本当の気持ちが一番大事です。

また、自分にはないものが、凄い魅力になり、心惹かれます。

今まで自分になかったもの、見えないもの、見たことがないものを見ると、本当の自分に気付きます。

アラジンの家に行き、今まで見たことのない景色をみて、自分が盲目だと気付きます。

そして、自分にないものを持っているアラジンに心ときめく。

プリンセス・ジャスミンは、それらが交差して、自分自身を一歩成長させます。

 

「正直になる勇気」、それは、本当の自由へのキーワードだったんですね!

地位、名誉、お金、それらに振り回され本当の自分に気付けなかったのですね。

アラジンは、生きていくために、盗みをします。

彼は、生きていくと、正しい自分を貫くを分けて頑張っていたのですね。

未来の為に、素敵な青年でいるって、とても心に響きました。

映画「アラジン」は、自分の生き方を見直す機会を与えてくれる最高の作品です。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・お気に入り)

魔神ジーニーとアラジンの友情、いっぱい泣けました。

掟を破って、アラジンを救う。

大切な3つの願いを、友人の為に使う。

お互いが結ばれている友情、素敵すぎます。

「相手を大切にする」、だいじなキーワードを教えられました。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

アリータ

人間の定義が変わるって、考えたことがありますか?

アンドロイドと人間がお互いを認め合い、大切な人になっていくストーリー、とても心に響きます。

「格差愛」を超えた愛を教えてくれる素敵な作品でした。

ジャンルSF、アクション
監督  :ロバート・ロドリゲス
キャストローサ・サラザール、クリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー etc

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「アリータ(原作:銃夢(ガンム))」大きな目の奥の秘密?

バンブルビー

「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフ作品で、人気キャラクターのバンブルビーと、父を失い心に隙間がある少女との出会いと交流の作品。

既成概念なしに、心と心が触れ合う、大人になればなるほど難しいですね。

でも、子供たちは何でも出来てしまいます。

そんな、素敵で、羨ましい作品でした。

ジャンルSF、アクション、アドベンチャー
監督  :トラビス・ナイト
キャストヘイリー・スタインフェルド、ジョン・シナ、ホルヘ・レンデボルグ・Jr. etc

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「バンブルビー(あらすじ・感想)」車がカマロでない訳とは?

Amazonプライム会員ですと、無料で色々な作品が楽しめます(期間限定の場合があります)。

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です