トラックボールがマウスよりおすすめ?指先で肩こり解決レビュー!

トラックボールのパッケージ

トラックボールがマウスよりおすすめなポイントを知っていますか?

マウスは、肩を動かしたり、マウスを動かすスペースが必要です。

特に、肩を動かすのは、結構、肩の負担になりますが、トラックボールは、指の操作だけです。

パソコン時代になり、タイピングやマウスの操作で、辛い肩こりに悩む人は多いと思います。

私もその一人です。

月に2回程度、マッサージに行って、肩を癒してやります。

この辛さを、改善が出来ないかと思い、色々とアイデアを探していました。

Amazonで、マウスを探している時、たまたま、トラックボールもチョイスになることがわかりました。

詳しくレビューを読んでみると、色々な意見が書いてあり、特に目をひいたのは、一度、使うと、手放せなくなるという文言でした。

その理由は、「筋緊張を20%軽減」できるそうです。興味がわきますよね!

マウスをトラックボールに変えるだけで、使う筋肉が減らせ、肩こりを改善出来る可能性があるので、めちゃめちゃワクワクさせられました。

早速購入して、試してみることに!

ロジクールのトラックボールをチョイスしました。

主な仕様Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO

・Windows,Mac対応

・筋緊張20%軽減

・8ボタン

・高速充電式

・2年間無償保証

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO

保証も長い(2年)ですし、ワイヤレスなので設置もスムーズです。

私は、MacBookAirをデスクトップのように、22型のモニターに繋いで利用しているので、キーボードもワイヤレス(ロジクール)です。

いつの間にか、ロジクールのファンになっていたのかもしれません。

実際使ってみると、トラックボールに手をのせて、指先だけで操作ができるので、肩の動きは必要ありません。

どれくらい効果があったかは、測定できませんが、余分な操作がなくなったことで、肩の負担が減りました。

肩こりって、辛いですから、このような機器で、肩を動かすことを減らせれてラッキーでした。

スポンサーリンク

指先で肩の負担を減らして、生活をエンジョイしよう!

最初は、家用に1つ買い、試してみました。

指を同時に2本を動かして使うので、意外と操作が難しいですが、直ぐに慣れました。

肩を動かす必要ないと快適で、なにかストレスが減って心地が良かったので、会社用にもう一台買いました。

Amazonレビューで、何台も買い続けている方がいましたが、納得出来ます。

実際、使って、肩こりが100%改善したわけではありませんが、肩の調子が良くなりました。

使い始める前は、月に1回か2回のペースで、マッサージに行っていました。

使用しはじめて、2ヶ月ぐらいで、月に1回も行かなくなりました。

ちょっと、ハッピーですね!

確かに、親指でボールを動かすだけなので、肩を使うことがなくなりました。

マウスだと、腕を前後左右に動かす必要がありますが、トラックボールでは、指先だけです。

最初は、何か変に緊張して、変な感じがありましたが、ボールのスムーズな動きが気持ちいいですね!

でも、操作がすごくシビアなので、マウスみたいに最速に設定すると辛いので、少しスピードを落としています。

使う筋肉を減らすと、肩こりなどが改善できて、体が楽になる!

トラックボールの持ち方

スポンサーリンク

ワイヤレスが、かっこいいと思いませんか?

Bluetoothの接続は、快適ですね!

おまけに、ケーブルが無いって、シンプルでかっこいいです。

また、Bluetoothですと、他のPCにも簡単に接続ができ、ボタン1つでPCを変更が出来ます。

あと、1つのトラックボールを複数のPCで、使う人は便利ですね。

それと、Macを使っているので、やっぱり、かっこよく使いたいですよね!

余分な機器を付けたりしたくないので、Bluetooth接続は重要です。

私は、MacBookAirをメインのPCとしているので、大きいモニターにつないでいます。

その為、Bluetoothのキーボードを利用しています。

昔は、家用のPCは、デスクトップでしたが、最近のノートは、十分、高機能になったので助かります。

時代の進歩についていくことは、大変ですが、便利機能や人に優しい工夫をどんどん取り入れたいでね!

2029年には、汎用型のAIが完成すると言われているので、PCの概念も劇的に進化して、もっともっと、面白いことが出来るでしょうね。

未来に備えて、便利なグッツを見つけて、新しいにフォーカスしよう!

トラックボールとキーボード

スポンサーリンク

NOペースって、快適すぎます!

マウスと違い、置きっぱなしなので、動かすスペースが必要ありません。

これって、重要ですよね。

このトラックボールのツボは、動かさなくていいことです。

その為、体の筋肉の使用部位が減って、肩こりが軽減出来る。

視点と言うか、アイデアと言うか、色々な工夫が盛り込まれています。

発想自信は、新しものでは無いのですが、マウスの概念が強すぎて、トラックボールへ意識がいかなかったかもしれませんね!

最近は、Amazonレビューにも、高評価がたくさんあります。

どのメーカーを選ぶか、迷うと思うので、参考にするといいかもしれません。

また、業種によって、好かれるガジェットなのかもしれませんね。

お安いモデルもあるので、一度試してみるといいと思います。

トラックボール

スポンサーリンク

まとめ

たくさんのメリットを理解して、PCライフを改善するといい事だらけです。

POINT

Logicool ロジクール MXTB1s ERGO

・肩を使わない指先の操作

・小スペース

・ワイヤレス

・複数台のPCに使える

私は、家と会社の両方で、トラックボールを利用しています。

会社用(ロジクール M570t 最安時3,800円ぐらい)

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

家用(ロジクール MXTB1s ERGO 最安時9,500円ぐらい)

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO

はっきりいって、値段の差は、体感できます。

リッチ思考の方は、上のクラスをお勧めです。

触った感じから、ちょっと嬉しい感覚が得られます。

置いたまま操作をするので、ある程度重たいほう(MXTB1s ERGO 充電電池タイプ)がいいと思います。

結構、重量があり、安心して、トラックボールをコントロール出来ます。

弱点ですが、センサーが、かなりシビアなので、ちょっと汚れると掃除が必要になります。

昔のボールマウスをイメージしてもらったらいいと思います。

そのマウスと、同じように数ヶ月に一度ぐらいは掃除が必要です。

現在、いろいろな製品が世の中にあります。

今まで使っているもの、みんなが使っているものに満足しないで、新しいものにチャレンジすると、驚きと、少しの幸せに出会えると思います。

面倒くさいから脱出して、物怖じせず、色々な情報をゲットして、とりあえず使ってみましょう!

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です