ジンバル(FeiyuTech Vimble C)でスマホが手放せなくなる?魅力とおすすめとは!

夜景の撮影

先日、Feiyuから発売中のVimble Cという製品を購入してしまいました。

購入動機はスマホ買い替えがキッカケです。

写真や動画がキレイに撮影が出来るようになり大変満足しています。

でも、素敵な写真を撮影するのは結構、難しいですね!

画素数やカメラ性能には問題ないんですが、手ブレを改善するのは、大変です。

三脚等で固定した状態で写真や動画撮影するなら問題ないですが、歩きながら動画撮影をしようとすると、ガクガクと揺れたりします。

撮影した動画を再生してみると、カメラ酔いしそうになるほど、ひどいものです。

手ブレのないスムーズな動画撮影出来るものはないか、調べてみると、3軸電動ジンバルという商品が、改善してくれることがわかりました。

スマホをコレに装着すると、全然手ブレしないキレイな動画撮影出来ます。

選ぶのが難しいほど、たくさんの種類があります。

そんな時に出会ったのが、今回購入したVimble Cです。

軽くて、使い勝手がいいだけじゃない!

しかも、1万2~3千円前後とお求めやすい価格帯ですし、デザインが良く、格好良い製品です。

身近に感じれる3軸電動ジンバルが凄い!

他の3軸電動ジンバルは、基本的に本物嗜好で、すごくマニアックです。

正直、周囲の他の人の目が気になってしまうぐらいです。

その点Vimble Cは可愛い感じのデザインですし、スマホアクセサリーの延長線上ってぐらいの存在感なので、安心です。

また、ラッキーなタイミングで、欲しくなりました。

スマホに楽天ポイントスクリーンというアプリを入れています。

これを使うと、今日使えるクーポンや夜限定クーポンといったものが簡単にわかります。

しかもクーポンチェックをすると、楽天ポイントも貯まるという優れ物です(1日平均5ポイントぐらい貯まります)。

幸運にも、Vimble Cのクーポンがあり1万円程度でGet出来ました。

とてもお買い得な買い物ができて、めちゃくちゃラッキーでした!

さて、実際のVimble Cを使用してみた感想ですが、動画撮影がものすごくキレイに撮れてます。

特に凄いのが、冬シーズン恒例イベントのイルミネーション撮影です。

ライトアップや夜景等の撮影って、ちょっとした手ブレでも光がボヤけてしまい、キレイな写真や動画の撮影は、なかなか難しいものです。

オフィスの夜景

撮影時にスマホをタップした衝撃ですら、手ブレの原因になってしまいます。

それこそ三脚を用意するか、スマホタップ時の衝撃を無くす為にシャッターリモコンを用意する等しなければ、ちゃんとした撮影が出来ません。

動画の撮影も工夫だけでは、改善ができません。

Vimble cにスマホを装着すると、全然手ブレを改善してくれるスグレモノです!

私はYoutuberではありませんが、キレイなものを撮影して、後で、家族や友達に見せたりし、みんなと共感したり、話のネタにしたいです。

それを簡単に実現出来るアイテムが、ジンバルです。

あまり聞いたことのない人が多いと思いますが、このカテゴリーでは、メジャーな製品です。

調べてみるとわかると思いますが、結構、チョイスがあり、迷うと思います。

付属品なども大事なキーワードですが、大きさや重さを重視する人には、ピッタリで、超おすすめです。

まとめ

Vimble Cを購入してからは、夜景やイルミネーションイベントが気になり始めました。

はじめて、カメラとのコミュニケーションを教えてもらいました。

夜の撮影って、できないと思っていましたが、その既成概念がなくなります。

また、子供の運動会などで、残念な映像しか残せなかったのが悔しいです。

基本的に、ハシゴの上に乗って、手ぶれ補正付きのビデオカメラを使用していましたが、それとは比較になりません。

Youtubeなどで、自分を撮影している場面がありますが、ジンバルを使用していたのですね。

知識がなかったとはいえ、不勉強でした。

これからは、正しく知識を得たり、最新の機器をどんどん利用しようと思います。

難しいを簡単にしてくれるだけでなく、楽しく自分の作品を作れる相棒です。

この製品は、持ち運びも、軽いので心配いりません。

スマホカメラを多用する方には、なくてはならない、お勧めの製品です!

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3
DJI (2019-08-13)
売り上げランキング: 855

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です