スマホの活用術を理解しよう!動画と情報収集と読書が得意技です?

スマートフォンを活用して自己成長

最近、誰でも、スマホを持っていると思います。

でも、ただの時間泥棒になっていませんか?

スマホとの付き合い方を見直すと、最強の自己成長ツールになります。

通勤時間等を利用して、セミナー動画をみたり、ニュース記事を確認できます。

電子書籍を利用して、読書の時間に変えることが、簡単にできてしまいます。

何気なく使っているスマホがあるだけで、通勤電車の中が、書斎に変わってしまします。

私は、通勤時間、乗る電車によって、何に使うかを決めています。

そうすると、制限時間を設けることになるので、普通以上に集中できてしまいます。

スマホの使い方を見直し、生活の質を上げていきましょう!

スポンサーリンク

セミナー動画

外部セミナーなどに行くと、時間を拘束されるので、なかなか参加が出来ません。

セミナー動画を利用すると、場所も時間も拘束されないので、自分の都合で見ることが出来ます。

また、何度も復習できたり、他の人に遠慮する必要もありません。

最近は、Web上の塾(オンラインサロン)があり、そこに入ると、月に何本かの動画が配られます。

そのサービスを利用すると、スマホでセミナーに参加出来たり、リアルセミナーも用意され、塾生同士でコミュニケーションもできます。

モチベーションを維持するために、何かのWebの塾に入会すると、新しい楽しさを見つけることが出来ます。

私は、Webの塾からの、リアルなコミュニケーションを楽しんでいます。

やっぱり、リアルがモチベーションを高揚させてくれます。

トライしてみるといいですね!

スポンサーリンク

情報収集にスマホアプリのグノシーは、お手軽です!

長い間、日経新聞をとっていましたが、止めてしまったので、どのように情報を入手するか悩んでいました。

最近、スマホアプリの「グノシー」で、自分の興味があることを見るようにしています。

今まで見た、記事を参考におすすめ記事を表示してくれるスグレモノです。

自分の必要な情報を探す手間が省けて、とても役に立ちます。

本当は、以前のように紙ベースが好きなのですが、人混みの多い電車の中などでは、他の人に迷惑をかけないのでお薦めです。

また、いろいろなカテゴリーがあるので、人と話す為の話題作りにも貢献してくれます。

何か、必要な情報を集めるために、スマホアプリを利用すると、場所と時間を選ばなくていいのが便利です。

目的を明確にして、時間を有効活用できる、スマホ時間に心がけましょう!

スポンサーリンク

スマホ読書にトライしてみよう!

電子書籍が本と違う活用方法が、あることを知っていますか?

紙ベースの文字がデータ化できるのは、すごく時間を節約出来ます。

読んだ本の内容を、もう一度確認する場合、検索するだけです。

気になる内容に、ラインが引けたり、文字データをコピーできて、自分のノートを作ることが出来ます。

今までは、あとで読み返したい部分には、付箋を張ったり、書き写さなければなりませんでした。

そんな作業から、開放されます。

まだ、全ての本が、電子書籍になっていないので、使い分けが必要です。

また、オーディオブックのサービスもあり、聞くだけで読書が出来ます。

私は、車通勤をしていたので、Audibleと言うサービスを利用していました。

車を運転しながら、読書が楽しめるって、すごく楽しかったです。

文字を読むのがあまりなれていない人は、こちらから始めるとうまくいくと思います。

時間の使い方を最新の機器で、改善すれば、自分の必要な知識や情報を簡単に吸収出来ます。

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

スポンサーリンク

まとめ

スマホと言う万能ツールを利用すれば、色々なことが出来ます。

POINT・動画セミナー視聴
・情報収集
・デジタル読書

自分のニーズにあった、使い方を見つけてみましょう!

機能が多すぎて、何ができるかわからないかもしれません。

興味のあることからやるだけで、自分のスキルアップが出来てしまいます!

インプットしたことを、SNSでアウトプットするのも、いいと思います。

いいねが付けば、励みになったり、ワクワクします。

自分モードだけでなく、人とのつながりも出来るかもしれませんね。

何気なく、触っているだけでは、自分をバージョンアップ出来ないので、具体的な目的を設定して、利用すれば、時間泥棒にならない、スマホ使いのスペシャリストになれます。

人生をハッピーにするのは、自分の行動で決まります。

目的を再定義して、あらゆるツールを利用していきましょう!

タブレットで読書

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です