映画「アリータ(原作:銃夢(ガンム))」大きな目の奥の秘密?

映画「アリータ:バトル・エンジェル」は、木城ゆきのSF漫画「銃夢(ガンム)」(ビジネスジャンプ)を、ジェームス・キャメロンの脚本・制作で、ハリウッド実写映画で制作。

監督は、監督は「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス。

主人公のアリータは、ローサ・サラザール、オスカー俳優であるクリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリが共演。

サイバー医師のイド博士は、スクラップの山から、300年前に作られたサイボーグの少女の頭を発見して、修理する。

そのあどけない少女が、記憶を取り戻していきます。

そして、本当の自分を思い出し、自分の生き方、使命にトライしていきます。

スポンサーリンク

作品情報

製作年    :2019年
上映時間   :122分
ジャンル   :アクション、SF
監督     :ロバート・ロドリゲス
キャスト   :ローサ・サラザール、クリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー etc

スポンサーリンク

あらすじ

300年前に作られた、女の子のサイボーグが、イド博士の力によって、再び、命を与えられます。

彼女は、自分がなんのために作られたサイボーグなのか、記憶を失っていました。

でも、イド博士、ヒューゴとその友達たちとふれあい、少しずつ人の心を感じて成長していきます。

そして、人を守ることで、自分の記憶の断片を、思い出されていきました。

自分は何をすべき、愛すべき、自我を受け入れて、自分のスキルを何に使うべきか理解して、立ち上ります。

そして、自分たちを襲う驚異と戦うことになります。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想)

かわいい女の子のサイボーグが、人の心の暖かさにふれて、本当の親子、本当の恋人に変わっていく。

とても、心に響きました。

AI時代が接近していますが、サイボーグと人が同じ土俵にのることが出来るのでしょうか?

人生100年時代と言われていますが、あと、20〜30年で、見ることが出来たら嬉しいですね!

イド博士は、自分の子供に与えたかったサイボーグの体を、アリータに与えます。

どのような気持ちだったのでしょうか?

失った娘のことを思い出すのは、とても辛いことです。

普通の女の子でいて欲しかったと思います。

その彼女が、昔の戦闘サイボーグだった。それでも彼女を、娘として蘇らせる。父親として、とても共感しました。

アリータは、フルーツの美味しさ、チョコレートの甘さを純粋に楽しむ子供です。

優しいヒューゴと2人で、楽しいことを経験することで、自分の気持が自分自身のものだと気づき始める。

とても、微笑ましいシーンですね!

自分の子供たちにも、このような経験をたくさんして欲しいものです。

この作品は、2000年位から、制作を計画されていたみたいです。

でも、ジェームズ・キャメロンが、他(アバターなど)の作品を優先させたため、この時期になったそうです。

たまたまなのかはわかりませんが、最近は、サイボーグが人に近づいていく映画が多いでね。

近い未来、サイボーグと人との垣根がなくなり、共存していく時代が来るかもしれません。

恋人や自分の子供を失った時、サイボーグでそれを補うことが出来るときが来るかもしれません。

きっと、それは、人間のエゴかもしれませんね。

そうならないために、限りあることの尊さを大切にしたいです。

この作品は、本当の親子、恋人へと変わっていく心がとても、素敵でした。

見た目や、サイボーグであること関係なく、心と心がふれあい、純粋な気持ちが人を変えていくって、いいですね。

将来、人間とサイボーグが共存する時代になったら、自分もそうなりたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

人間の定義が変わるって、考えたことがありますか?

科学や技術が進化して、生の定義までが変化するのはおかしなことかもしれません。

でも、人工的に与えられた命も、命に違いありません。

クローン技術がどうのこうのと、いっている場合ではないと思おいます。

人と作られた命の心同士が通い合うのも、その人の気持ち次第です。

常に、何もかもを受け入れられる力を持てるように、自分たちの心を育てていきたいですね!

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

ブレードランナー

「ブレードランナー」は、人間とサイボーグが同一になることがテーマです。

ただのアクション・SFだけで楽しむのは、もったいないですよ!

監督  :ドゥニ・ビルヌーブ
キャスト:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマスetc

ブレードランナー 2049

ウエストワールド

「ウエストワールド」って、深いですよね。

Amazonプライムですと、無料で見ることが出来ます。

人間のエゴ、欲求の究極がテーマ?

難しい作品ですが、1シーズンで「ロード・オブ・ザ・リング」の制作費をかけた、すごい作品です。

監督  :ポール・キャメロン
キャスト:アンソニー・ホプキンス, エド・ハリス, ジェームズ・マースデンetc

ウエストワールド

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です