フィードバックって何の効果が?なぜをキーワードにすると自己成長!

フィードバック

何かをやった時、うまく行ったり、うまく行かないことがあります。

その後の行動が、自分にどのような影響を与えるか、あまり考えないで過ごしていませんか?

例えば、読書をして、それで終わりにする。

とても、残念な行動です。

乱暴な言い方かもしれませんが、忘れるのをただ待っているだけかもしれません。

読んだという、自己満足かもしれません。

モッタイナイと思いませんか。

そんな、モッタイナイを解決する為に、何を理解できてないか、自分の頭で考えてみたり、次に活かすための行動するととてもいいです。

私は、セミナー動画をよく見ますが、直ぐに忘れてしまいます。

でも、twitterなどでつぶやくと、意外と記憶に残ります。

また、見返したりできるので、とても便利です。

自己満足を止めて、なんでも自分のDNAできると、脳ミソが筋肉質へ変革し、見えてくるものが変わると思います。

そして、今以上にエンジョイできる自分を再発見できるでしょう。

無知の知を知ろう!

自分がなにも知らないことを受け入れると、色々な事柄への、理解力、吸収力、記憶力、集中力がアップします。

セミナーの講師の説明の一部に、知っていることがあると、自分が盲目になっていることに気づきませんか?

人の意識って不思議ですね。

吸収するための、コンディション作りが自己成長の最強な行動となります。

また、常に中立な考え方ができることも大事だと思います。

そうでないと、頭の中でフィルターを通してしまい、相手の実力を勝手に判断したり、話を湾曲して理解してしまいます。

自分の実力が、どれくらいあって、何が不足しているかを把握することは大切です。

常に中立な心で、何事にも接して、何事も自分のDNAに入れれる度胸が欲しいものです。

調べる前に、考えてみよう!

わからないことがあれば、とりあえず自分の実力で考えてみることは大切です。

自分の知識や経験で、予測したりすると、記憶にも残りやすくなります。

事前に考えたことは、調べたことと、リンクして、理解が深まります。

ただ、事柄を文字だけで、理解しようとすると、記憶へステップがおろそかになります。

脳は、2週間で、3回、話したり、書いたりして、何かの行動を行うと大切な情報と理解して記憶に留まります。

うまくやれば、そのステップを1回、ショートカットできるかもしれません。

考えることは、大変な労働と思う人がいるかも知れません。

でも、「なぜ」をキーワードに、子供頃のように、振る舞ってみませんか。

人はみんな、幼い時は、「なぜ」が大好きだったと思います。

ただ、小さい時を思い出すだけで、解決できるかもしれませんね!

次の一手を習慣化にしよう!

成功して嬉しいこと、失敗して悔しいこと、日々の生活でたくさんあります。

それは、全て自分の活躍の通過点です。

今に、とどまっているのは、時間の無駄だと思いませんか?

「ボヘミアン・ラプソディー」で、フレディー・マーキュリーは、「同じことをすることは、時間の無駄」と言うシーンがありました。

成功したことをブラッシュアップさせて、異次元の自分にトライすれば、見えてるものが変わると思います。

考えるだけで、ワクワクします。

うまく出来なかったことを、できるようになれば、自分がもっと好きになるかもしれません。

どんなことも、自分の足跡のプロセスに過ぎないと思います。

自分の行動に、次の一手のプロセスを追加して、それを習慣化してしまえば、なんでもできるようになるかもしれませんね!

まとめ

日頃何気なくしている行動を、少し見直すと、自分の進化が加速します!

POINT・自分の実力を知り、中立になる

・「なぜ」を味方にする

・次の一手のプロセスを習慣化

何かを変えて、もっと満足する自分作りをしてみませんか。

新しい事を、一歩踏み出すことは勇気も体力もいります。

今やっていること、やったことの先に、少しだけ何かを加えるだけで、全てがうまくいくことができます。

延長線上の事をイメージして、チャレンジすると、楽しいものです。

自己成長

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です