コーヒーがおすすめ!美味しいだけでない最強栄養ドリンクな理由!

コーヒー豆

コーヒーがおすすめです。

大好きな人は、多いと思いますが、そんな人に嬉しい情報があります。

それは、健康にいいだけでなく、病気予防、集中力UP、運動神経向上、癒やし効果、ダイエット効果になることです。

研究が進み、色々なことがわかってきました。

科学は、昔を否定したり、新しいもの生み出したりします。

信じていたことが、今までと、違っていた?

面白いようで、恐ろしいことですね!

コーヒーもその一つかもしれません。

昔は、飲みすぎてはいけないとか、夜に飲むと良くないとかです。

でも、どうやら、そうでないことがあります。

スポンサーリンク

コーヒーとうまく付きあって、健康をゲット?

毎日、コーヒーを飲む人と、飲まない人を比べると、飲む人の方が、16%以上も死亡の確率が、低くいそうです。

特に驚いたのは、コーヒーを飲む人は、自殺する確率が低いことです。

もしかしたら、コーヒーをたくさん飲むと、幸せになれる確率が、上がるのかもしれませんね!

一部のがんのリスクを低減できるそうです。

特に「肝細胞がん」の50%以上のリスク回避効果があるそうです。

一日に飲む量が1杯増えるごとに、20%以上の低下が期待できるので、たくさん飲みたいですね。

コーヒーががんに効くなんて、聞いたことがありませんでした。

どちらかと言うと、アルコールに近いカテゴリーだと思っていました。

それだけでなく、3〜5杯のコーヒーで、「アルツハイマー病」のリスクが65%以上のリスクがなくなるそうです。

幸福物質のドーパミンの分泌を即す効果があるからかもしれませんね!

女性の方が、効果が大のようですが。

また、コーヒーには、ポリフェノールが含まれていることを知っていますか?

ポリフェノールが豊富に含まれる赤ワインが有名ですが、コーヒーは、二番目です。

抗酸化作用が強いので、生活習慣病の予防になったり、紫外線のによる、肌のダメージを防ぐ力もあります。

どんどん飲んで、より良き、健康な体になりましょう!

スポンサーリンク

集中力と記憶力をバージョンアップ!

健康維持だけでなく、「集中力」があがったり、「短期記憶」アップさせて、テストの得点改善にも効果があります。

また、運動能力にも影響を与えるので、プロ野球の選手の中には、試合前にたくさんのコーヒーを飲む人がいるぐらいです。

カフェインって、15%以上のストレスが軽減できるそうです。

リラックス効果に影響しているのでしょうね。

私なんかは、仕事の合間にコーヒーを飲み、集中力を維持させたり、ストレスを軽減出来ています。

その他に、コーヒーは、女性のみかたで、そのカフェインが美容効果に最強です。

体の緩みを気にしている人は、運動の30分前ぐらいに、ナッツと合わせて飲むと、脂肪燃焼を効率的にできちゃいます。

また、利尿作用を即すので、体の老廃物を減らす事ができ、健全な体をキープできます。

生活習慣にコーヒーを仲間入りさせて、素敵な生活に変えてみませんか?

コーヒーとノートとペン

スポンサーリンク

午後2時以降にコーヒーを飲むな?

午後2時以降にコーヒーを飲むと、眠りに影響があることが、わかっています。

知っていましたか?

いいことばかりのコーヒーですが、睡眠に悪影響がある場合があります。

眠る前には、コーヒーを控えて、睡眠の質をあげると、体が十分に休養が取れて、翌日のパフォーマンスがあがります。

付き合い方を、正しく理解して、明日以降の生産性をあげるための工夫をしていきましょう。

忙し毎日をうまく乗り切るには、体の状態をベストに持っていくことが最短コースです。

生活習慣を見直して、最速で自己成長したいですね!

スポンサーリンク

まとめ

ちょっとした、コーヒーを飲む習慣化で、健康が維持できたり、能力がアップします。

やるしかないですね!

コーヒー効果・ポリフェノールが病気予防

・幸福物質の分泌に最適

・集中力と記憶力UP

・ナッツと合わせて飲むと脂肪燃焼改善

・利尿作用でデトックス

出来たてのおいしいコーヒーは、近所のコンビニで、待ち時間なしで、買うことが出来ます。

昔と比べると、ほんとに身近になりました。

せっかくですので、明日から、コーヒーでホッとしてみるのもいいかもしれませんね!

でも、空腹時や、朝一番、寝る前に飲んだりしないようにしましょう。

起きてから、1時間程は、空けたいものですね。

また、冷たいものより、温かい方がおすすめです。

早速、明日からチャレンジして、最強の栄養ドリンクを体験してみましょう!

コーヒーが冷めないうちに

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です