電動歯ブラシのメリットを知ろう!効果だけでない活用方法!

電動歯ブラシのパッケージ

電動歯ブラシと出会いは、はじめて、歯を失ったのがキッカケです。

会社の仲間と一緒にボーリングに行った時です。

久々だったこともあって、すごく緊張したので、強く噛み締めてしまいました。

その帰り道、電車の中で、口の中に何かを発見しました?

それを、口の中から出してみると、虫歯の時に被せた銀歯でした。

とても驚きました。

翌日、歯医者に行きました。

強く噛み締めたので、歯が折れてしまったみたいです。

そして、生まれて初めて、歯を完全に1本、失ってしまいました。

入れ歯デビュウーです(笑)!

はじめて、歯をダメにしたことは、とてもショックでした。

それ以降、毎日、歯医者さんの指導通りに、歯磨きをするようになりました。

でも、普通の歯ブラシでは、綺麗に磨けるようになれなかったですが、電動歯ブラシで、解決することが出来ました。

失って気づいても、元には戻らないので、常にリスクを考えながら、工夫をしましょう!

スポンサーリンク

大人になっても、歯の磨き方を勉強しましょう!

医師からは、GUMデンタルブラシを使うように、指導を受けました。

POINT・毛先の細いGUMデンタルブラシを使用する

・歯を1本5回磨く(表と裏)

・歯と歯の間に毛先を通して5回前後に動かす

・歯周ポケットに毛先を入れて5回磨く

これは、毛先が細く、歯周ポケットにも、毛先が入る製品です。

歯周ポケットに毛先を入れて、ブラッシングをする習慣がなかったので、最初の内は、出血がありましたが、直ぐに慣れました。

医師から、このブラッシングをすると、歯茎が多少、下がりますが引き締まり、良い歯茎になると言われました。

また、歯周ポケットに歯石が溜まりにくくなるので、歯茎の歯石取りの回数も減らせるそうです。

最初は、週に1回、歯医者さんのところへ行き、磨きの具合を点検してもらいました。

でも、いつも不十分で、怒られました。

会社から帰って、毛先を歯周ポケットに入れて、1本の歯を5回ずつ磨いたり、歯と歯の間に、ブラシを入れてたりすると、30分ほどかかりました。

なかなか、改善が進まなくて、挫折しそうになったので、なにかいい方法がないかインターネットで調べてみると、電動歯ブラシというチョイスを見つけました。

早速、購入して使い始めると、すごく楽だけでなく、ピカピカ・ツルツルになりました。

歯医者さんに、OKをもらい、週に1回が、月に1回、現在は3ヶ月に1回です。

こんなに、歯磨きが楽になるとは、思いませんでした。

電動歯ブラシを使った解決で、大切な歯を失わなくてよくなり、気持ちがいいが増えました。

ブラウン電動歯ブラシのパッケージ

スポンサーリンク

ツルツル、ピカピカを知って、歯磨きを楽しくしよう!

電動歯ブラシを使用したあと、舌で、歯の表面を触ってみると、いつもツルツルで、気持ちがいいです。

普通の歯ブラシだと、なかなかツルツルになりません。

電動歯ブラシだと、1本5秒です。

1台目の電動歯ブラシは、パナソニックの音波振動のドルツを使用していました。

こちらは、普通の歯磨きをする感じで使い、普通のブラッシングにもの凄いスピードの音波振動を加えるものです。

最初は、こちらが、違和感がなくていいかもしれません。

数年使用している内に、充電池がダメになり、新しい機器を買うことになりました。

また、新しいもの選ぶのに色々と調べてみると、ブラウンのOral-bが、歯石除去力に優れている事がわかってきました。

そして、早速、購入しました。

こちらのタイプは、磨くと言うより、歯に当てて、回転するブラシできれいにする感じです。

その為、従来の磨き方と違うので、いろいろな意見があるようです。

私にとっては、前の機種に比べると断然ツルツル、ピカピカになると思います。

でも、歯医者さんに注意をされました。

歯周ポケットに、力はいりすぎると、だんだんと歯茎が下がってくる可能性があるそうです。

今回、買い替えた機種ですが、歯への圧力を測定しているみたいで、強い時は警告がでます。

安心と安全を備えた機器に進化しているみたいですね。

今は、歯の点検で、磨けてない箇所がほとんどなくなり、とても嬉しいです。

歯は、一生使うものなので、ささやかな工夫で大事にしたいですね!

スポンサーリンク

スマホアプリで、歯のいい状態と時間の有効活用がGetできる?

以前使っていたブラウンのOral-bですが、ちょっと、ちっちゃな液晶付の時計みたいなものが付いていて、歯の磨く場所をナビゲーションしてくれます。

今回、買ったOral-bですが、スマホアプリと連携して、磨き方などをアドバイスしてくれます。

主な仕様ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ 高性能モデル スマート4000

・ブラシ圧強すぎ防止センサー搭載

・12時間の充電で約12日間使える(4分/日)

・磨き方が3モード(ホワイトニング、やわらかクリーン、クリーン)搭載

・付属品(やわらか極細毛ブラシ、マルチアクションブラシ、トラベルケース、スマホ立て、充電器、収納ホルダー)

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ スマート4000 D6015253P

まさか、電動歯ブラシに、スマホ立てが付属しているなんて、思いませんでした。

磨く場所をアナウンスしてくれるだけでなく、磨いてる間、ニュースが表示されたり、歯磨きのヒントを教えてくれます

歯を磨いている間を、大事な情報収集の時間に変えてくれます。

30日間の歯磨きの結果を記録でき、今後の改善につなげれて、いい感じです。

記録オタクの私には、ピッタリです。

スマホが、いろいろな管理に役立つことを知って、生活の改善に使っていきましょう!

回転型の電動歯ブラシは、毛先がコンパクトなので、小さい口の日本人にピッタリ!

私は、あまり顎が大きくなく、親知らずが4本あります。

1本は、別の歯に接触するぐらい大きくなったので、抜きました。

いろいろと聞いてみると、日本人は顎が小さいので、口の中も狭く、従来の歯ブラシだとしっかりと磨くことが出来ないみたいです。

本当は、子供の頃、矯正とかで歯並びを正しくすることがベストです。

しかし、よっぽどひどくない限り、保険対象外なので高額な医療となってしまいます。

日本人の場合、8割以上が矯正が必要といわれるみたいです。

その為、簡単にきれいに出来る電動歯ブラシが必要です。

ブラウンのOral-bは、ブラシ自身がコンパクトで、奥にも届きます。

サイズがちょうどよく、口の中での操作性が快適で、気に入ってます。

前回のモデルは、本体(持つところ)が大きく重かったのですが、最新の機種は、スリムになり、パナソニックのドルツのスリムさに近づいていて、快適ですね。

自分の状態や、使いやすさを正しく理解して、歯の状態を意識していきましょう!

ブラウン電動歯ブラシとスマートフォン

スポンサーリンク

まとめ

久々に、電動歯ブラシを買い替え、進化に驚きました。

POINT

・正しい歯磨きの理解

・ツルツル・ピカピカを楽しもう

・スマホで歯磨き管理

・歯磨き時間で情報収集

10年以上、電動歯ブラシを使用して、今回で3台目です。

意外と高価に感じるかもしれませんが、結構長持ちします。

ちょっとした投資と感じるかもしれませんが、3台で、3万円位です。

1台、平均5年以上使えました。

最近は、価格も下がって、高機能になり、お手軽なアイテムになりました。

年換算で言えば、本体が1,400円程度、替えの純正ブラシが3,000円程度(サードパーティ製だと400円以下)です。

POINT本体   約1,400円(年換算 約7,000円÷5年)
替え     約400円(年 サードパーティ製4本)
合計   約1,800円
歯ブラシ 約1,500円(年 6本)
差額     約300円

普通の歯ブラシですと、年間1,500円程度です。

意外と費用がかからないことを、知っていましたか?

早速、Amazonで検索してみてはいかがでしょうか?

私のおすすめ:ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ スマート4000(セール時7,000円位)

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ スマート4000 D6015253P

お口のケアは、注目すべき大切なエチケットとなっています。

また、現在は、予防にフォーカスする時代に変わってきています。

その為、いろいろな製品が充実して、ニーズも増えているので、身近なもの種類やカテゴリーがあります。

ちょっと、一呼吸して、自分の体の現状改善を見つめ直して見ましょう!

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です