映画「名探偵コナン 紺青の拳」コナンと怪盗キッドが力をあわす!?

映画「名探偵コナン 紺青の拳」は、大ヒットアニメシリーズの劇場版23作目。

シリーズ初、海外(シンガポール)が舞台となる。

伝説の宝石ブルーサファイアをめぐる謎の事件が起きる。

その事件をめぐり、江戸川コナン、怪盗キッド、空手の凄腕・京極真と悪人たちの激しい戦いがはじまる。

声優は、おなじみメンバーの高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平。

劇場版としては、はじめての女性監督の永岡智佳が起用された。

スポンサーリンク

作品情報

製作年    :2019年
上映時間   :110分
ジャンル   :サスペンス、青春、アニメ
監督     :永岡智佳
キャスト   :高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平etc

スポンサーリンク

あらすじ

世界最大級のブルーサファイア「紺青の拳」は、2世紀の時を超えて、シンガポールの富豪が回収した。

ホテル・マリーナベイ・サンズあたりで、不可解な殺人事件が発生する。

そこには、殺された女性の血がついた怪盗キッドの予告状のカードが残されていた。

京極真の試合を応援する為に、毛利蘭と鈴木園子たちはシンガポールに来ていた。

怪盗キッドは、コナンをさらい、シンガポールに無理やり連れてきていた。

その意味は。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想)

予告編は、本当によく出来てましたね。

新一と蘭のホテルでのロマンチックなシーン、キッドがやられて苦しむシーン、ファンにとっては、ドキドキで、楽しみで、たまらなかったです。

スローテンポでしたが、新一と蘭が進展して、ちょっと安心しました。

本音を言えば、何年もかかり過ぎだと思いますが、とても嬉しいです。

キッドがなぜ、コナンを連れてきたのか?

お互い認め合い、実は仲がいいからだと思います。

二人の連携プレーが、とても見どころです。

CGを使った、空のランデブーがいっぱいでした。

目的がひとつになって、力を合わせるのは素敵ですね!

 

はじめから、犯人が誰なのか、目的はなにか、いつもどおり表面上は、わかった形で、ストーリが展開していきます。

でも、影の主犯が誰かを、途中の内容からは見つけることは、なかなか出来ない作品でした。

謎解きを楽しみに見るのですが、やられました。

あとから考えると、たくさん伏線があったり、おかしな事柄がありました。

途中で犯人がわからないのは、悔しいですが、時間を忘れさせてくれる作品で、大満足です。

次回作では、なんとか真犯人を見つけれるように、頑張ります。

 

子供の頃、コナン・ドイルの作品をいっぱい読みました。

文章だけだったので、伏線、犯人の描写などは想像するしかありません。

なかなか、それが出来なくても、最後に解決する回想シーンが楽しみでした。

当時は、犯人探しを出来ていませんでした。

推理小説の醍醐味は、犯人を見つけることです。

今回の作品も、犯人探しを楽しめました。

裏の裏まで読まないといけないので、大変です。

最後の最後にすべてが解明する痛快が、気持ちよかったです。

スポンサーリンク

まとめ

コナンは、誰もの顔をたてる。

そして、正しく解決していくのが、私のお気に入りです。

ある種、水戸黄門的で、安心してみることが出来ます。

高校生なのに、よく出来た大人かもしれませんね!

職場で、相手を傷つけないようにトークするようにしています。

でも、出来ないときもあります。

そんなとき、コナンを思い出すと、がんばれます。

頭脳明快の探偵だけど、普通の探偵でないところが、「コナン」の魅力ですね!

こんな、大切なことを教えてくれる作品をたくさん見て、自分がそうなれるように頑張ります。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

名探偵コナン 業火の向日葵

怪盗キッドは、宝石しか狙わないのに、絵画の事件の容疑者に?

コナンは、それに違和感を覚えて。

こちらも合わせてみれば、もっと面白くなります。

ジャンル:アニメ、サスペンス
監督  :静野孔文
キャスト:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平etc

劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵

名探偵コナン 世紀末の魔術師

劇場版で、はじめて怪盗キッドが登場する作品です。

原点から楽しみたい方に、おすすめです!

やっぱり、全部みたいですよね!

ジャンル:アニメ、サスペンス
監督  :こだま兼嗣
キャスト:高山みなみ、山崎和佳奈、神谷明、茶風林etc

劇場版 名探偵コナン 世紀末の魔術師

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です