映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」強敵の人工知能とは!

映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」は、15年以上前に作られましたが、VR(仮想現実)、AI(人工知能)の未来を予測する最先端の映画です。

コナン映画シリーズの第6作目で、事件解決のヒントが、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズの出来事にあり、シャーロック・ホームズファンにはたまらないストーリーとなっています。

声の出演は、江戸川コナンが高山みなみ、毛利蘭は山崎和佳奈、毛利小五郎は神谷明、工藤新一は山口勝平らのいつものメンバーがつとめる。

監督は、前作の「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」のこだま兼嗣。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2002年
上映時間107分
ジャンルアニメ、サスペンス、アドベンチャー
監督  :こだま兼嗣
キャスト高山みなみ、山崎和佳奈、神谷明、山口勝平 etc
スポンサーリンク

あらすじ

ITテクノロジー最高峰と言われるシンドラーは、10歳の天才少年が作ったAI(人工知能)ノアズ・アーク用いて、VR(仮想現実)シュミレーション・ゲーム・コクーンの発表会を行う。

そこには、政界、財界、芸能界の二世が招待されていた。

その直前に、コクーンの開発責任者・樫村が殺害されて、事件がはじまる。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想・考察)

15年以上前の作品ですが、未来の技術を予測する凄い作品です。

コンピューター自信が意思をもち、人々の為に、平和で平等な世界を作ろうとします。

それは、人工知能を作った純粋な少年の思いなのでしょうか?

海外ドラマの「ウエストワールド」も、人工知能が意志を持ち、人類と対峙していきます。

コナン作品でも、未来に対して警鐘を鳴らしていると思うと、チョット恐ろしく思います。

AI(人工知能)がもうすぐそこまで来ています。

その時、慌てないで済むように未来を意識して正しく生きていこと思います!

 

子供の頃、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを読みあさりました。

その時のワクワクを思い出させてくれる、シャーロック・ホームズファンを楽しませてくれる作品です。

また、「シャーロック・ホームズ」シリーズを読み直してみたくなりました。

この映画を見ると、コナンのシャーロック・ホームズ愛がわかります。

ロンドンで起きた事件の、謎の殺人鬼・切り裂きジャックを追い詰めていく。

一人一人がそのパズルのピースをはめていきます。

コナンだけが、スーパーヒーローでなく、全員参加でその事件を解決していく。

子供だけでなく、大人が見ても感動するシーンがいっぱいでした。

 

この作品の脚本は、北野武監督デビュー作「その男、凶暴につき」の野沢尚が担当しました。

野沢尚は、2004年に44歳で自殺してしまったので、最初で最後のアニメーション作品となりました。

彼は、次回作で、新一、蘭、灰原の三角関係を描く作品を作りたかったみたいです。

とてもセンシティブで、激しい方だったみたいです。

遺書に「夢はいっぱいあるけど、失礼します」と書かれていたそうです。

個人的には、この作品は、すごく良かったです。

野沢尚作品をもっとたくさん見たかったので、残念です。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ)

こんの作品は、一つの推理映画に、色々な要素が入っていて、よくできた作品だと思います。

コナンシリーズでも、人気、一位、二位の作品だそうです。

正直、コナンの漫画は、字が多くて読むのがしんどいので、あまり興味がありませんでした。

でも、最近「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」を見て、すごく立体的な映画だと知りました。

推理映画なので、一回見たら、二回目はもういいやって感じで思っていましたが、コナンシリーズは違いますね!

繰り返しみても、何度も楽しめそうです。

また、様々な伏線があったり、ファンを喜ばせるシーンがてんこ盛りなので、人気作から見ようと思います。

推理、テーマのネタをうまくコラボさせて伏線に変えて、面白さをパワーアップさせている大変おすすめ映画シリーズです。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)

シリーズ初の海外を舞台に、どんな難問題が発生するのか見ものです。

怪盗キッドとコナンのコンビで事件を解決する。

そこには、友情を超えた何かを感じることができる作品です。

ジャンルアニメ、サスペンス、アドベンチャー
監督  :永岡智佳
キャスト高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平 etc

名探偵コナン 紺青の拳

名探偵コナン 業火の向日葵

怪盗キッドがなぜ、絵画を狙う?その意味を知ると、心が温まりました。

最後の最後まで、謎を追うことができる推理ファンおすすめの一作です。

また、怪盗キッドとコナンの関係が進展した、大切な作品です。

この映画を見ると、「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」の怪盗キッドとコナンの関係が腑に落ちます。

ジャンルアニメ、サスペンス、アドベンチャー
監督  :静野孔文
キャスト高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平 etc

劇場版名探偵コナン 業火の向日葵

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です