シンバの親子の絆をスゴイCG映像で盛り上げる!映画「ライオン・キング(2019)」

ライオン・キング (オリジナル・サウンドトラック)

映画「ライオン・キング」は、凄いCG映像で、動物たちにリアルな表情を持たせ、アニメーションの領域をお超えた新しいカテゴリー作品です。

実写映画と言うべきか、ハイクオリティーなCG映画と言うべきか、ぜひ見て判断して欲しい完成度です。

キャストは、シンバを「スパイダーマン ホームカミング」のドナルド・グローバー、ナラを世界的アーティストのビヨンセ・ノウルズ、プンバァを「カンフー・パンダ」シリーズのセス・ローゲンがつとめる。

監督は、「ジャングル・ブック」でCG映像が素晴らしかったジョン・ファブローがメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間分119
ジャンルアドベンチャー
監督  :ジョン・ファブロー
キャストドナルド・グローバー、ビヨンセ・ノウルズ、セス・ローゲン、セス・ローゲン、アルフレ・ウッダード、ビリー・アイクナー etc

 

正直に、実写なのか、作られたCG映像なのか区別が出来ないほどのクオリティーが高い映像でした。

監督のジョン・ファブローは、この作品で、気をつけたことは、動物たちの動作の一貫性だったそうです。

意味がわかるようでわからない、ただ、すげぇーの一言です。

シンバのお披露目の儀式で、ミーアキャットが立って、あたりを見渡す姿、鳥肌だが立ちました。

CGアニメーションを超えた、超実写映像という新しいカテゴリーの幕開けかもしれません。

 

ジャングル・ブック (字幕版)
(2016-10-14)
売り上げランキング: 845
スポンサーリンク

あらすじ

動物たちの王、ライオンのムファサ(ジェームズ・アール・ジョーンズ/大和田伸也)の子のシンバ(ドナルド・グローバー/賀来賢人・熊谷俊輝(子供時代))は、父のような偉大な王になることを夢見ながら成長していきます。

叔父スカー(キウェテル・イジョフォー/江口洋介)は、ムファサのことをよく思ってなく、王位を狙う。

スカーの策略によって父の命を奪われ、シンバ自身もサバンナにいられなくなります。

イボイノシシのプンバァ(セス・ローゲン/佐藤二朗)とミーアキャットのティモン(ビリー・アイクナー/亜生(ミキ))と出会い、仲間となったシンバは、過去を忘れて穏やかに時を過ごしていくが。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

親子の絆が、シンバに勇気を与える、親の大切さを痛感させられました。

「おまえを失うかと思うと、怖かった」

「いつまでも永遠に誇りだ」

言葉の大切さ、親として、何をどのように感じ、どのように振る舞う、それが子供たちに影響を与える。

親にとって、とても大切なバイブルの映画でした。

 

シンバがナラと再会することで、サバンナの仲間にとって、自分が必要な存在と考え始めます。

それがキッカケで、「ハクナ・マタタ」(くよくよするな)のほんとうの意味、勇気を持つことを理解し始めます。

父親のムファサの愛を思い出し、勇気を振り絞って、ナラと一緒に故郷に向かいます。

自分の過去と未来が、繋がっていることに気づき、駆け出すシーンは、とてもホットでした。

 

ライオン・キング (字幕版)
(2015-11-06)
売り上げランキング: 147

 

アニメーションでは、深く感じなかった繊細な表情、仕草が、まるで人間みたいです。

ミュージカルの「ライオン・キング」が名作になっているのは、人間が演じていたからだど思います。

この作品は、CG映像で、動物たちをまるで人のように演じさせます。

動物たちの世界を、人間の世界に重ね、我々の心に忍び込んでくる凄い作品でした。

 

人間の表情を、動物に重ねるのはズルいですね!

動物の表情が持つ「和み」と人間の心に響く人間の表情、それが合わさって、私達の心に突き刺さる。やられました。

でも、どこかホットして、心がスカッとする。いい感じですね!

リアルに作られたCG映像ですが、人に優しかったです。

その映像の中で、シンバが、自分自身を乗り越えていく、誰もが応援したくなるハートフルな映画でした。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・考察)

CG映像が進化すると、役者なしで、全ての映像をつくれる?

とても嬉しいけど、本当にそれでいいの?ちょっと、残念?

時代の流れで、アナログが、デジタルに、でも、その過程で、何かを失います。

例えば、レコードがCDに変わった時、人間が聞き取れない音の領域の一部がカットされました。

見えないもの、聞こえないものがあるから味があります。

何が大切か、考えなければならない時がやって来ているのかもしれませんね!

 

 

 

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

アリータ:バトル・エンジェル

木城ゆきのSF漫画「銃夢(ガンム)」(ビジネスジャンプ)を、ジェームス・キャメロンの脚本・制作で、ハリウッド実写映画で制作。

テクノロジーが人と人の境目をなくす?

かわいい女の子のサイボーグが、人の心の暖かさにふれて、本当の親子、本当の恋人に変わっていく。

ジャンルSF、アクション
監督  :ロバート・ロドリゲス
キャストローサ・サラザール、クリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー etc

 

アリータ:バトル・エンジェル (字幕版)
(2019-07-31)
売り上げランキング: 11,750

 

 

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

ジャンルコメディ、ヒューマンドラマ
監督  :ジョン・ファヴロー
キャストジョン・ファヴロー、ソフィア・ベルガラ、ジョン・レグイザモ etc

 

シェフ 三ツ星フードトラック始めました (字幕版)
(2015-05-13)
売り上げランキング: 42,330

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめ、お安く通販や電子書籍が音楽などにも利用できます。

 

 

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です