映画「アントマン&ワスプ(あらすじ・感想)」ラストの意味は?

映画「アントマン&ワスプ」は、「アントマン」シリーズの2作目です。

大きくなったり、小さくなることができる、元泥棒のバツイチのヒーローが、頭脳明晰のヒロイン、ワスプと、彼女のお母さんを助けるために、力を合わせる救出劇です。

しかし、それを邪魔する悪党や、壁を通り抜ける謎の女性が彼らを襲う!

キャストは、ポール・ラッド、エバンジェリン・リリー、マイケル・ペーニャ、マイケル・ダグラスらが前作より続投する。

監督は、「イエスマン “YES”は人生のパスワード」のペイトン・リードが前作同様メガホンをとる。

作品情報

製作年 :2018年
上映時間118分
ジャンルSF、アクション、コメディー
監督  :ペイトン・リード
キャストポール・ラッド、エバンジェリン・リリー、マイケル・ペーニャ、マイケル・ダグラス etc

あらすじ

スコット/アントマン(ポール・ラッド)は、アベンジャーズの戦いに参加したことで、FBIに監視されることになる。

あと3日でそれから開放される予定だが。

彼の前に、ピム博士(マイケル・ダグラス)と、博士の娘のホープ/ワスプ(エバンジェリン・リリー)が現れ、博士らの計画に協力するように要求される。

仕方なくスコットは、手伝うが、その計画を邪魔する者たちが。

作品を見て感じたこと(感想・考察)

ラストの伏線が気になります。

「アベンジャーズ」シリーズのお決まりですが、次回作以降へのメッセージ?

一つの映画で完結しないのは、とても嬉しいことでもあり、もどかしいことでもありますね!

エンディングロールを最後まで見ないといけなのは、ちょっと退屈ですが、そこのお宝がある。

昔からの、よく映画に使われていたましたが、大事なお楽しみだと思います。

 

「アベンジャーズ エンドゲーム」への伏線でした。

長いお預けは、たまりませんね。

人気爆発の映画になっているので、お楽しみの続きを!

 

「アントマン」シリーズの2作目ですが、完成度が抜群ですね。

特に、アクションシーンがよく出来ていて、大きくなったときと、小さくなった時のメリットを最大限に利用して、バトルを盛り上げます。

普通のバトルシーンと違い、戦略?が新鮮で、見どころの一つとなっています。

そこに特殊能力を持った新たな敵が、アントマンの力を封じる。

今までのSFアクションをうまく組み合わせて、面白さを倍増しています。

個人的には、大好きなハラハラドキドキのアクションシーンがいっぱいでした。

 

ストーリーですが、ダメおやじを最愛の娘が支える。

子供って、親の足りない所を持って生まれてくるのでしょうか?

それとも、親がその子のいい所をフォーカスするのが得意なのでしょうか?

そんな健気な娘を励みに、頑張るお父さん。

自分も頑張らないといけないと思いました。

私の子供たちは、だいぶ大きくなったので、コミュニケーションの時間が減りました。

子供たちの気持ち誰も、映画の可愛い女の子みたいに純粋だと思います。

それを大切にしながら、期待に応えていきたいですね!

 

マイケル・ダグラスが科学者?

彼は、ビジネスマン姿が印象的なので、とっても新鮮でした。

尖った人物の役が多かったので、研究に没頭する役でも腑に落ちますが、カッコいいキャラクターが大好きです。

「ウォール街」、「ディスクロージャー」のなかで、自分の野望の為に、あらゆる手段を使う、紳士的なヤクザ感が、大人の世界を感じました。

実際、ビジネスの場において、自分の野望の為に、彼みたいな人はいませんでした。

でも、社長を交代させるために、会社を買収して、そこの会社の役員を刺客にしようと計画する人は見ましたが。

この作品のマイケル・ダグラスは、愛する人を救うために危険を承知で、そこに飛び込む。

「激しい」性格のの延長にひたむきさがあるのかもしれませんね。

まとめ(おすすめ)

ドラえもんのスモールライトのアイデアを、SFアクション作品にした感じです。

素朴に出来たらいいなをそのまま映画にしたアイデアで、童心に戻れ、楽しかったです。

ちょっとしたヒントに、遊び心をプラスするだけで、ワクワクが百倍になります。

「アベンジャーズ」シリーズは、結構、重いストーリーですが、その中にこんなコメディー的なヒーローがいると息抜きになります。

マーベル作品は、ある種、映画のフルコースですね。

「アベンジャーズ エンドゲーム」を見る前に、この映画を見ていると、アントマンの小技アクションが楽しめます。

映画の楽しみ方を、また一つ、マーベルに教えてもらいました。

映画は、様々な人が見ます。その為、その人その人に響くようにフルコース作品で作られたりします。

色々な角度で、楽しめるように知識や経験を積んで、もっと映画ライフをバージョンアップさせます。

合わせてみよう(関連作品等)

アベンジャーズ エンドゲーム

マーベル・コミックが生んだ同一の世界観でヒーローが活躍する「アベンジャーズ」シリーズの最終章。

能力、才能、知力を持っているものの責務を教えてくれる作品です。

愛する仲間、全宇宙を取り返すために、彼らは力を合わせて、強大なラスボス・サノスと戦う。

ジャンルSF、アクション
監督  :アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
キャストロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、ポール・ラッド etc

キャプテン・マーベル

ジャンルSF、アクション
監督  :アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
キャストブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ベン・メンデルソーン、ジャイモン・フンスー etc
キャプテン・マーベル (字幕版)
(2019-06-05)
売り上げランキング: 205

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です