映画「PARKS パークス(橋本愛・感想)」自分探しが素敵です!

PARKS パークス

映画「PARKS パークス(橋本愛)」は、井の頭公園100周年で、制作された映画です。

吉祥寺を舞台にした青春映画。とあることから、3人の男女が知り合い、物語がはじまる!「桃まつり presents kiss! 「あとのまつり」」の瀬田なつきが監督を務める。

「リトル・フォレスト」の橋本愛が歌を、染谷将太がラップを奏で、永野芽郁らが共演する。

スポンサーリンク

作品情報

製作年    :2016年
上映時間   :128分
ジャンル   :青春、ドラマ
監督     :瀬田なつき
キャスト   :橋本愛、永野芽郁、染谷将太 etc

スポンサーリンク

あらすじ

井の頭公園のそばにあるアパートに住む女子大生が純(橋本愛)に、突然、高校生のハル(永野芽郁)が訪ねてくる。

ハルは、亡き父の小説を書くために、父の元恋人の佐和子の消息を探していた。佐和子が亡くなったことを、彼女の甥のトキオから知らされる。

数日後、佐和子の遺品からオープンリールテープが見つかります。

それは、ハルの父親との未完成のラブソングだった。それを完成するために、3人が力を合わせる。

でも、それぞれ、目的が違っていた。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想)

青春の真っ只中、自分の未来のパズルのピースを探すのって、すごく素敵ですね!

彼女達、彼が、捜し物を一緒に始める。お互いの目標が少しづつ違うことに気づいていく。でも、お互い必要な仲間になった。

ほろ苦い青春の1ページの思い出ですね!

自分のやりたい事と仲間でありたいことが交差する。

どちらを優先するかって、決めるのが難しいですね。自分に素直になる。それを教えてくれる作品かも知れません?

高校生のハルが、自分の父親の事を知っていく過程で、自分が父親の子供だということを理解していきます。有村架純の「夏美のホタル」を思い出しました。

子供たちが、自分ら親をどのように感じ、どのようにみている。それを、気づかせてくれました。

彼女は、どこか、父親の意志を継ぎたかったのかも知れません。私も父親なので、何か子供たちに何かを響かせる親になりたいですね!

彼女達、彼は自分探しをしているのでしょうね。

結婚したり、子供が出来たりして家族が増えました。その時々で、自問自答して、素直に生きてきたつもりですが、こんな青春映画を見ると、自分の気持ちをリセット出来て、もっと、もっと、素直な自分を発見できますね!

今度は、子どもたちと、いっぱい話をして、バーチャルではなく、リアルを感じたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

「橋本愛」、とっても、気になっている女優さんです。「アナザー」で、段々と表情を見せてくれる感じが印象的でした。

アナザー Another

最近の作品は、「ピュア」がとっても似合う、素敵な女性に進化したと思います。

我々の等身大の主人公を演じてくれるのが、とても素敵です。やっぱり、身近なテーマで、成長する過程の悩みって、素敵なシーンですね!

「青春」なのかなー。

生涯、「青春」をエンジョイしたい私にとって、自分にガソリンを補充してくれる、大切な作品です。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

「ピュア」を忘れた時に見ると、忘れたことを思い出せると思います。

個人的には、今年、一番、響いた作品です。

「リトル・フォレスト 夏・秋」

監督  :森淳一
キャスト:橋本愛、三浦貴大、松岡茉優 etc

リトル・フォレスト 夏・秋

「リトル・フォレスト 冬・春」

監督  :森淳一
キャスト:橋本愛、三浦貴大、松岡茉優 etc

リトル・フォレスト 冬・春

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

・MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません。)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です