映画「50回目のファーストキス(あらすじ・山田孝之)」リメイク作品!

映画「50回目のファーストキス」は、2004年のハリウッド映画をリメイクしたコメディ作品。

キャストは、約11年前の「そのときは彼によろしく」で共演した、長澤まさみと山田孝之が主演をつとめる。

監督は、コメディ作品の「銀魂」の福田雄一がメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年    :2018年
上映時間   :114分
ジャンル   :コメディ、ラブストーリー
監督     :福田雄一
キャスト   :山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ etc

スポンサーリンク

あらすじ

ハワイ・オアフ島でツアーガイドとして働く天文学者のたまごの弓削大輔(山田孝之)は、一晩寝ると、その日の記憶を忘れる女性、藤島瑠衣(長澤まさみ)と出会う。

彼は、本気で彼女を好きになり、彼女が記憶を忘れるたびに、モーレツにアタックを繰り返す。

そして、彼女の心を射止めるが。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想)

その日一日しか記憶が出来ない病気をもった女性の恋文です。

それにチャレンジして、彼女の心を勝ち取る、涙ぐましい、ほろ苦いラブストリーです。

本当に相手のことを理解して、あらゆる手段で、自分の心を伝える。

コメディなので、おもしろ過ぎますが、心に突き刺さる一生懸命さが、たまりません。

もし、自分の彼女が、記憶を失ったら、どうしたらいいのでしょうか?

そう思うだけで、彼のひたむきさの凄さを実感しました。

 

こんなに凶暴な長澤まさみを見たことがありません。

コメディなので、当然かも知れません。

弓削大輔が、彼女と接点を持つために、それに協力した友達をボコボコするシーンが面白すぎます。

相手のトドメをさすために、とことん追いかける場面は、思い出すだけでも笑いが止まりません。

藤島瑠衣(長澤まさみ)の不運と猛烈なパワーにギャップがあり、余計にお涙ちょうだい物語を盛り上げてくれました。

記憶をリセットすることで、ピュア感がまして、とても素敵です。

いつもまっさらな純粋な気持ちが、とても心に響きました。

また、それを全力で支える家族たちの気持ちに、共感しました。

彼女と同年代の娘を持つ親にとっては、終始、涙腺が緩んでたまりません。

コメディなのに、こんなに涙する作品はありません。

 

大輔が、朝、彼女の消えてしまった記憶を呼び覚ますために、DVDを見せます。

そして、彼女は、それを頼りに自分の心を整理します。

なんどもそのシーンがありますが、その度にグッときました。

涙ぐましい努力に、しつこいけど、やられた感のある思いやりを感じました。

人を本気で愛する素晴らしさ、優しさ、それを受け止める真剣さを教えてもらいました。

 

前の共演作「そのときは彼によろしく」の撮影のときは、ふたりは(長澤まさみと山田孝之)は、ほとんどコミュニケーションがなかったそうです。

今回の作品は、海外ロケのため、ホテルのラウンジなどで、毎晩のように飲んだりして、修学旅行みたいで楽しかったそうです。

その流れが、映画の中で、表現されていると思います。

本当に、心をかわすって、どこか響くものですね!

スポンサーリンク

まとめ

好きな人を思う気持ちが強ければ強いほど、頑張れると思います。

なにか、心に空洞があり、それを穴埋めするためにプレーボーイをしていた主人公が、進化する。

何が、引き金になるかわからないものですね。

心と心が触れ合うだけで、全てがハッピーになれる。

それを楽しくシンプルに感じることが出来ました。

涙ぐましい努力を大切にしていこうと思います。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

そのときは彼によろしく

限りあることの大切さを教えてくれます。

純粋な気持ち、それが本当の自分だと気付かしてくれます。

自分に迷いがあるとき、見てみると面白いです。

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます。

ジャンル:ロマンス, ドラマ
監督  :平川雄一朗
キャスト:長澤まさみ, 山田孝之, 塚本高史etc

そのときは彼によろしく

タッチ

青春の1ページに刻みたい、思い出がいっぱい詰まっています。

初めて女の子を好きになった記憶がよみがえりました。

なにもないって、素敵すぎますね!

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます。

ジャンル:ロマンス, ドラマ
監督  :犬童一心
キャスト:長澤まさみ, 斉藤祥太, 斉藤慶太etc

タッチ

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です