映画「キングダム(あらすじ・山崎賢人)」友情がおすすめです!

映画「キングダム」は、中国戦国時代を舞台にした、原泰久の人気漫画を実写映画化。

大将軍になることを目指し剣の腕を磨く若き青年と、中華統一をもくろむ若き王のドラマ。

キャストは、「羊と鋼の森」の山崎賢人、「銀魂2 掟は破るためにこそある」の吉沢亮、「50回目のファーストキス」の長澤まさみ、「セーラー服と機関銃 卒業」の橋本環奈他豪華な出演人がつとめる。

監督は、「図書館戦争 THE LAST MISSION」、「いぬやしき」の佐藤信介がメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年    :2019年
上映時間   :134分
ジャンル   :アドベンチャー、歴史
監督     :佐藤信介
キャスト   :山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈 etc

スポンサーリンク

あらすじ

戦災孤児の信(山崎賢人)と源(吉沢亮)は自由を手に入れ、大将軍なることを夢を見て、剣の腕を磨く。

とある目的のため、源は、王宮に行くことになる。

王弟の成蟜は、兄を倒すために内乱を起こす。

それによって、信と源は、大きな時代の変革に巻き込まれ、戦いの舞台へ。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想)

信頼と友情が交差する青年のサクセスストーリーです。

夢見る者同士が、心を惹かれ合う姿がとてもカッコ良かったです。

夢を追うために、お互いの心が通い合っていき、表情が豊かになるシーンの連続が心地よかったです。

自分の仕事、その他の活動でもこんなピュアの出来事があれば嬉しいのですが。

もっと、もっと、頑張らなければいけないと思います!

純粋な行動って、素敵だけでなく、勇気を与えてくれます。

 

信と源が別れるシーンが二度ありまあした。

一度目は、あまり心に響きませんでした。

でも、二度めは心に突き刺さり、ちょっとだけうるっと来ました。

なぜでしょうか?

信が、源の気持ちを全て受け入れて、自分の夢と重ね、全ての事と戦う姿を見たからかもしれません。

また、嬴政(吉沢亮)の夢、王としての責務の大きさで、信の気持ちが変化していくこと、彼の源への思いが明確になったからです。

自分の本当の気持ちがわかると最強だけでなく、他の人まで巻き込んでなんでも出来ると思います。

キングダム コミック

この作品の山場は、山の民を説得するところです。

楊端和(長澤まさみ)は、素敵だけでなく、すごくカッコ良かったです。

自分たちの夢、目的、幸せを明確にするやり取りは、今の生活改善、生き方にヒントを与えてくれました。

過去のしがらみ、悔しさ、思いにクローズアップするのでなく、未来の幸せをターゲットにする。

新しい自分にチャレンジすることへ、行動をシフトしようぜ!

心を揺さぶられました。

 

「50回目のファーストキス」から、長澤まさみのファンですが、こんなにキリッとした彼女を見たことがありません。

戦士として、この作品を引き締めてくれていました。

何を守る、何と戦う、それを表現する表情が印象的でした。

今回の作品では、笑顔が全くありませんでした。

でも、強い女性、強い意思、カッコよすぎリました。

彼女の新しい魅力を見つけられました。

スポンサーリンク

まとめ

お互いの夢が共鳴する。

そして、お互い、勇気が湧いてくる。

青春?それとも、認め合う素晴らしに気付き、大人への一歩へ。

自分たちの境遇を受け入れて、自分たち生き方を加速する。

大人になった私にも勇気を与えてくれました。

私は、映画は人生の羅針盤と思っています。

この作品は、自分たちの環境、境遇などをすべて受け入れて、立ち上がることで、自分たちを肯定する素晴らしさを教えてくれます。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

羊と鋼の森

空気を吸っていただけの青年が、調律師に出会い、自分の生き方へヒントをもらう。

いろいろな出会いで、その青年が成長していく姿が、とてもすがすがしい作品です。

ジャンル:ドラマ
監督  :橋本光二郎
キャスト:山﨑賢人, 三浦友和, 鈴木亮平etc

羊と鋼の森

50回目のファーストキス

家族、恋人が彼女の病気を受け入れて、心のそこから彼女の幸せの為に頑張っている、素敵すぎる作品です。

長澤まさみの魅力が全開で、愛されることの喜びを教えてくれた映画でした。

ジャンル:ドラマ, コメディー, ロマンス
監督  :福田雄一
キャスト:山田孝之, 長澤まさみ, ムロツヨシetc

50回目のファーストキス

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です