映画「愛がなんだ(あらすじ・感想)」角田光代の自由恋愛が素敵!

映画「愛がなんだ」は、直木賞作家で、「八日目の蝉」の角田光代の同名小説を映画化。

最近、人を好きになってない人へ。この作品は、色々な恋の形を教えてくれます。

キャストは、「おじいちゃん、死んじゃったって。」の岸井ゆきの、「スマホを落としただけなのに」の成田凌、元「乃木坂46」の深川麻衣がつとめる。

監督は、「パンとバスと2度目のハツコイ」の今泉力哉がメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年    :2019年
上映時間   :123分
ジャンル   :ラブストーリー
監督     :今泉力哉
キャスト   :岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣 etc
スポンサーリンク

あらすじ

28歳のOL山田テルコ(岸井ゆきの)は、中村マモル(成田凌)と出会ってから、彼中心の生活になる。

マモルは、テルコに全く興味がなかったけど、彼女を家に泊めてしまう。

それが原因で二人は急接近するが、彼は、彼女の行動に負担を感じてしまいコミュニケーションをたってしまう。

それでも、テルコはマモルを思い続けて、彼女が取り巻く仲間たちと紆余曲折が。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想)

角田光代の作品は、正解のない恋の形を提案しています。

この作品も、あまり好きではないけど恋をして、どうしょうもない女性を描いています。

彼女は幸せなのでしょうか?

きっと幸せだと思います。

彼女が、彼を思うシーンで涙がありませんでした。

三角関係でヒリヒリするシーンがいっぱいありましたが、その苦しみ以上に彼を思っています。

その為、彼のそばにいるだけで幸せだったと思います。

人を愛する形、人を愛する勇気、あどけない彼女に教えられました。

愛がなんだ

男性目線からすると、ナカハラ(若葉竜也)の存在が気になります。

友達以上、恋人未満。

でも、それに耐えきれなくなり、葉子(深川麻衣)の元を離れる。

痛いほど気持ちがわかります。

好きな人のそばにいるだけでいい、それって、きっと自分に嘘をついていると思います。

それに気付いた彼、それに気付かない彼女の対比が心に突き刺さりました。

でも、恋の形っていろいろとあっていいと思います。

彼女はそれをチョイスする勇気を持っていたと思います。

最近は、幸せの形を勝手に決めるのは良くないと考えはじめました。

もう少し、その人の気持を知ってみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

この映画の公式HPを見ると、「好きと言えないすべての人へ」という言葉がありました。

自分から好きな人へ自分の気持を、なかなか言えない若い時の頃を思い出します。

人生は、やってみないとわからないことがあります。

正直に行動できないことは、もったいないことです。

今があるのは、その時の自分があるからです。

その時その時を大切に、一歩前に前進するキーワードをを見つけていきたいものですね。

この作品は、ある意味、それを解放してくれました。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

勝手にふるえてろ

臆病な彼女に一票を投票したいです!

なかなか、最初の一歩を踏み出せない少女?女性?

それがとても男性に心に響く作品です。

恋愛に一歩を踏み出せない人に、勇気を与えてくれる映画でした。

ジャンルドラマ、コメディー、ロマンス
監督  :大九明子
キャスト松岡茉優、渡辺大知、石橋杏奈 etc

勝手にふるえてろ

スマホを落としただけなのに

成田凌の狂気な姿が、印象的でした。

携帯の恐ろしさを学べる作品です。

ぜひ、みんなに見てもらいたいです。

ジャンルドラマ、サスペンス
監督  :中田秀夫
キャスト北川景子、千葉雄大、原田泰造 etc

スマホを落としただけなのに

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です