映画「ワンダーウーマン(あらすじ・感想)」おすすめです!

映画「ワンダーウーマン」は、DCコミックの女性ヒーローのワンダーウーマンの誕生を描く。

女性だけの島に、暮らす一族のプリンセス(ワンダーウーマン)が、見たこともない男性と出会います。

そして、新しい運命(世界を救う)を受け入れて、人間世界へ出発する。

「モンスター」などのパティ・ジェンキンスが監督を務める。

ワンダーウーマンは、妊娠中のガル・ギャドットが主演し、「スター・トレック」シリーズのクリス・パインら共演。

作品情報

製作年    :2017年
上映時間   :141分
ジャンル   :アクション
監督     :パティ・ジェンキンス
キャスト   :ガル・ギャドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン etc

あらすじ

女しかいない島で、戦士として成長したダイアナ(ガル・ギャドット)が、自分に秘められた力に気付きます。

島に不時着したパイロットのスティーブ(クリス・パイン)と出会う。

生まれて初めての男性になにか運命を感じて、世界を救うために、ロンドンへ旅立つことに。

作品を見て感じたこと(感想)

「ワイルド・スピード」シリーズから、ガル・ギャドットのファンです。

彼女の不思議で大人の魅力が、大好きです。

自分が知っている子供の思い出の「ワンダーウーマン」と違い、スレンダーな容姿は、素敵です。

ガル・ギャドットは、想像していた以上に大人の雰囲気になっていて、いい感じですね!

ダイアナ(ガル・ギャドット)は、理性をコントーロールして、冷静に対応する戦士なので、安心してみることができた作品です。

 

昔、テレビでみたワンダーウーマンは、車を持ち上げて、人を助けるようなイメージでした。

ストーリー自身は、自分の知っているワンダーウーマンの世界観と違い、全く新しい話ですね!

最近の映画は、歴史上の重大事件を救う系の映画が多いように思います。

今回の「ワンダーウーマン」も世界を救う。

身近な事件を解決してくれる、身近なヒーローをイメージしていたので、遠い存在になりました。

でも、素敵で完璧なヒーローが、自分の秘められて能力で悪と戦うのは痛快です。

この映画は、ある種、正統で王道を行く映画なのかもしれませんね!

まとめ

能力を持つことは、羨ましいですけど、責任を背負います。

スパイダーマンの「大いなる力は、大いなる責任を伴う」が響きます。

大人として自分の能力をみんなのために役立てる。

もっと、頑張らなければなりませんね!

すべての子供がハッピーにならなければ、自分の子供が幸せにならないと思います。

きっと、大人が正しく行動すれば、誰もが幸せになるのかもしれません。

 

人それぞれ得意なことがあると思います。

この作品は、どこか母性があるように思います。

愛すること、それが自分に与えられた使命と気付き、自分の役割と理解する。

未来が不安な時代ですが、自分の未来だけを考えなくてすむように、自分を強化していきましょう!

合わせてみよう(関連作品等)

ブラックパンサー

王子として生まれ、その役割を受け入れている主人公がとても素敵です。

魅力的な仲間が、彼を支える感じが心地良いです。

特に天才の妹弟が、新しいアイテムを作っているのが、面白いですね!

ジャンル:アドベンチャー
監督  :ライアン・クーグラー
キャスト:チャドウィック・ボーズマン, マイケル・B・ジョーダン, ルピタ・ニョンゴetc

ブラックパンサー

ワイルド・スピード EURO MISSION

仲間の大切さを教えてくれる大好きな作品です。

ガル・ギャドットがとても素敵に描かれています。

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます。

ジャンル:アクション
監督  :ジャスティン・リン
キャスト:ヴィン・ディーゼル, ポール・ウォーカー, ドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソンetc

ワイルド・スピード EURO MISSION

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です