映画「シン・ゴジラ(あらすじ・石原さとみ)」俳優の演技が凄い!

映画「シン・ゴジラ」は、12年ぶりの、東宝オリジナルのゴジラ映画。

総監督・脚本は、「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明、監督は、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の作品です。

史上最大の118.5メートルのゴジラをCGで、描き出され、大ヒットとなった作品です。

長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ他、総勢328人の、豪華キャストが出演しました。

スポンサーリンク

作品情報

製作年    :2016年
上映時間   :119分
ジャンル   :SF、アクション
監督     :庵野秀明(総監督), 樋口真嗣
キャスト   :長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾 etc
スポンサーリンク

あらすじ

東京湾アクアトンネルが崩壊した事故が発生。

首相官邸で、緊急会議を行うが、意見がわかれたまま時間がすぎる。

そうしているうちに、巨大な不明生物が、

東京湾から、上陸し、進化しながら都市部へ突進していく。

一旦は、海に消えたが、再度、鎌倉に上陸し、

新たな謎がわかっていくが、巨大不明生物(ゴジラ)を、倒すために、苦渋の決断をしなければならなくなる。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想)

今回のゴジラは、政治家側のドラマに重きをおいた、ヒューマンタッチの作品でした。

政治家の各立場で、物を言い、それに振り回される。

その為、真実への道のりは、遠回りするしかない。

しかし、志高き者たちは、それと戦い、結果を残していく。

作られた正義に辟易した我々に、勇気を与えてくれた、かっこいい映画だと思います。

 

「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの監督作品ですので、エヴァファンにとっては、たまらないリズム感だと思います。

エヴァのサウンドが使われているシーンは、ワクワク出来て、楽しめました。

今までの、「ゴジラ」作品と比べると、人間ドラマ、社会問題(災害)に重きをおいたストーリーでしたので、びっくりしました。

子供の頃、見た「ゴジラ」映画は、もっと単純で、スカッとする感じだったような気がします。

政治の裏側を見せたりして、正義は、なんなのか、そんなテーマを満喫できました。

大人となった今は、いろいろと勉強になったり、勇気をもらったりして、すごくいいのですが。

「ゴジラ」は、子供向けの映画で、あって欲しいですね!

味方になったり、敵になったりした、単純な作品を楽しみたいですね。

私は、去っていく、ゴジラの後ろ姿が好きでした。

環境、時代、そしてニーズが変わってきたのかもしれません。

「映画」の定義ぐらいは、普遍であって欲しいですね!

スポンサーリンク

まとめ

永遠の怪獣ゴジラは、時を超えた人気があります。

その時代、その時代で作品の背景は違いますが、いつも心に残る感じは同じです。

きっと、ゴジラ映画が、怪獣映画のセオリー、文化を作ったからでしょう!

常にその当たり前に飲み込まれて見てしまうのでしょう。

海外でも、ゴジラ人気は凄いですが、本家の日本版ゴジラは、いいですね。

これからも、ゴジラと人間の掟みたいなものを守ってもらいたいですね!

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

ジュラシック・ワールド/炎の王国

人の命、恐竜の命、天秤にかけていいのでしょうか?

命の価値、それにフォーカスして見ると、響き方が違います。

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます。

ジャンルアクション, SF, アドベンチャー
監督  :J・A・バヨナ
キャストクリス・プラット, ブライス・ダラス・ハワード, レイフ・スポール etc

ジュラシック・ワールド/炎の王国

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

庵野秀明の作品を見てしまうと、もう、全てを見ないと納得できない。

ちょっとした、中毒になるかもしれませんが、見てもらいたい作品です。

ジャンルアニメ
監督  :庵野秀明, 摩砂雪, 鶴巻和哉
キャスト緒方恵美, 林原めぐみ, 宮村優子 etc

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です