映画「ビブリア古書堂の事件手帖(あらすじ・黒木華)」メガネの奥の瞳で推理?

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」は、五浦大輔(野村周平)は、祖母の遺品で、思い出のある古書「それから」をビブリア古書堂で鑑定してもらう。

その本には、意外な事実が隠されていた。それを解明するために、その古書堂で働きはじめるが、とんでもないことに巻き込まれてしまう。

シリーズ累計640万部の三上延原作の推理小説の実写映画化。

キャストは、「幕が上がる」の黒木華、「ちはやふる 結び」の野村周平、「箱入り息子の恋」の夏帆、「アオハライド」の東出昌大がつとめる。

監督は、「しあわせのパン」の三島有紀子がメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2018年
上映時間121分
ジャンルSF、サスペンス、ヒューマンドラマ
監督  :三島有紀子
キャスト黒木華、野村周平、夏帆、東出昌大 etc
スポンサーリンク

あらすじ

五浦大輔(野村周平)は、祖母との思い出がある古書の「それから」に、その本の著者の夏目漱石と思われる署名を見つける。

その本を、北鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」へ持ち込み、鑑定をしてもらう。

店主の篠川栞子(黒木華)は、本に対して凄い知識と思いを持っていた。

彼女は、その本を見ただけで推理し、祖母が隠し続けた秘密を紐解いていく。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

篠川栞子(黒木華)の推理の中へ溶け込む?

主人公の栞子の知識や推理の中へ、いつの間にか、自分が溶け込んでしまう不思議な映画でした。

おしとやかな彼女が本とり、話し始めると、知識の洪水で、周りの人を飲み込んでしまいます。

一冊の本に書かれていた書き込み、保存状態、保管状況で、一人の女性の人生がわかる。

この作品の推理で、「名探偵コナン」の映画の推理と違った楽しみ方を発見しました。

知識の洪水がスゴイ!

古書マニアの知識を、ストーリーの中で、わかりやすく説明してくれます。

優しい雰囲気の彼女の説明は、誰にでも受け入れやすいでしょう。

人に本を送る場合、本の最後のページ(裏表紙の裏)に自分の名前、送る相手の名前、メッセージに書き方があるなんて知りませんでした。

一つ一つの事実をつなげていき、その本の持ち主の生き様を感じ取る推理、気持ちが良かったです。

本に隠されたほのかな恋とは?

本がキッカケで、男と女が急接近していく、共感って、最高の恋愛ストリーのスタートですね。

このネット社会では、本を手渡すようなことは少なくなってきているので、ちょっと懐かしく感じました。

その二人は、心が触れ合うようになり「それから」のようになってしまった?

その大切な思い出を残しつつ、他の人が見てもわからないように工夫する。

大切な思い出を守りたいひたむきさは、とても可愛いですね。

本にはその内容だけでないドラマがある!

本は、その自身の内容を楽しむだけでなく、共感した人と人を繋げるコミュニケーションツールだったんですね。

本の物語だけでなく、リアルな物語を作る。

主人公の彼女は、本を見て、触って、感じ取れること全てで、本自身のことが全てがわかる。

凄い才能を持っていますね。

この作品は、ただの推理映画ではありませんでした。

何事にも、興味をもって接していれば、見え方、感じ方、理解の仕方が変わり、「楽しい」が増えるヒントを教えてくれました。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ)

主人公は、「それから」の持ち主、それに関係する人と関わることで、大きな一歩を踏み出したと思います。

彼女は、幼い時、本に輝きを与えられます。

そして、本を人生のバイブルとして、本とだけ向き合ってきました。

その為、その先にある素晴らしいものが見えていませんでした。

本は、知識を与えてくれたり、その本の中で、自分を主人公にしてくれます。

そして、その疑似体験で人の気持がわかったり、何かをできるようになります。

この作品で、彼女は、本より大切な人と人とのコミュニケーションに気付いて、大きく成長しました。

私達もスマホなどで、簡単に知識を得たことや、疑似体験に満足しないで、リアルで共感して、「心がつながる」にフォーカスしていきましょう!

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

しあわせのパン

ささやかな幸せを教えてくれる素敵な作品です。

北海道の自然に囲まれたパンカフェ「マーニ」に起こる人々のささやかな出来事が、心を温めてくれます。

東京から移り住んだ主人公の気持ちを感じて、本当の自分を再定義してみませんか?

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます(期間限定の場合があります)。

ジャンルヒューマンドラマ
監督  :三島有紀子
キャスト原田知世、大泉洋、森カンナ、平岡祐太 etc

しあわせのパン

名探偵コナン ベイカー街の亡霊

15年以上前に作られましたが、VR(仮想現実)、AI(人工知能)の未来を予測する最先端の映画です。

コナン映画シリーズの第6作目で、事件解決のヒントが、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズの出来事にあり、シャーロック・ホームズファンにはたまらないストーリーとなっています。

ジャンルアニメ、サスペンス、アドベンチャー
監督  :こだま兼嗣
キャスト高山みなみ、山崎和佳奈、神谷明、山口勝平 etc

劇場版 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」強敵の人工知能とは!

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です