映画「名探偵ピカチュウ(あらすじ)」おっさん声優の父性とは?

映画「名探偵ピカチュウ」は、日本ゲーム発で、世界中の子供に大人気の「ポケットモンスター」シリーズが、ハリウッドで映画実写化。

父親と確執があるティム(ジャスティス・スミス)が、父ハリーの死で、人間と共存するライムシティへ向かう。

父の部屋で人間と会話ができるピカチュウに出会い、そのピカチュウは、父ハリーがまだ生きていると訴えるが。

キャストは、「デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズが名探偵ピカチュウの声、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のジャスティス・スミスが主人公ティム、日本から渡辺謙がヨシダ警部補をつとめる。

監督は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のロブ・レターマンがメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間97分
ジャンルサスペンス、アドベンチャー、アクション
監督  :ロブ・レターマン
キャストライアン・レイノルズ、ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン、渡辺謙 etc
スポンサーリンク

あらすじ

突然、父ハリーの同僚だったヨシダ警部補(渡辺謙)から、ハリーが亡くったと連絡があり、ポケモンと共存するライムシティーへ向かう。

父の部屋で、言葉が喋れるピカチュウと出会い、ピカチュウに父ハリーが生きていると訴えらる。

そして、ピカチュウと父ハリーを探すことになるが。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

・ポケモンファンのお父さんにおすすめ!

子供と一緒にポケモンを楽しんでいたお父さんには、たまらない作品です。

懐かしいポケモンが、いっぱい出てきて、それだけで大満足。

私も、子供に付き合い、いつの間にかポケモンファンになってしまいました。

ポケモンがペットの動物のように身近に感じられる素敵な作品でした。

・生き物に触れるだけで幸せになれる?

ペットの動物を数分間なでると、脳の幸福物質が出てくることを知っていますか?

忙し日々をおくっている大人にとっては、心へのビタミンになります。

・生き物と触れ合うと幸せになれる本当の理由は?

あごを撫でられて喜ぶピカチュウが、とても可愛くてたまりませんでした。

毛で包まれたピカチュウは、アニメーションと違い、犬や猫と重なるので抱きしめたくなります。

また、ブサ可愛い実写のポケモン達は、映画全体を和ませてくれますね。

対象的に、カッコよすぎて、強すぎるミュウツーを引き立てます。

子供が大きくなった父親が、懐かしポケモンを見ると、子供の小さい時を思い出すでしょう。

自分の子供たちが、犬や猫と戯れるように、ポケモンに夢中になっていた頃を。

私は、ちょっとタイムスリップした自分に気付いて、心が潤いました。

その頃の父性を素直に認めれて、嬉しくなり、思い出の映画になりそうです。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ)

父性とは、子供達に、何を、どんなに影響を与えるかがキワードになります。

この作品を見て、どのタイミングで、子供たちに何をどう接したらいいのかわかりました。

その子、その子によって、成長スピードが違うし、他の子と同じ接し方をしても、子供たちは感じ方が違います。

そうゆう意味では、客観的という、大人の言葉が成り立ちません。

一生懸命におごらず、いい意味で「正しい」にフォーカスして、相手と対峙しなければならないことを理解しました。

ピカチュウを通して、こんな当たり前を再認識できるいい作品だと思います。

こんな映画で、自分の気持、能力を再確認して、改善していき、良い親子関係を目指したいですね。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

劇場版 ポケットモンスター ミュウツーの逆襲

幻のポケモン・ミュウツーの化石から、人工的に作られたポケモン・ミュウツーが、意思を持ち人間に復讐をする。

人間のエゴで、犠牲になったポケモンが、なにを求めて、なにを行動するのか?

ジャンルアニメ、アドベンチャー
監督  :湯山邦彦
キャスト松本梨香、大谷育江、市村正親、山寺宏一 etc

劇場版 ポケットモンスター ミュウツーの逆襲

夏美のホタル

カメラマンを目指す女性が、父との思い出の場所で、自然に身も心も投じる。

自然の恵みを楽しんでいる人達と触れ合ううちに、父親からの本当の愛情を理解していく。

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます(期間限定の場合があります)。

ジャンルヒューマンドラマ
監督  :廣木隆一
キャスト有村架純、工藤阿須加、小林薫 etc

夏美のホタル

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「夏美のホタル(あらすじ・有村架純)」父性を知るには!

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です