記憶力をバージョンアップする方法とは?脳に疑似体験でインプット?

実際に経験したことは、よく覚えていると思います。

セミナー、読書など、頭の中で理解したときは、結構、記憶に残らないものです。

その後の、行動で、記憶に残る残らないは、かなり左右されます。

じゃあ、どのように行動すれば、記憶に残るのでしょうか?

ちょっとした工夫で、改善出来たり、更にその事柄を深めたり出来たら、素敵ですね!

スポンサーリンク

記憶力をバージョンアップ!

実体験に変換することが、重要なキーワードです。

そんな事言われても、出来るわけないこともたくさんあるように思うかもしれません。

でも、話す、文字を書く、絵を書くでもOKです。

日常の中で、いいと思ったことは、人に話したことがあると思います。

それって、意外と覚えているものです。

そして、その時に、自分の理解不足に気づいたり、相手に、それを補足され、新たな知識としてインプットした記憶はありませんか?

それを、うまく生活習慣に取り入れるだけで、自分の身となり、骨となります。

また、脳は、2週間で、3回ほど使うと、必要な情報と判断して、記憶として定着させる習性があります。

これを利用すると、覚えると言う動作をステップアップ出来るでしょうね!

スポンサーリンク

話すだけでいい?

一番、簡単な方法ですが、人とディスカッションできれば、最高ですね!

お互い、情報がシェアできて、不足していた事柄も入手できるかもしれません。

また、コミュニケーションのキッカケにもなり、苦もなく自分の成長にプラスにできます。

朝、おはようのあとに、こんな本を読んだことを話すのもいいと思います。

すごく自分の為になったことを説明するだけで、座学が、経験にかわり記憶が促進されます。

試してみるしかありませんね!

電話で話をする女性

スポンサーリンク

いっぱい書いてみよう!

SNSやブログをやっている人は、記事にすると、それがアウトプットになり、覚えてしまいます。

また、事後に見直したりできるので、忘れかけてもすぐに思い出すことができると思います。

「いいね」とかがつくと、楽しくなりもっともっと、書いてみようと勇気が湧いてきます。

コメントまでつくと、人と共感を感じたりして、ワクワクもしてきます。

人を目の前にして、話をすると、どうしてもひと目を気にして、自分を正直に表現することが出来ません。

でも、ソーシャルな場ですと、色々とカミングアウトできて、ストレスの発散ができます。

うまく、SNSなどを利用することは、記憶を助けるだけでなく、正直な自分を発見できます。

ライティング

スポンサーリンク

運動がいい!

連続して、20分以上の運動をすると頭がよくなります。

記憶にいい脳内物質の分泌が活性化して、記憶する能力がアップします。

頭をたくさん使う人などが、運動をうまく取り入れています。

それは、運動の効力を理解しているのでしょうね。

私は、フィットネスでランニングしている間、セミナー動画を見ながら走っています。

そうすると、その後の気分が爽快になるだけでなく、普通にセミナー動画を見たときと違い、集中して見ることが出来ます。

朝の通勤時間に、電車の中で、立ったまま見たりもしますが、これもプチ運動なのかもしれません。

意外と集中できて、駅を乗り過ごすことがありました。

運動とコラボレーションして、記憶力をアップするといい事だらけです!

スポンサーリンク

まとめ

話す、書く、運動で、記憶がスムーズにできるようになります。

学生の時のように、ノートにいっぱい書くのも一つの方法ですが、新しいアイテムを手にして、自分の時間を増やしたいですね!

仕事中心、家庭中心、色々と生き方があるかもしれませんが、バランスが大切だと思います。

将来、あっと、思わないように、自分の時間を確保して、正直な自分を理解していこうと思います。

「楽しい」を実現するための、アイデアと工夫のヒントになりますように!

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です