書く意味を知れば全て上手くいく?脳を刺激して仕事スキルアップ!

野原でノートに落書きを書く

昔、たくさん書くと、頭がよくなると言われたことがあります。

最近の研究などで、それが正しいことがわかってきました。

書くことで、脳の活動に刺激を与えてくれるみたいです。

きっと、それがいい効果を与えてくれて、うまくいくのでしょう。

たくさん書けば、どんどん刺激を受けるので、「たくさん」が大切です。

脳の回転が良くなるので、記憶に対しても、効果バツグンです。

文字だけに限ってではありません。

ちょっとしたイメージ(絵)や落書き程度でも、脳にはGOODです。

気分転換に大好きな絵を書いてみるのも、頭にいい、習慣です。

いっぱい書いて、頭を活性化する習慣を取り入れてみませんか?

たくさん書いてみよう!

読書をしたり、映画を見たあとは、感想や気づきを書いてみましょう。

そうすることで、感じたこと、心に響いたこと、自分に役立つこと、結構、書くことがあることがわかります。

それだけなく、記憶の定着にも貢献してくれます。

また、事後に思い出すことも出来るでしょう。

いい事だらけですね!

また、読書の時に、大事なところを、ラインマーカーを引くのもいいと聞いたことがあります。

ちょっとした工夫が、脳に効くので、どんどん試して、自分にベストを見つけてみましょう!

頭の中にあることを書いてみよう!

脳の能力は、同時に3つ前後を同時にこなすことができるそうです。

書き出すことで、それをノートとかに残せ、脳の処理能力を回復することが出来ます。

仕事などで、につまった場合、ToDoを紙に書き出したらいいと、聞いたことがあるかもしれません。

書き出すことで、頭の中の情報などが整理され、落ち着いて、生産性があがります。

脳のパフォーマンスがいい状態を作り、集中できると、時間も生まれてきます!

頭がクリアの状態を作ることが、精神的にも健全ですので、おすすめです。

イメージを書いて、脳への刺激をアップ!

文字だけでなく、イメージ(絵)を紙に書くだけで、クリエイティブに発想が出来ます。

脳は、文字情報より、視覚で、活性化します。

アイデアをひねり出すのは大変です。

でも、イメージ(絵)を見ることで無限大に、思いつく可能性が広がるかもしれません。

有名な話ですが、アップルのスティーブ・ジョブズは、会議中にノートによく、落書きをしていたそうです。

もしかしたら、それが彼のアイデアの源水だったのかもしれませんね!

過去の著名な画家はみな、IQが高かったみたいです。

文字に頼らず、イメージで全てを表現するって、脳の力をフル稼働出来るアクションかもしれませんね!

まとめ

書くための動機って、大切ですね。

「感想」、「気づき」、「イメージ」をうまくコラボレーションして、ペンを執ると、脳をフルスロットルで活躍出来ます。

生活の中で、何かと紐づけて、習慣化できれば、百人力ですね!

時間が足りない人が多いと思います。

うまく、習慣化して、自己成長を加速して、素敵なハッピーライフに舵を切りたいですね!

学びを結果に変えるアウトプット大全

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です