10年後のAI時代と楽しく正しく付き合おう!情報でエンジョイ?

人工知能って凄い

最近、「AI」時代について、よくその話題を聞きます。

「AI」の進歩によって、仕事がなくなるとか、格差社会になるとか、恐ろしいことに着目した記事が多いです。

本当にそうでしょうか?

うまく付き合っていくと、生活が楽になったり、困った人を助けることができるかもしれません。

使う人が、どう使うかで、人に与える影響が変わると思います。

「AI」は、想像、発想が出来ないとも言われています。

人と接することが中心の仕事も、難しいかもしれません。

テクノロジーと言ってしまえば、関わりにくいです。

でも、良きパートナーと思えば、すごく身近なものに感じます。

心の持ち方や、付き合い方で、使い方で全てが変わります。

冷静に、理解して、助けてくれたり、支えてくれる「AI」にするのも、我々次第だと思います。

スポンサーリンク

AIは、人間の+αと考えよう!

自動化できるものが、全て「AI」化で、取って代わると言われています。

考え方によれば、手を動かさなければいけないことを、自動化でやってもらえる。

すごく、ハッピーなことです。

自分の時間が増えて、やりたいことがたくさんできる。

考えるだけで、ワクワクしてきますね!

IBMは、「Watson(ワトソン=助手)」という、人工知能を開発しました。

あくまでも、人間+αなのかもしれませんね。

ワクワクする事を、目的に含めると、素敵な出会いになります。

なんでも、ポジティブに考えて、より良き付き合い方を見つけていけたら最高ですね!

情報ツールとして、活用!

スマホを何に活用していますか?

ニュース、ブログ、ゲームなどで、時間を潰していませんか?

何か記憶に残って、自分に貢献してくれる内容ばかりでしょうか。

結構、何も覚えていないことに驚かされます。

目的をもって、SNSやブログを書くためのネタ探しにでも利用できれば、記憶に残ります。

何かの、「目的」というエッセンスをふりかけると、自己成長というキーワードとコラボレーション出来ます。

読んで楽しいだけの記事も大切ですので、ゼロにする必要はないと思います。

せっかく、高価なスマホを持っているのであれば、使い倒してやろうと考えましょう!

なんでも、自分の武器にして、自分を改造してみましょう!

スマホは、よく「時間泥棒」と言われます。

工夫次第で、最強の情報ツールにしてみましょう。

この記事を合わせて読めば最強です!

>>「スマホの活用術を理解しよう!動画と情報収集と読書が得意技です?

スポンサーリンク

生活をクリエイティブにしよう!

言われたことしかしない、出来ない人がいると聞きます。

本当にそうなのでしょうか?

ただ単に、どうしたらいいのか分からないだけなのかもしれません。

昔と違って、人生の攻略本がいっぱい反乱しています。

普段、読書をしていない人は、キツイかもしれませんね。

アマゾンのオーディブルみたいに、本を読んでくれるサービスがいいかもしれません。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

漫画で書かれたものもたくさんあるので、探してみるのも一つです。

格好やスタイルにこだわらず、どんどん利用していけばいいと思います。

また、Youtubeなどでも、かなり有益な無料動画もあります。

自己啓発セミナーの動画も、結構安価で販売されています。

普段の生活に自己成長をキーワードを増やすと、今以上、クリエイティブな生活になると思います。

うまく言っている人の話を聞いて、行動を真似るだけで、ハッピーライフに突入するかもしれませんよ!

素敵な未来を想像するだけでワクワクします。

チャンスは、どこにでもあるものです。

目をしっかりと開いて、正しい情報を入手して、正しく頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

「AI」を正しく理解して、正しく付き合う。

スマホは、「AI」のスタートかもしれません。

情報をたくさん集積したり、機械的にこなすことが得意な「AI」ですが、想像や発想が不得意です。

いまから、クリエイティブを磨いて、エンジョイできるようになりたいものです。

スマホひとつで、できることがたくさんあります。

車の運転中に本を読んでもらったり、電車の移動時間にセミナー動画を見たりできます。

ちょっとしたスキマ時間を有効活用するだけで、AI時代を上手に乗り越えて、楽しい生活をゲットできるかもしれません。

楽しいをキーワードに、何か新しものを手に入て、充実した生き方を見つけてみましょう!

この記事を合わせて読めば最強です!

>>「映画「アリータ(原作:銃夢(ガンム))」大きな目の奥の秘密?

アリータ:バトル・エンジェル

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です