自分の大好きを情報発信して「楽しい・自己成長」を加速させよう!

ブログを入力

自分の大好きを情報発信して「楽しい・自己成長」をゲットして、充実した生活をエンジョイしましょう!

SNSやブログで好きなことを書くと、色々と自分にプラスになります。

得意なことを、惜しげもなく文章にして、自己表現できて、スカッとします。

普段の生活では、抑えている自分があります。

文章という道具を使うと、その呪縛から開放されて、どんどん筆が進みます。

ちょっと、頭が気持ちいいかもしれませんね!

なにか、記事を書いていると頭が整理されたり、今まで気づけなかった事柄の発見に驚くかもしれません。

インターネットを利用して、何かを発信している人は、1%もいないそうです。

すごくモッタイナイことですね!

現代は、個人の個性を大切にする時代です。

その個人のステージを、情報化のIT世界で、誰でも簡単に実現できる。

凄い時代になりましたね。

まわりの人に負けないように、自分のスペックを上げて、かっこいいを目指すのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

好きなことを、書いてみよう!

なんでも好きなことは、何時間もできるものですよね!

正直に言えば、文章を書くことは苦手です。

でも、いざ、好きなこと、楽しいことを書いていくと、自分の指が勝手に動きます。

不思議です。

今まで、こんな感覚を味わったことがありませんでした。

昔から、筆不精で、人に読んでもらうことも嫌いでした。

でも、ワクワクする事にフォーカスすると、その感覚から開放されて、言葉がが自然と文章に変わっていきます。

有名ブロガーのセミナーを受けたことがあります。

その方に、「絶対、好きなこと書きなさい」と言われました。

ノマドワーカーという生き方

それの答えが、これだったのでしょうか?

少し、その方に近づいたみたいで嬉しいですね。

その好きを大切に、苦手を克服することを夢見ています。

遠いか、近いかはわかりませんが、キッカケになれば最高です。

好きを基準に、一歩を踏み出すと楽しいかもしれません!

スポンサーリンク

個性が、自分の宝物かも!

日本人は、群れるのが美徳と考えられていました。

でも、情報発信して、少数派が群れることが可能になり、個性がメジャーになりました。

すごくいいことだと思います。

でも、群れることで、安心をえていたので、戸惑い気味です。

自分も早くカミングアウトして、自身を正しく表現したいですね。

情報発信で、自分の正直な意見や、レアな知識をシェア出来ます。

ちょっとしたことで、共感してもらえたり、オタク情報が喜ばれたりします。

誰しも、違う人生を歩んでいるので、自分ストリーそのものが、貴重な情報になるのかもしれませんね。

表現の仕方、読みやすいこと、そんな当たり前を、理解すれば誰でもブロガーになれるかもしれません。

ちょっと、背伸びして、頑張るのもいいかもしれません。

自分の価値をもっと知ってみよう!

色々と文章を書いていくと、自分の新しいことを発見出来ます。

また、バリエーションある評価で、今まで知らなかった自分が見えてきます。

ちょっと、ウキウキですね。

自分を卑下する方は、文章で勝負すると自身がつくかもしれません。

言葉を文章にするって、難しいと思うかもしれませんが、素直になれば、意外と簡単に出来るかもしれません。

未知の自分を見つけられれば、これからの生き方を変えられると思います。

頑張っている人は、目標を決めて、一段づつ、階段を登っていきます。

空気を吸うように、文章などで、好きな情報を発信して、大好きな自分と向き合うだけで、ほかの人に認められて、自分の価値に気付きます!

そのステージを自分の主戦場にすれば、もっと、気楽に生きていけるでしょう。

自分の価値って、自分で決めるものではないですもんね!

スポンサーリンク

まとめ

情報発信には、ハードルがある時代がありました。

でも、今は、パソコン、スマホだけで、いつでもどこでも、情報発信ができるようになりました。

「情報革命」が起こり、誰もが、正直に自分を表現出来るようになりました。

どのように、情報と付き合うかも変わりました。

それをうまく自分の活動に組み入れて、ステップアップしたいですね。

また、自己成長のキッカケにするために、何かを発信したいですね。

よく見ると、個人のスキルが、誰も、文章の力を使うことが出来ます。

うまくいっている人の話をたくさん聞いて、自分たちも、今まで見えてこなかった世界を見てみるのもいいかもしれませんね。

SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です