是枝裕和監督が不器用な母娘との運命を描く!映画「真実(あらすじ・感想)」

映画「真実」は、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した「万引き家族」の是枝裕和監督が、自身最初の国際共同製作を手がけた作品です。

母と娘の間の行き違いを通して真実が明らかになる物語を、フランスを代表する女優のカトリーヌ・ドヌーブ、ジュリエット・ビノシュの二人が共演する。

ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されるだけでなく、日本人監督として初めて、同映画祭のオープニング作品として上映されました。

作品情報

製作年 :2019年
上映時間108分
ジャンルヒューマンドラマ
監督  :是枝裕和
キャストカトリーヌ・ドヌーブ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディビーヌ・サニエ、クレモンティーヌ・グルニエ etc

 

今回も、「三度目の殺人」、「万引き家族」同様、結末を我々に預ける作品でした。

何が正解かを問う、作品を観た人が自由に考えて、好きなように満足させるのは、たまりませんでした。

特に、「万引き家族」の問題提起、本当の家族と他人同士の本当の家族を対峙させられた後だったので、どこで、共感したらいいのか悩む作品でした。

 

Amazonプライム会員ですと、いろいろな関連作品を無料で見られます!!

 

 

 

あらすじ

フランスの国民的大女優ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)が自分の生涯を描いた「真実」を出版する。

それを祝う為、アメリカで暮らす脚本家の娘のリュミール(ジュリエット・ビノシュ)が、テレビ俳優の夫のハンク(イーサン・ホーク)と娘のシャルロット(クレモンティーヌ・グルニエ)を連れて、長年戻っていなかった母の家に訪れる。

早速、母の自伝を読んだリュミールは、記憶にないエピソードがたくさん書かれており、我慢が出来なくなった彼女は母に苦情を言うが、ファビエンヌは何も感じません。

そうする内に、その自伝「真実」が火種となり、母と娘の間の心の奥にあった思いがあらわとなり、親子の行き違いがが少しづつ明らかになっていくが。

 

 

不器用な母親が頑張る!作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

プロの大女優として、一人の親として、どのような生き方が正しいのか?考えさせられました。

どんなに凄い人も、いっぱい苦しんでいるのを感じると、どこか勇気をもらいました。

女優として大成功しても、親としては、不器用でうまくいかない姿を見せつけられるのは、感慨ぶかかったです。

大女優であっても、頑張っている一人の親だった、子育て中の人へ、勇気と希望を与えてくれるほのぼのする作品でした。

 

母として、プロの女優として、自分のコントロールが下手くそなファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)がとても微笑ましかったです。

自分も不器用な父親なので、彼女が素直になれない、愛していると言えないのは、とても共感出来ました。

言いたいことを言ってしまう彼女は、ある意味凄い力だと思いますが、それによって色々なところへ波紋が。

でも、自分の正直を大切にしないと自分でなくなる。

自分らしく生きるって大変、それを母娘で描かれた作品ですね!

 

 

夫のハンク(イーサン・ホーク)の「幸せな家族を母親に見せて復讐したいんだろ」と言うのは、とてもヘビーですね。

本当に親子の思いが、何故許しあえないのでしょうか?

最後のシーンで、ファビエンヌは、「あの役は、あなたのために受けたの」と告白します。

不器用な親が精一杯の娘への愛を示します。

そして、彼女は、リュミール(ジュリエット・ビノシュ)へ「あなたとは、今のままで十分」と伝えるのは、とてもハートフルでした。

それに応えるように、リュミールは、娘のシャルロット(クレモンティーヌ・グルニエ)から、ファビエンヌへプレゼントを贈ります。

親子が和解できる瞬間は、それまでの蟠りを全て無くしてくれました。

 

思いを正直に表現出来ない親たちに見て欲しい作品です。

素直の大切さを、いっぱい教えてもらいました。

本当に何が大切か、自分の本当の気持ちがわかることは、幸せの第一歩になります。

家族同士がうまくいかない時は、自分の本当の姿にフォーカスすると、解決できるのでしょうね!

まとめ(おすすめ・考察)

本物のプロの大女優、不器用で娘とうまくいかない親、このギャップがこの作品の表現を深くしてくれました。

そして、家族のあり方、悩みを通して、何が幸せか、一呼吸おいて考えていました。

お互いの魅力を感じ、認め合うだけで、解決できる、そんな素朴な当たり前をそっと教えてくれるステキな作品でした。

 

こんな雨の日に 映画「真実」をめぐるいくつかのこと
是枝 裕和
文藝春秋
売り上げランキング: 4,726

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

海街diary

湘南で生活する異母妹の姉妹4人の共同生活を通し、家族としての絆を育む。

鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹へ、15年前に娘たちを残して家を出ていった父が亡くなった連絡が。

葬儀に出席するため山形へ向かった3人は、そこで異母妹の14歳の少女すずの存在を知る。

父が亡くなり身寄りいなくなったにも関わらず、葬儀の場でキリッとした彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと声をかける。

その気持ちを受けたすずは、香田家の四女として、鎌倉で新しい生活をすることになり、家族の暖かさを感じはじめる。

ジャンルヒューマンドラマ
監督  :是枝裕和
キャスト綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず etc

 

海街diary

海街diary

posted with amazlet at 19.10.18
(2015-12-16)
売り上げランキング: 40,465

今日も嫌がらせ弁当

持丸かおり(篠原涼子)は、娘の双葉(芳根京子)とコミュニケーションがうまくいかない。

そこで、「キャラ弁」で娘に嫌がらせをすることを思いつく。

次第に、そのお弁当で、コミュニケーションが始まる?

いつの間にか、二人が心を通わし始めるが、お互い素直になれない!

ジャンルヒューマンドラマ、青春
監督  :塚本連平
キャスト篠原涼子、芳根京子、松井玲奈、佐藤寛太、岡田義徳、村上知子、佐藤隆太 etc

 

今日も嫌がらせ弁当 Blu-ray&DVD豪華版
ポニーキャニオン (2019-12-18)
売り上げランキング: 1,093

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめ、お安く通販、電子書籍、音楽などが利用できます。

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です