オオバカナコが自分を必要とする!映画「Diner ダイナー(あらすじ)」

映画「Diner ダイナー」は、平山夢明の小説「ダイナー」を実写映画化。元殺し屋の天才シェフのボンベロの殺し屋御用達の食堂に、少女オオバカナコが売られる。

ボンベロにとって面倒くさい少女だったが、オオバカナコは、ストレートな接し方のボンベロに何かを感じ始める。

キャストは、ボンベロを藤原竜也、オオバカナコは玉城ティナ、スキンは窪田正孝、キッドは本郷奏多、ブロは武田真治がつとめる。

監督は、「さくらん」、「ヘルタースケルター」の蜷川実花がメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間117分
ジャンルサスペンス、アクション
監督  :蜷川実花
キャスト藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治 etc
スポンサーリンク

あらすじ

オオバカナコ(玉城ティナ)は、自分の進化を求め、日給30万のバイトが原因で、元人殺しのシェフのボンベロ(藤原竜也)の店に売られる。

でも、彼と共通の話題「食」があった。

彼に、ストレートな扱いを受けるオオバカナコは、自分の存在が、人に影響を与えていることに気付き始め、一歩踏み出し始めるが。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

人を信じないと自分を信じれなくなり、自分が自分を必要としなくなる。

そうしていく内に、自分がなんなのかわからなくなる。

今どきの若者の悩みなのでしょうか?

オオバカナコは、恐ろしい元人殺しのシェフのボンベロに、「お前は扱いにくい」と言われ、不思議と自分が人に関わっていることに気付きます。

ストレートな言葉から、自分と対峙して、自分が自分を必要としていることに気付きます。

ストリーは、バイオレンス?メチャクチャでしたが、自分探しのヒントがある映画でした。

 

普通、元人殺しの店で働くことになれば、それだけでどうしたらいいのかわからなくなります。

でも、オオバカナコは、怯えもせず、冷静に自分の安全を守る方法を考え出します。

度胸がありますね!

きっと、彼女がどこか崖っぷちだったから、出来たのかもしれません。

 

ダイナー (ポプラ文庫)
平山 夢明
ポプラ社 (2012-10-05)
売り上げランキング: 126

 

食が共通のテーマ?誰もが大切な内容です。

そこに、自分の居場所を見つけた二人は、なんとなく共鳴したのでしょう!

天才シェフのボンベロに魅力を感じ、彼を信頼していく彼女は、なんだかんだ言っても乙女ですね。

そんな純粋な気持ちで、自分が閉ざしていた人への気持ちを受け入れていきます。

彼女にとっての第一歩、どこかステキでした。

 

DINERダイナー 1 (ヤングジャンプコミックス)
河合 孝典
集英社 (2018-01-19)
売り上げランキング: 17,682

 

自分探しって、自分を否定することから始まる。

オオバカナコは、成長のキッカケをなかなか見つけられなかった。

きっと、不器用だったのでしょう。

ストレートに接してくるボンベロが、自分が気付けなかったことを教えてくれます。

ある意味、本当の友達以上です。

人と人の関係のあり方が、新鮮でステキな映画でした。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・お気に入り)

本当の自分を教えてくれる?

なかなか、そんな友達、親友はいません。

でも、利害関係がない人たちだと、簡単に教えてくれるかもしれません。遠慮がないでしょうけど。

なかなか、ストレートに人のダメ出しは、出来ません。

素直にそのダメ出しを受け入れると、自己成長がスムーズにできると思います。

ストレートにその人いいとこ、わるいとこを教えてあげるのは、大事なことだと、教えられる作品でした。

 

 

 

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

人が追い込まれたら、人間が人間でなくなる。

ただ、その状況だけで、恐ろしい行動をチョイスする?

冷静に行動することが、出来なくなる。怖い映画です。

ジャンルホラー
監督  :中田秀夫
キャスト藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力 etc

 

 

 

22年目の告白-私が殺人犯です-

自分が殺人犯だと告白する、前代未聞のストーリーです。

その本当の真意が、最後までわからない、最後まで楽しめる作品です。

人が、凄い生き物だとわかりました。

ジャンルサスペンス
監督  :入江悠
キャスト藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平 etc

 

22年目の告白-私が殺人犯です-
(2017-09-06)
売り上げランキング: 3,087

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめます(期間限定の場合があります)。

 

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です