ミュウツーの苦悩をサトシとポケモンのふれあいで解決!映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(ネタバレ・感想)」

映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」は、1998年公開のポケモン映画シリーズ第1作で、世界で認められ、未だ海外で日本映画興行収入NO.1の「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」をフル3DCGで、リメイクした作品です。

人間のエゴで生まれてきたミュウツーの苦悩を描く!

キャストは、お馴染みのメンバーで、サトシは松本梨香、ピカチュウを大谷育江、ムサシを林原めぐみ、コジロウを三木眞一郎、ニャースを犬山イヌコがつとめる。

監督は、これまでの数々のポケモン映画をてがけた湯山邦彦、「ルドルフとイッパイアッテナ」の榊原幹典がメガホンをとる。

作品情報

製作年 :2019年
上映時間98分
ジャンルアニメ、アドベンチャー
監督  :湯山邦彦、榊原幹典
キャスト松本梨香、大谷育江、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコ etc

あらすじ

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」、そんな純粋な冒険者の前にしか現れないと言われる伝説ポケモン・ミュウ。

ついに、自分の欲求に支配される科学者が、ミュウの化石を発見する。

人間のエゴによって、人工的にミュウツーがつくられるが、ミュウツーは、自分を受け入れるためにとった行動とは?

人間とポケモンが信頼し合う、それを見たミュウツーは、何を感じたのか?

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

今更ですが、「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」は、3バージョン(劇場版、劇場版+ミュウの誕生、劇場版+サトシとピカチュウの出会い)あります。

すべて見たくなりました。

「日本映画初の週間興行ランキング初登場第1位」になった凄い作品です。

その理由は、人工生命体として作られたミュウツーが、自分の意味、それを知るために苦悩する。

アニメショーンとしては、とても重い作品です。

サトシとピカチュウの信頼関係、お互いを必要としている姿を見て、人間への復讐がとてもちっぽけなことと気付きます。

過去にとらわれないで、未来にフォーカスして生きる、そんな大切さを教えてくれるステキな作品です。

 

人、ポケモンは、決して悪にならないと思います。

ひたすら、正しいことを伝えて、理解を促しさえすれば。

感情的になれば、怒りしかうまれません。

でも、正しい形で、時間を懸けて、伝えればきっと伝わるものです。

ほんのちょっと、未来にフォーカスするだけです。

なぜなら、過去は変えられません。

ミュウツーは、争いからは何も生まれないを悟り、新しい仲間と未来をともにすることが、幸せになる一歩と気付きます。

 

サトシの為に、ピカチュウが思いっきり悲しみます。

その本物の涙に、他のポケモンが共鳴して、全てが解決に向かう。

昔、飼い猫が亡くなった時、家族全員で涙を流しました。

その時の気持ちにつながるものがあります。

たとえ動物でも、お互いが、ずっと一緒にいると、家族になり、それ以上になります。

 

もふもふのピカチュウを抱きしめたくなりました。

そんな純粋な気持ちが、ポケモンと人間を結びつけているのでしょうね!

そんな心地良のいい映画でした。

家の猫を、いっぱい抱きしめてあげたくなりました。

まとめ(おすすめ・お気に入り)

生あるものは全ては、同じ価値があるべきだと思います。

そして、お互いを正しく認め合う。

言葉でいうと簡単なのですが、何故できないのでしょうか?

自分の利益、主義主張、ガマンをすることは難しいかもしれませんが、あのピカチュウや他のポケモンの瞳をみると、心が落ち着きます。

人間の赤ちゃんの瞳を思い出してください。

きらきらして、澄んでいて、吸い込まれそうです。

それは、なんの力もない赤ちゃんが、自分の身を守る為に、そのような瞳になっているそうです。

何か、自分のエゴかどうかをジャッジする時、その瞳に問うてみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

名探偵ピカチュウ

日本ゲーム発で、世界中の子供に大人気の「ポケットモンスター」シリーズが、ハリウッドで映画実写化。

父親と確執があるティム(ジャスティス・スミス)が、父ハリーの死で、人間と共存するライムシティへ向かう。

父の部屋で人間と会話ができるピカチュウに出会い、そのピカチュウは、父ハリーがまだ生きていると訴えるが。

ジャンルサスペンス、アドベンチャー、アクション
監督  :ロブ・レターマン
キャストライアン・レイノルズ、ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン、渡辺謙 etc

 

 

 

アリータ:バトル・エンジェル

木城ゆきのSF漫画「銃夢(ガンム)」(ビジネスジャンプ)を、ジェームス・キャメロンの脚本・制作で、ハリウッド実写映画で制作。

テクノロジーが人と人の境目をなくす?

かわいい女の子のサイボーグが、人の心の暖かさにふれて、本当の親子、本当の恋人に変わっていく。

とても、心に響く作品です。

ジャンルSF、アクション
監督  :ロバート・ロドリゲス
キャストローサ・サラザール、クリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー etc

 

アリータ:バトル・エンジェル (字幕版)
(2019-07-31)
売り上げランキング: 17,363

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめます(期間限定の場合があります)。

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です