ダンスで自分らしさに気づく彼女が素敵な映画ダンスウィズミー(ネタバレ・感想)

ダンスウィズミー

映画「ダンスウィズミー」は、「スウィングガールズ」、「ハッピーフライト」の矢口史靖(監督・脚本・原作)のミュージカルコメディ作品。

個性が強いキャスト達は、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシらと、オーディションで抜てきされた三吉彩花が主役をつとめる。

ミュージカルに疎い人にとっては、ミュージカル超映画入門用として、ぜひ、トライしてもらいたい作品です。

ミュージカルに縁遠い出演陣が、全員参加型の素晴らしいミュージカルを奏でることができるのか?

最後まで、目を離せないワクワクドキドキのストーリーが、たまらない作品です!

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間103分
ジャンルコメディ、ミュージカル
監督  :矢口史靖
キャスト三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明 etc

 

オーディションで選ばれた三吉彩花は、クランクインの2カ月前より、本作の為の役作りを行いました。

ミュージカル演技の歌やダンスの練習の他、ポールダンス、テーブルクロス引きなどのカリキュラムを、いっぱいこなしてます。

クランクイン後も歌とダンスのトレーニングを続け、練習時間は合計で250時間ぐらいになったそうです。

舞台挨拶で、「日本のミュージカルとして発信していいのかと。。」と言うぐらいでしたので、辛い戦いだったみたいです。

 

グッモーエビアン!

グッモーエビアン!

posted with amazlet at 19.08.17
(2013-11-26)
売り上げランキング: 77,641

 

スポンサーリンク

あらすじ

エリート路線の勝ち組OL鈴木静香(三吉彩花)は、幼いころの苦い思い出で、ミュージカルがトラウマとなっていた。

ある日、姪っ子と訪れた遊園地で、怪しげな催眠術師(宝田明)に、「曲が流れると歌って踊らずにいられない」という“ミュージカルスターの催眠術”をかれられます。

その日から、静香は街中にあふれるメロディや携帯の着信音など、音楽を聞くと、踊らずにいられなくなります。

催眠術を解いてもらう為に、再び催眠術師のいた遊園地に訪れた静香だったが、そこは既にもぬけの殻となっていました。

困り果てた彼女は、催眠術師の助手をしていた千絵(やしろ優)とともに、催眠術師の行方を捜すことに!

 

 

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

頑張りすぎていた鈴木静香は、生活になにか物足りなさを感じていました。

彼女は、小学校の頃のミュージカル発表会で失敗したことが、どこか心残りで、さらにトラウマにもなっています。

そんな時、変な催眠術師によって、音楽を聞くと踊らずにいられなくなり、生活に支障をきたし、途方にくれます。

でも、どこかそれが自分の正直な心に響きはじめ、それを受け入れることになるのは、コミカルで痛快でした。

人って、頭の中だけで考えてしまいますが、実際、手足、体全体を使ってみると、思わぬ自分を気づかせてくれるものですね!

 

この作品は、静香が催眠術にかかったことで、自分の子供の頃に見ていた夢、気持ちにタイムトラベルさせられます。

彼女は、ビジネス上ではサクセスを手に入れる列車に乗っていましたが、それが最高の人生なのでしょうか?

正直、彼女が一流企業のステイタスを捨てるシーンは、辞めとけばいいのにと思いました。

私は、大人なのでしょうか?夢がないのでしょうか?自分に正直になる勇気がないのでしょうか?

でも彼女は、自分のトラウマを乗り越え、清々しい自分を手に入れます。

カッコよかったです!

 

ダンスウィズミー

ダンスウィズミー

posted with amazlet at 19.08.17
オリジナル・サウンドトラック 音楽:Gentle Forest Jaz Band/野村卓史
ワーナーミュージック・ジャパン (2019-08-14)
売り上げランキング: 599

 

勝手に踊ってしまう自分に困ってしまい、病院に行くなんて、さすがエリート、考え方が違うなと関心しました。

お医者さんが、本当に、彼女のかかった催眠術が心配になり、すぐに、MRIなどの精密検査を行います。

とても、コミカルで笑えました。

 

あおり運転で、ヤンキーに絡まれ、捕まりますが、ダンスで仲良くなるシーンは、予想通りで楽しかったです。

音楽、ダンスで、お互いが共感するのは、気持ちがいいものです。

ヤンキーも、同じなので、ホッとしました。

個人的には、車に搭載された、でっかいスピーカーに目がいき、若い頃、東京の湾岸線の大黒埠頭に遊びに行ったことを思い出しました。

 

最近、瞳で自分の気持を訴える女優がとても、印象に残ります。

とても、静香の表情が真剣で判りやすいのが、とてもいいですよね!

作品の中で、彼女は、非常に困っている表情を出す、でも、笑わずにいられない。

こんな、ギャグは、直球勝負で楽しめますね!

最後に、屋上でキャストが勢揃いして、みんながいい表情を見せてくれるシーンは、「カメラを止めるな!」の最後同様、全員参加の作品であることの意味と重なり心が熱くなりました。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・考察)

ミュージカル映画が好きな人にとっては、物足りない作品になっていると思います。

でも、ミュージカルが苦手だという人に見てほしい、ミュージカル映画の入門にピッタリの作品です!

その理由のひとつに、懐かしい曲のチョイスが、たまらなかったです。

カバーされたことが多い曲なので、意外と若者でも受け入れやすいと思います。

 

作品中の懐かしい曲Act Show  :少年隊
夢の中へ      :井上陽水(1973年)
年下の男の子    :キャンディーズ(1975年)
ウェディングベル  :Sugar(1981年)
タイムマシンにお願い:サディスティック・ミカ・バンド(1974年)

 

最後に、サディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにお願い」で締めくくられますが、私の世代でも危うい曲です。

映画に使われたので、もう一度流行ってもらいたいですね!

 

 

 

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

さよならくちびる

不器用な二人のふれあいを、思い出で二人の気持ちをつないでいく。

彼女たちが何を感じ、何を選ぶのか?

切ないけど、彼女たちのチョイスを認めたくなる心地いい作品です。

最後まで、サプライズを期待しても、決して裏切らないのが良かったです。

歌い続けることで、彼女らの下手くそなコミュニケーションを解決するステキな作品です。

ジャンル青春、音楽、ラブストーリー
監督  :塩田明彦
キャスト小松菜奈、門脇麦、成田凌 etc

 

さよならくちびる [Blu-ray]
ギャガ (2019-10-25)
売り上げランキング: 1,278

 

 

小さな恋のうた

ジャンルドラマ、青春、音楽
監督  :橋本光二郎
キャスト佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁 etc

 

【Amazon.co.jp限定】小さな恋のうた(Amazon.co.jp特典:非売品プレス付) [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2019-11-13)
売り上げランキング: 1,452

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめ、お安く通販や電子書籍が音楽などにも利用できます。

 

 

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です