スパイダーマン ホームカミング(ネタバレ)アイアンマンが先生に?

スパイダーマン:ホームカミング (字幕版)

映画「スパイダーマン ホームカミング」は、主人公として、「マーベル・シネマティック・ユニバース」に参戦した第1弾です。

マーベル作品に帰ってきたので、題名にホームカムイングが入っているらしいです?

キャストは、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」からのトム・ホランド、「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のマイケル・キートン、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」のジョン・ファブロー、「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr.がつとめる。

監督は、「COP CAR コップ・カー」で注目を浴びるたジョン・ワッツがメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間133分
ジャンルSF、アクション
監督  :ジョン・ワッツ
キャストトム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファブロー、ロバート・ダウニー・Jr.、ゼンデイヤ etc
スポンサーリンク

あらすじ

15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)からもらったスパイダーマンスーツを使い「正義」を守る?

気を焦るあまり、失敗ばかり。

アベンジャーズの仲間入りを目指すピーターは、トニーの忠告を無視してひとりで戦いに挑むのだが。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

魔法のスーツを手に入れた少年が、本物のヒーローになるた為に必死で頑張る。

勇気は最高にあるのに、空回りばかりです。

自分が選ばれたヒーローだと信じて、真っ直ぐに走り始めるが。

トニーにスーツを取り上げられて、自分に何が足りないのかを気付いていきます。

そして、一人の少年が大人になるストーリーが、かっこよかった作品です。

 

私のメンター(樺沢紫苑先生)は、失敗をしたことがないと言われます。

経験を積んだので、一歩前に進んだとアドバイスしてくれます。

ピーターは、まさにそれを実践して、大きくなりました。

「スーツがなくても、正義を守れなければダメだ」、とても格好いい言葉ですね。

あのわがまま社長のトニーが、大人の発言をするって、アベンジャーズでだいぶ鍛えられたのかもしれません(笑)!

 

その本当の意味を理解して、無力なスーツを着て、一人で戦う勇気がるって、凄かったです。

ピーターは、無鉄砲ですが、本当の「正義」のヒーローでした。

「失敗」は、経験の為の成長過程です。

この作品は、「失敗」を恐れなければ必ずうまくいく、そんな勇気を与えてくれました。

どんなヒーローも、最初は、ヒーローでなかった。彼らにも、成長の大切なステップアップがあることを教えられました。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・お気に入り)

本物のヒーローって、苦しい自己成長の通過点を知っています。

アイアンマンのトニーが、知っているように思えませんでした。

でも、志の大切さをピーターにレクチャーする。

本物のヒーローが次の世代を育てる、意味のある作品だと思います。

大人の考え、都合、子供の考え、都合を対比させながら、ドラマチックで純粋な感じが心に響きました。

これが、アベンジャーズの今後の展開に続くのでしょうね!

 

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

アベンジャーズ エンドゲーム

マーベル・コミックが生んだ同一の世界観でヒーローが活躍する「アベンジャーズ」シリーズの最終章。

前作で、強大な力を持つラスボス・サノスに全人類の半分を消し去られ、敗北したアベンジャーズが、残ったメンバーで再集結して世界と仲間の為に立ち上がる。

 

ジャンルSF、アクション
監督  :アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
キャストロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、ポール・ラッド etc

 

 

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

一流レストランの元総料理長がフードトラックで、アメリカ横断の旅をする。

コメディでありなが、ハートフルな子供とのコミュニケーションで父性を感じる作品です。

 

ジャンルコメディ、ヒューマンドラマ
監督  :ジョン・ファヴロー
キャストジョン・ファヴロー、ソフィア・ベルガラ、ジョン・レグイザモ etc

 

シェフ 三ツ星フードトラック始めました (字幕版)
(2015-05-13)
売り上げランキング: 37,770

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめます(期間限定の場合があります)。

 

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です