映画「マスカレード・ホテル(あらすじ・木村拓哉)」犯人は誰だ!

映画「マスカレード・ホテル」は、東野圭吾のミステリー小説の映画化。

連続殺人犯が次に選んだ殺人計画は、ホテルがキーワード。

プロの警察官とホテルマンが、事件に真剣に立ち向かううちにお互いを認め合う。

主演は、「HERO」シリーズの木村拓哉、「50回目のファーストキス」の長澤まさみ。

監督は、「HERO」シリーズの演出をした鈴木雅之が、メガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本。

作品情報

製作年    :2019年
上映時間   :133分
ジャンル   :サスペンス、ミステリー
監督     :鈴木雅之
キャスト   :木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世 etc

あらすじ

謎だらけの連続殺人事件が3件、発生した。

警視庁捜査一課の新田刑事(木村拓哉)は、犯行現場に残された数字が犯行現場を指すことを突き止める。

次の犯行現場は、ホテル・コルテシア東京とわかり、新田ら警官が、ホテルの従業員を装って、潜入捜査を行う。

ホテルを心から愛するフロントクラーク山岸(長澤まさみ)が、新田を指導することになる。

お互い、各々のスペシャリストして、ぶつかりながら、犯人逮捕に向けて力を合わせていくことに。

作品を見て感じたこと(感想)

分野の違うプロフェッショナルが、それぞれの立場で本気でぶつかり合う。

かっこいいですね。

唐沢寿明が主演した「みんなのいえ」を思い出しました。

私は経理ですが、会計事務所の職員とぶつかりあいました。

目的がひとつでも、立場、状況で、「正しい」が違います。

大人ですと、話し合って解決するのが一番ですが。

プロになればなるほど難しくなります。

でも、それを乗り切る力があることが、本当のプロだと思います。

私は、まだ、修行中ですので悪戦苦闘しています(笑)。

 

犯人が最後の最後までわからない。

映画はこうでなければと思います。

関連事項を一つ一つ、元相棒の能勢(小日向文世)が紐解いてゆく。

いいタッグですね。

私は、最後の最後まで犯人がわからない映画が大好きです。

でも、何人か候補が思いつくぐらいがいいですね。

みなさんの好みはいかがでしょうか?

 

「50回目のファーストキス」で、彼女のファンになりました。

長澤まさみファン初心者ですが、また、新しい魅力を発見しました。

彼女は、努力家みたいで、木村拓哉の職人肌に共感したみたいです。

彼女もまた職人肌で、映画を見ている人が喜ぶ作品になるように、女優を演じるそうです。

そんな、凄い役者さんたちが一つの作品を作ったのだと思うと、見た後でもワクワクが増してきますね!

 

マスカレードの意味を知っていましたか?

仮面という意味です。

落ち着いてみると、二つの意味をその言葉を絡ませていることに気づきます。

一つ目は、犯人が仮面を被って、ホテルで犯行を行う。

二つ目は、ホテルのお客が、仮面を被って、普段の生活から開放される。

前者は、映画自身の本題ですが、二つ目は、奥が深いと思いました。

人間の欲望、本当の自分をさらけ出す場所がホテル?

原作者の東野圭吾は、どちらを伝えたかったのでしょうか?

最近見た海外ドラマ「ウエストワールド」を思い出します。

人の本当の姿、心、欲求それがあるホテルを教えられて、ちょっと恐ろしくなりました。

みんな、何某か我慢して生きているので、吐き出せる場所が必要ですもんね。

そうゆう事が必要ないように、心を健康に保って、楽しく生きていきたいです!

まとめ

色々な人が行き交うホテルを舞台に、色々な意味を一つの作品で表現されていると思います。

特にプロフェッショナルの意味を教えてもらいました。

この作品の主役の二人は、判断ミスで事故が起きたら、仕事を辞める覚悟を持っています。

そんな気持ちで、仕事をしたことがありません。

仕事に対する意識を変えないと行けない思いました。

時間売りの感覚で仕事をしている人が、多くなった気がします。

それが正しい、正しくないとは思いません。

でも、様々なニーズを持った社員が、一つの会社で働くわけですから、お互いを認めあえる環境を作っていきたいですね。

合わせてみよう(関連作品等)

みんなのいえ

昔の大工職人とアート志向の設計のプロが、ガチでぶつかる痛快な映画です。

でも、お互いのプロの技術を見た時、お互いを理解し始める。

楽しいだけでない、素敵な映画です。

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます。

監督  :三谷幸喜
キャスト:唐沢寿明, 田中邦衛, 田中直樹 etc

みんなのいえ

みんなのいえ

posted with amazlet at 19.09.13
(2013-11-26)
売り上げランキング: 50,881

ウエストワールド

人の醜い心にフォーカスするだけでなく、アンドロイドが人を超える、同じになる過渡期をテーマにした作品です。

人の本性は、本当は恐ろしいことを教えてもらいました。

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます。

監督  :マイケル・クライトン
キャスト:アンソニー・ホプキンス, エド・ハリス, ジェームズ・マースデンetc

目覚め

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です