映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム(ネタバレ)」心の怯えとエゴが生むものとは?

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」は、米澤穂信の心理サスペンス小説の実写映画化。

人間の心の怯え、エゴが交差して、人間が人間でなくなる。

キャストは、「デスノート」の藤原竜也、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「人間失格」の石原さとみがつとめる。

監督は、「リング」シリーズの中田秀夫がメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2010年
上映時間107分
ジャンルホラー
監督  :中田秀夫
キャスト藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力 etc
スポンサーリンク

あらすじ

時給11万2000円で実働7日間の求人広告に10人の男女が参加する。

24時間監視されるものだが、銃による死者が出て、参加者はお互い不安になり、自分のことだけを考えるようになる。

そして、自分を守るために、それぞれがとった行動が!

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

心の怯え、エゴが交差して、人間が人間でなくなっていく。

そして、人が人を傷つける。

人間は、追い込まれると、自分を抑えられなくなり、何をするのかわかりません。

それを実験?動画で流して、究極の精神状態の破壊を見世物にして、お金儲けのエンターテイメントにする。

人間の本性を知る、恐ろしい映画です。

インシテミル (文春文庫)
米澤 穂信
文藝春秋
売り上げランキング: 104,057

 

人が人を裁く?何が解決できるのでしょうか?

一旦、人を安心に導く。でも、それによって、苦しみを受けるものが、新たな罪を犯す。

悲しいことです。

 

結城理久彦(藤原竜也)が人を人に戻そうとする姿が、めちゃくちゃかっこよかったです。

自分にはなかなかできません。見て見ぬふりをしてしまうかもしれません。

彼は、一番おどおどしている感じを受けましたが、とっても冷静で勇気がありました。

自分も困難にぶち当たった時、彼みたいに自分の正義を通せる人間になりたいです。

 

追い込まれた時、どうやったら、冷静な自分をキープすることができるのでしょうか?

最後まで、諦めないで、人を信じる、人を守る、人を支える、そんな正しい規範が、この映画のメッセージだと思います。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・お気に入り)

最後のシーンで、賞金のお金を捨てるシーンがあります。

やっとの思いで、獲得したのに。

彼の気持ちは、どうだったのでしょうか?

醜い人間を見て、自分の無力さを感じ、耐えられなかったのだと思います。

また、お金より大切な命、それをそっと伝えてくれた作品でした。

 

 

 

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

ミュージアム

小栗旬が、いつものキャラクターと違う過激な作品にチャレンジした作品です。

沢村(小栗旬)は、犯人を追い詰めていくが、犯人の罠にはまり、究極の選択を迫られる。

ジャンルサスペンス、ホラー、アクション
監督  :大友啓史
キャスト小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己 etc

 

ミュージアム

ミュージアム

posted with amazlet at 19.07.02
(2017-02-16)
売り上げランキング: 85,262

セブン

7つの大罪に基づいて殺人を行う犯人を特定する。

定年間近な刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と若手刑事ミルズ(ブラッド・ピット)は、その犯人に狙われ驚愕の事件が起きる。

とても耐えられない、シーンの連続です。

ジャンルサスペンス
監督  :デビッド・フィンチャー
キャストブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、R・リー・アーメイ etc

 

セブン (字幕版)

セブン (字幕版)

posted with amazlet at 19.07.02
(2013-11-26)
売り上げランキング: 76,787

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめます(期間限定の場合があります)。

 

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です