ルフィの正義がテゾーロを倒す!映画「ワンピース フィルム ゴールド(ONE PIECE FILM GOLD 感想)」

ONE PIECE FILM GOLD

映画「ワンピース フィルム ゴールド(ONE PIECE FILM GOLD)」は、尾田栄一郎総合プロデュースの「ONE PIECE」長編劇場版のシリーズ13作目。

世界最大カジノのエンタテインメントシティ「グラン・テゾーロ」で、ルフィがお金の支配と戦い、自分の信念を突き通す!

キャストは、レギュラー声優陣のほか、満島ひかり、濱田岳、菜々緒、北大路欣也らが、ゲスト声優をつとめる。

監督は、TVシリーズの三代目シリーズディレクターを務めた宮元宏彰がメガホンをとる。

作品情報

製作年 :2016年
上映時間120分
ジャンルアクション、アドベンチャー、アニメ
監督  :宮元宏彰
キャスト田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平 etc

 

尾田栄一郎総合プロデュース作品の「ワンピース フィルム ゼット(ONE PIECE FILM Z)」に続く作品です。

「原作に縛られず1から作ったほうがいいんじゃないか」をキーワードに作られた本作は、「ジェットコースターみたいな映画」になったと、尾田栄一郎は、感想を述べています。

また、シンプルでドキドキするエンターテインメント重視のストーリを目指して、制作されました。

 

あらすじ

ルフィ達は、テゾーロが占拠する世界最大カジノのエンターテイメントシティ、グラン・テゾーロにやってきます。

「ラキラキの実」の能力者バカラ(菜々緒)の案内のもとに、カジノを楽しむルフィ達だか、そこには罠が!

世界政府すら手を出すことのできない「ゴルゴルの実」の能力者グラン・テゾーロ(山路和弘)が、自分の野望のためだけに世界を支配しようとする。

ルフィ達が、それに立ち向うが。

作品を見て感じたこと(感想)

善と悪、社会の矛盾、いじめ、格差社会、現代社会の身近にある問題に、向き合うルフィ達が格好いい作品でした。

諦めない、勇気があるルフィ達が、何を求め、何を守るのか!

お決まりのストーリーですが、決して飽き飽きしない新鮮な映画でした。

 

大人たちが、無謀な欲求でギャンブルをして、借金を作ってしまいます。

それによって、家族、子供たちの夢や希望を奪ってしまいます。

その借金を返すために子供たちが、働かなければなりません。

無力で、希望を持っていない子供たちが、ルフィ達を見て、勇気をもらい立ち上がるります!

ベタですが、心に響きました。

 

ONE PIECE FILM GOLD Blu-ray スタンダード・エディション
ポニーキャニオン (2016-12-28)
売り上げランキング: 2,442

 

ロロノア・ゾロ(中井和哉)が囚われてしまいます。

彼を救うために、仲間たちが力を合わせます。

そこに、敵側のはずのカリーナ(満島ひかり)が力を貸す?

彼女は、ナミ(岡村明美)と深い関係があり、最後まで目が離せませんでした。

結局、お互いを信じ合い、それが敵のテゾーロを倒す原動力になり、みんながハッピーになるところは、痛快ですね!

 

「正しい」をうまくリブートして、全てが、みんなが納得して終わる。

ワンピースの魅力が全開の映画でした。

何故、ワンピースが人気者か考えてみると、自分たちが持っているわだかまりを、気持ちよく解決してくれるからです。

信じれる仲間同士が、お互いを認めあえることで幸せを感じるを、ストレートに表現してくれます。

痛快だけでない、心の拠り所を楽しく伝えてくれた作品でした。

まとめ(おすすめ・考察)

今回の作品のお気に入りの能力者は、「ラキラキの実」のバカラ(菜々緒)でした。

人の運を吸い取って、その運を使い切り、滅びていく、ちょっと滑稽でした。

ズルい人の末路が、期待通りで、ちょっとスカッとしました。

彼女との戦いで、途中、ウソップが逃げ出します。

でも、スロットを取りに行き、彼女を攻略するシーンは、とても印象的でした。

運に頼るのではなく、自分自身で努力して、成果を出さないと、結局しっぺ返しがある、そんな当たり前を教えてくれました。

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

少年のままでいるのは、おかしなことでしょうか?

ゲームの世界を通して、自分の再発見をできる、そんなステキな作品です。

万人向けではありませんが、心の隙間に何かを与えてくれる映画です。

ジャンルアニメ、アドベンチャー
監督  :八木竜一、花房真
キャスト佐藤健、有村架純、波瑠、坂口健太郎、山田孝之 etc

 

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁
スクウェア・エニックス (2010-03-04)
売り上げランキング: 6

 

 

スパイダーマン:スパイダーバース

大人達が、少年を成長させる?時に優しく、時に厳しく。

人生の規範をソフトに教えてくれる素敵な映画です。

ジャンルSF、アクション
監督  :ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
キャストシャメイク・ムーア、ジェイク・ジョンソン、ヘイリー・スタインフェルド etc

 

スパイダーマン:スパイダーバース (字幕版)
(2019-06-26)
売り上げランキング: 807

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめ、お安く通販や電子書籍が音楽などにも利用できます。

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です