映画「深夜食堂(あらすじ・小林薫)」食のドラマがおすすめ!

映画「深夜食堂」は、安倍夜郎の人気漫画の深夜ドラマが大人気となり、待望の映画化。

メニューは、酒と豚汁定食だけだが、頼めば何でも作ってくれる寡黙なマスターと、そこに集まるお客たちの人間模様を描く。

心も胃袋もやさしく沁みわたるドラマ。

キャストは、小林薫、高岡早紀、柄本時生、多部未華子らがつとめる。

監督は、「歓喜の歌」の松岡錠司がメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2015年
上映時間119分
ジャンルヒューマンドラマ、コメディ
監督  :松岡錠司
キャスト小林薫、高岡早紀、柄本時生、多部未華子 etc
スポンサーリンク

あらすじ

マスター(小林薫)には、悩みがあった。

数日前に、お客が忘れた骨壷を預かっていたが、取りに来ない。

ナポリタン、とろろご飯、カレーライスと素朴なメニューで、お客の喜怒哀楽を和ましていくうちに、骨壷の持ち主は現れるのか?

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想・考察)

食事って、最高のコミュニケーションですね!

色な人が交差する食堂を見つけたいです。

最近、行きつけの店がないので、ちょっと羨ましいです。

お店に行くと、「お帰り」と言いてくれるお店、欲しくありませんか?

この映画を見ると、昔、よく行ったお店を懐かしくなり、それを思い出して心が落ち着きます。

誰しも、心の拠り所があると、ホットします。そんな場所を見つけましょう!

 

よく、「小林薫」が原作のマスターにピッタリと聞きますが、私は、そう思いません。

漫画では、イカツイ親父という感じで、ドラマ・映画では、父性を感じるお父さんです。

この歳になっても、相談したら、アドバイスをしてくれたり、黙って愚痴を聞いて欲しいものです。

こんな都合のいい事言うのは、恥ずかしいです。

でも、このようなお店は、心のビタミンになります。

それが私にとっての「深夜食堂」です。

人が集まるところには、なにか訳があります。

それに気づいて、そこで自分にエネルギーを充電して、日々の生活を乗り越えていこうと思います。

深夜食堂

最近、コミュニケーションが苦手な人が増えているような気がします。

この食堂のマスターは、言葉数が少ないですが、「聞く力」で存在感があります。

本気で、話を聞いているのでしょうね。

そして、その人のGOOD、BESTアドバイスを考えてくれる。

凄すぎます。

傾聴は、難しいと言われます。

「傾聴力」を当たり前の武器にして、コミュニケーションのパワーを最大限にしていきましょう!

 

このシリーズは、「人に認められたい」欲求を満たす作品ですね。

真剣に話を聴く、これだけで、相手を認めたことになる。

そうすれば、相手が自分を認めてくれる。

いい循環ですね。

簡単そうで、なかなか出来ていませんが、いい意味で先回りできる自分作りを頑張っていきます。

「人に認められたい」人が見ると、いいヒントがGet出来るかもしれませんね!

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ)

ドラマ、映画と合わせて原作の漫画を読んでみると、沁みわたることがあります。

ありふれた生活で、些細なことに喜ぶ、驚く、気づく。

そんなヒントがいっぱいの作品です。

多くの人が、普段の忙しい生活で、目先のことだけにフォーカスして、色々なことへのアンテナがおろそかになっています。

素朴な食事で、その本当の美味しさに気付き、自分の目が盲目になっていたことがわかります。

忙しさや、自分の欲求で、見えなかったことを食で解決してくれます。

私は、朝、豆を挽いて、コーヒーを淹れます。

その時の心の状態で、味の感じ方が変わることに気付きました。

そこで、その味で、体調、心の状態を理解して、一呼吸をおくようにしています。

ちょっとした工夫で、自分の状態を理解して、ベストへ改善したり、無理をしないようにして、パフォーマンスのいい行動をしましょう。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

孤独のグルメ

ただ食べていることを実況中継している作品ですが、なぜか自分の足りないものを埋めてくれます。

輸入雑貨を営む井之頭五郎(松重豊)が、立ち寄った街で、何も知らない飲食店で食事をするだけのストーリーです。

そのお店で、ワイルドに食べたいものを食べまくります。

でも、その食事に何かノスタルジック、奥ゆき、そして自分への満足を感じていきます。

たったそれだけで、見ている我々も満足を感じてしまう不思議な作品です。

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます(期間限定の場合があります)。

ジャンルヒューマンドラマ
原作  :久住昌之
キャスト松重豊 etc

孤独のグルメ

家族はつらいよ2

普段の生活では、気付かなかった家族の大切さを教えてくれる作品です。

周造(橋爪功)は、車の運転が、年とともに車をよく当てたりするようになり、不安になってきました。

それを心配する家族達が、運転をやめさせる為に、説得の家族会議を行うことに。

その日の朝、大変なことが起こってしまう。

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます(期間限定の場合があります)。

ジャンルコメディー、ヒューマンドラマ
監督  :山田洋次
キャスト橋爪功, 吉行和子, 西村まさ彦 etc
スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です