映画「キングコング 髑髏島の巨神」リブート続編がゴジラを超える?

映画「キングコング 髑髏島の巨神」は、アベンジャーズファンにとってはたまらないキャストが集結した、8作目のキングコング映画です。

また、日本映画のDNAが注入された作品なので、日本人が頷けるシーンや、共感ができる考えがいっぱいです。

キャストは、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストン、「キャプテン・マーベル」のブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンら、アベンジャーズシリーズの顔ぶれが集結。

監督は、日本映画をリスペクトしているジョーダン・ボート=ロバーツがメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2017年
上映時間118分
ジャンルSF、アクション、アドベンチャー
監督  :ジョーダン・ボート=ロバーツ
キャストトム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン etc
スポンサーリンク

あらすじ

神話の中に存在する髑髏島が発見され、未知の生物を求め探索が。

そこには神に値するキングコングが、その島の平和を守っていた。

それを知らない人間たちが、自分達の欲求の為に、その秩序を壊してしまうが。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(感想)

人には踏み入れてはいけない場所があります。

自分たちの欲望の為に、そこに踏み入れてしまい、神の怒りに触れてしまいます。

その代理がキングコングかもしれません。

キングコングが、その島の平和を守っていた事を知らない人間たちの愚かさを教えられました。

 

キングコングは、ただ、島の平和を守っているだけです。

それによって、安全で幸せに生きている人々がいます。

一部の人間の欲望の為に、自然を破壊され、邪悪な生き物との均衡が崩れ、キングコングが怒ります。

その破滅への道が、映画「地獄の黙示録」と重なるシーンでした。

キングコングがヘリコプターを全て破壊して。

 

どこか、日本映画の「ゴジラ」みたいに、モンスターが人間の犠牲になります。

それによって、何も関係のない人たちが死んでいきます。

特に、ベトナム戦争が集結して、やっと家族のもとに帰れることになった兵士が、次々と死んでいく。

ギャップが大きすぎて、心がつまりました。

自分たちの欲求が、自分以外の人たちに影響する。

それを理解して行動しなさい、それを教えてくれる作品でした。

スポンサーリンク

まとめ(考察)

この作品は、日本映画をイメージしながら見ると、キャラクターの行動の真意、モンスターが現れた意味などを楽しめます。

特に「ゴジラ」映画のように、モンスターと人間の対峙が、肝だと思います。

地球には、人間だけでなく、いろいろな生物たちが存在して、全てが平等に生きる権利があります。

誰かが、何かをするとそれに対して、何かを失う。

その均衡を守っていたのが、日本の「ゴジラ」です。

キングコングは、まさにそれに当たります。

モンスター映画ですが、人としてあるべき姿を教えてくれる映画でした。

モンスターバースシリーズが、どんどん量産されますので、楽しみがいっぱいですね!

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

シン・ゴジラ

12年ぶりの、東宝オリジナルのゴジラ映画。

「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの監督作品ですので、エヴァファンにとっては、たまらないリズム感だと思います。

海外でも、ゴジラ人気は凄いですが、本家の日本版ゴジラは、いいですね。

Amazonプライム会員ですと、無料で楽しめます(期間限定の場合があります)。

ジャンルSF、アクション
監督  :庵野秀明(総監督), 樋口真嗣
キャスト長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾 etc

シン・ゴジラ

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「シン・ゴジラ(あらすじ・石原さとみ)」俳優の演技が凄い!

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

インフィニティ・ストーンをそろえ、全世界の人工を半分にしようとするサノスが現れる。

指パッチンで、絶望へのカウントダウンが。

アベンジャーズ達は、何を思い、何を行動するのか?

ジャンルSF、アクション
監督  :アンソニー・ルッソジョー・ルッソ
キャストロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス etc

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です