映画「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」あらすじとおすすめ理由!

映画「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」は、長篇アニメーション・シリーズの第5弾で、コナン映画の人気ランキング上位作品です。

ちょっと背伸びをしている少年探偵が、「恋」を感じながら?

日本一高いビルで起きた事件を推理する。

また、灰原が自分のために、仲間の為に、とった行動がとても心に響きました。

声の出演は、江戸川コナンが高山みなみ、毛利蘭は山崎和佳奈、毛利小五郎は神谷明、工藤新一は山口勝平らのいつものメンバーがつとめる。

監督は、「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」のこだま兼嗣。

作品情報

製作年 :2001年
上映時間100分
ジャンルサスペンス、アニメ
監督  :こだま兼嗣
キャスト高山みなみ、山崎和佳奈、神谷明、山口勝平 etc

あらすじ

出来たばかりの日本一の高層ビルに訪れたコナンたちは、毛利小五郎の大学の後輩(高層ビルのオーナー)と会うことに。

富士山の絵を得意とする日本画家の如月峰水、ビルを設計した風間英彦、市会議員の大木岩らは、どこか不思議な雰囲気であった。

大木岩らが、次々と何者かに殺害される事件が起こる。

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

コナン映画の魅力は、犯人の動機、仲間とのコミュニケーション、適度な秘密(コナンと灰原の正体)のバランスがとてもストーリーをもり立ててくれることです。

平凡な出来事の連続の中で、事件が起きます。

犯人の暗いエゴの理由で事件が起こって、純粋な子供たちがそれを推理する。

そこには、楽しく、ドキドキの伏線がいっぱい隠されています。

 

その過程で、爽やか恋があり、ほっこりされられます。

また、コナンと灰原の秘密がバレそうになったり、彼らが襲われそうになったりして、スリルがいっぱいです。

事件の正体に関する伏線、他愛もないこと、スリルがうまいことクロスして、映画を面白くしています。

犯人が不機嫌で、それはなぜ?

仲間同士のほのかな恋文。

コナンや灰原の正体がわかるかもしれない、未来を写すカメラ。

 

陰と陽のギャップやバランスが抜群で、楽しさや、期待感を増幅してくれます。

その中に、人のエゴ、恨みを見え隠れさせながら、事件が起きてしまいます。

しかも、それは誰しもが共感できるような身近な題材ですので、ハッとします。

当たり前の出来事に、事件が起きるリスクがあることを、我々に教えてくれているのかも知れませんね!

そっと、そんなことをしたらダメと言っているのかもしれません。

まとめ(おすすめ・お気に入り)

今回の作品では、灰原の活躍が気になりました。

子供だけど、子供でない。

一人でないけど、一人で寂しい。

それが、仲間を守るに繋がったと思います。

それをみんなでリカバリーして、みんながハッピーになる。

この作品を見ると、灰原のサバサバ感を、素敵と感じられるようになります。

彼女の魅力を見つけれて、幸せになりました。

合わせてみよう(関連作品等)

名探偵コナン ベイカー街の亡霊

15年以上前に作られましたが、VR(仮想現実)、AI(人工知能)の未来を予測する最先端の映画です。

コナン映画シリーズの第6作目で、事件解決のヒントが、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズの出来事にあり、シャーロック・ホームズファンにはたまらないストーリーとなっています。

ジャンルアニメ、サスペンス、アドベンチャー
監督  :こだま兼嗣
キャスト高山みなみ、山崎和佳奈、神谷明、山口勝平 etc

劇場版 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」強敵の人工知能とは!

名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)

シリーズ初の海外を舞台に、どんな難問題が発生するのか見ものです。

怪盗キッドとコナンのコンビで事件を解決する。

そこには、友情を超えた何かを感じることができる素敵な作品です。

ジャンルアニメ、サスペンス、アドベンチャー
監督  :永岡智佳
キャスト高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平 etc

名探偵コナン 紺青の拳

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)