シム・ウンギョンの新聞記者

映画「新聞記者(あらすじ・感想)」日本が抱える問題を考察する?

  • 2019年7月10日
  • 2020年6月7日
  • 映画

B07Y1NNWWW

 

映画「新聞記者」は、新聞記者とエリート官僚が、正義とは何か、何を守るべきかを再定義する社会派サスペンス映画です。

この作品を見ると、自分の人生をリブートしたくなるかもしれません!

キャストは、「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派のシム・ウンギョン、「孤狼の血」の松坂桃李、「空母いぶき」の本田翼がつとめる。

監督は、「デイアンドナイト」の藤井道人がメガホンをとる。

作品情報

製作年 :2019年
上映時間113分
ジャンルヒューマンドラマ
サスペンス
監督  :藤井道人
キャストシム・ウンギョン
松坂桃李
本田翼
岡山天音
郭智博 etc

 

シム・ウンギョンの作品をはじめてみました。

個人的には、「のだめカンタービレ」ののだめ(上野樹里)と重なります。

また、ちょっと下手くそな日本語が可愛くてよかったです。

舞台挨拶で、この作品に参加できて勉強になったとコメントしています。

すごく謙虚で真面目なところが好印象ですね!

シム・ウンギョンに魅力を感じたので、彼女の作品を、いろいろと見たくなりました。

 

怪しい彼女(字幕版)

怪しい彼女(字幕版)

posted with amazlet at 19.07.09
(2015-04-07)
売り上げランキング: 178,106

 

あらすじ

医療系大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで新聞社に届く。

記者の父を持つ吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、真実を伝えることが父に近づけると考えていた。

エリート官僚の杉原拓海(松坂桃李)は、情報をコントロールする部署で、正しいとは何か、葛藤を感じはじめる。

杉原は尊敬する元上司・神崎と久々の再開し、「過去の自分に恥ずかしい」、その言葉が気になるが、その意味を知ったときには。

 

 

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

一人の人間として、どう生きるか?

とても重い作品でした。

家族を守る、自分の生きがい、会社や組織で自分の夢を実現する?

どれをチョイスする、そんな誰しもある悩みと対峙する若者二人の生き方で、心を浄化する作品でした。

 

知りたいことを知ってしまったら、つまらない、苦しい?

自分に正直に生きることの難しさ、大切さを教えられました。

生きることの意味、一人ではない意味。

立ち止まって考えなければいけないけど、考えていない。

そんな大切なことを、映画を見ている間、ずっと、考えさせられる重い映画でした。

 

新聞記者 (角川新書)

新聞記者 (角川新書)

posted with amazlet at 19.07.09
望月 衣塑子
KADOKAWA (2017-10-12)
売り上げランキング: 131

 

マスコミ問題で、父が自殺して、心に傷を追ったジャーナリストの吉岡エリカが、何を思い、何と戦うのか?

人々に悪影響があるかもしれないことを、行わなければならない仕事することに、耐えられなくて、自分の命を犠牲にする。

見なかったことにして、自分のポジションをキープして、家族の平和、幸せを実現する。

生きるって、大変なことだと思いました。

 

仕事って、何なのでしょうか?

命を賭けるべきなのでしょうか?

家族を守るために、会社に従うべきなのでしょうか?

私は、この作品の吉岡エリカ、杉原拓海の生き方と違います。

自分が幸せにならなければ、家族が幸せにならないと思います。

正直、若者に、何が正しい、何を守るべきか、そんなあたりまえで、行動が難しいことを受け入れるヒントを、いっぱい与えてくれる優れた作品です。

でも、この映画を、年長者が見た場合、どう考えるべきなのでしょうか?

私は、ちょっと恥ずかしい人生をおくってきたと思いました。

自分の利益だけを考えていたのかもしれません。

もしかすると、気楽に生きていたことで幸せだったかもしれません。

自分の人生の選択を考える時、貴重なヒントを教えてくれる映画かもしれませんね!

まとめ(おすすめ・お気に入り)

働き方の再定義を促されている時期に、この映画が作られた理由を考えてみると、いろいろなことが思い浮かびます。

仕事人間が不足している、日本を良くしたい人が不足している。

日本が抱えている問題を解決しなければいけない、メッセージ、警鐘だと思います。

私達が足りない何か、それを伝える映画が必要な時代になってしまったのかもしれません。

 

映画好きの経理スペシャリストのブログ

映画をたくさん見ると、色々な事が見えてくるときがあります。 一人の主人公に、フォーカスして、その人の人生、成長、困難の克…

 

映画好きの経理スペシャリストのブログ

映画解説「MIHOシネマ」は、私の大切な未来と過去の私の映画図書館です! MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です…

 

合わせてみよう(関連作品等)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

 

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 (字幕版)
(2018-06-21)
売り上げランキング: 34,133

 

政府によって隠された情報を暴く、トム・ハンクスが素敵です。

トム・ハンクスの正義感を味わえるので、おすすめ作品です。

 

ジャンルヒューマンドラマ
サスペンス
監督  :スティーヴン・スピルバーグ
キャストメリル・ストリープ
トム・ハンクス
サラ・ポールソン etc

 

映画好きの経理スペシャリストのブログ

  映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」は、ベトナム戦争が泥沼化するなか、政…

 

スノーデン

スノーデン(字幕版)

スノーデン(字幕版)

posted with amazlet at 19.07.09
(2017-07-05)
売り上げランキング: 9,159

 

民主主義に疑問を持ったスノーデンが、命を懸けて告発に踏み切る。

彼が信じていたものが、壊れていき、それに耐えきれなくなり、彼は、自分の本意を貫く。

 

ジャンルヒューマンドラマ
ドキュメンタリー
伝記
監督  :オリバー・ストーン
キャストジョセフ・ゴードン=レヴィット
シェイリーン・ウッドリー
メリッサ・レオ
ザカリー・クイント etc

 

Amazonプライム会員ですと、いろいろな関連作品を無料で見られます!!

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



シム・ウンギョンの新聞記者
最新情報をチェックしよう!