中国の巨匠チャン・イーモウが妥協しない美学!映画「SHADOW/影武者(あらすじ)」

映画「SHADOW/影武者」は、中国の巨匠チャン・イーモウ監督が「HERO」「LOVERS」の主要スタッフで再結成し、「三国志」のエピソード「荊州争奪戦」をモチーフにアクションを描く。

キャストは、都督/影武者をダン・チャオ、シャオアイはスン・リー、ペイ国の王はチェン・カイがつとめる。

作品情報

製作年 :2019年
上映時間116分
ジャンルアクション、歴史
監督  :チャン・イーモウ
キャストダン・チャオ、スン・リー、チェン・カイ etc

 

08年の北京五輪では開会式・閉会式の総合演出を担当したチャン・イーモウ監督が、美学に妥協せずに、やりたいことを映像化。

傘が武器?壮絶なバトルのキーワードになるなんって、想像できませんでした。

また、モノトーンで、色の情報を少なくすることは、人の心に届く、芸術かもしれません?

都督/影武者のダン・チャオと私生活を共にする妻のスン・リーの素敵な笑顔を封じて、映画のメッセージを視聴者に委ねるのはたまらない演出でした。

 

 

あらすじ

戦国時代に、沛(ペイ)国が敵の炎国に領土を略奪から20年が過ぎていた。

炎国との休戦同盟により平和な時が流れていたが、若くしてトップの座を継いだ沛国の君主は屈辱的な日々に辟易していた。

領土奪還を狙う家臣たちを束ねる重臣・都督(ダン・チャオ)は、敵の将軍で最強の戦士の楊蒼に、手合わせを申し込むことになる!

王は都督の勝手な判断の行動にイライラしていた。

でも、王の前にいる都督は影武者なのを知らない!

本物の都督は、影武者をコントロールして、自由の対価に、敵地での大軍との戦いを命じてたが。

 

 

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

大人の大義で、自由、自分を奪われた影武者(ダン・チャオ)が、自分の生き方に何もかもをシフトする?

それを支える、彼女(スン・リー)の思い、彼が生きていく意味が重なります。

現代の社会では、当たり前すぎる自由に何を伝えたかったのでしょうか?

生き方とは、幸せとは?

権力者に支配され、不自由な生き方しかできない時代を通して、今の幸せを教えてくれる素敵な映画です。

 

ホワイトとブラックの色使いが、人々の心を表して、痛烈に我々の心を揺さぶります!

音楽を奏でることで、会話するのは、繊細でした。

野望を実現する為に、人を傷つけて、それに気付くことなく死んでいく、気付いてもがき苦しむ。

どちらが幸せなのでしょうか?

力を手にすることの責任は、凄いプレッシャーでしょうね。

でも、それを忘れてしまうのは恐ろしいことです。

 

 

北野武の映画「座頭市」を思い出しました。

音楽が、人の心をコントロールしながら、何か大切なものを伝えてくれる。

とても、嬉しい瞬間ですね。

 

彼、彼女の思いを、最後の夜に心を交わすのは、とても印象的でした。

彼が彼女を愛することで、自分らしさを見出して、最後の戦いに勇気を与えるのは、素敵でした。

自分の存在を、初めて肯定する瞬間が、とても新鮮です。

 

今の時代は、自分が、自由が、当たり前です。

不自由だから、幸せが輝く?

自分の大義が、選ばれたものにしかないのは、考えられませんね!

当たり前の大切さを知らない人が増えてきているように思います。

自分たちの幸せを何か知ることが、本当の幸せが何かわかる、パスポートですね!

この作品は、自由をテーマにしていますが、それがどのような意味か伝えてくれるホットなドラマです。

まとめ(おすすめ・考察)

チャン・イーモウ監督の美学は、白と黒のコントラスト、音楽で心の会話、雨の中のアート?

視聴者の想像を大切にしています。

人それぞれ感性が違い、何が正しいか見極めることは出来ません。

先日、「解釈」と言う概念を学びました。

人は、それぞれ自分の「解釈」で、自分を肯定して、何が正しいのか迷わしています。

この作品は、色、音楽、天気を通して、それぞれの人の「解釈」を大切にすることで、たくさんの人の心に響く映画だと思います!

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

座頭市

居合い斬りの名人座頭市は、宿場で幼い頃に両親を盗賊に殺され、その復讐を誓う芸人姉妹と、故あって浪人する剣の名手、服部源之助と関わりをもつ。

宿場で見返りを得ているヤクザの銀蔵が、姉妹の親の敵らしことがわかり、銀蔵が源之助を用心棒に雇ったことから、市と源之助は闘うはめになるが。

ジャンル時代劇、アクション、ミュージカル
監督  :北野武
キャストビートたけし、浅野忠信、夏川結衣、大楠道代 etc

 

座頭市 [Blu-ray]

座頭市 [Blu-ray]

posted with amazlet at 19.09.08
バンダイビジュアル (2017-09-27)
売り上げランキング: 38,374

キングダム

中国戦国時代を舞台にした、原泰久の人気漫画を実写映画化。

大将軍になることを目指し剣の腕を磨く若き青年と、中華統一をもくろむ若き王のドラマ。

ジャンルアドベンチャー、歴史
監督  :佐藤信介
キャスト山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈 etc

 

映画 キングダム 写真集 -THE MAKING-
菊池 修
集英社
売り上げランキング: 83,529

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめ、お安く通販や電子書籍が音楽などにも利用できます。

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 


U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です