ただのリメイクでない理由は!映画「アリー/スター誕生(ネタバレ・あらすじ)」

アリー/ スター誕生(字幕版)

映画「アリー/スター誕生」は、レディー・ガガの素顔が見える素敵な作品です。

当初、クリント・イーストウッドがメガホンをとる予定で、話が進んでいた作品を、「アメリカン・スナイパー」でイーストウッドとタッグを組んだブラッドリー・クーパーがメガホンとる。

第91回アカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネートされ、主題歌賞を受賞するすごい作品です。

キャストは、アリーを歌姫レディ・ガガ、ジャクソン・メインは監督でもあるブラッドリー・クーパー、ロレンツォはアンドリュー・ダイス・クレイ、ボビーはサム・エリオット、レズ・ガヴロンはラフィ・ガヴロンがつとめる。

作品情報

製作年 :2018年
上映時間136分
ジャンルラブストーリー、ヒューマンドラマ、音楽
監督  :ブラッドリー・クーパー
キャストレディ・ガガ、ブラッドリー・クーパー、アンドリュー・ダイス・クレイ、サム・エリオット、ラフィ・ガヴロン etc

 

当初、ビヨンセとクリントイーストウッドとの監督主演コンビで話が進んでいたらしいですが、結局どちらも降板してしまったらしいです。

そこで、白羽の矢が立ったのが、クリントイーストウッドとの経験があるブラッドリー・クーパーです。

「アメリカンスナイパー」でイーストウッドと共に映画を作った彼が、クリントイーストウッドの味付けをできると狙うのは、必然かもしれませんね!

 

個人的には、煌火やらかなレディー・ガガしか見たことがなかったので、一般人に近いレディー・ガガを拝めたのは嬉しかったです。

結構、大人っぽくて、ちょっと、ビビッときました。

この映画の為の曲「シャロウ」は、私のイメージのガガ様の曲とは違いますが、映画の中のライブシーンで聞くと鳥肌ものです。

 

アリー/スター誕生 サウンドトラック
レディー・ガガ ブラッドリー・クーパー
Universal Music =music= (2018-11-07)
売り上げランキング: 2,273

 

あらすじ

大好きな音楽でスターになることを夢見るアリー(レディー・ガガ)。

彼女は、容姿をあまり良く言われないことで、自分に自身が持てなかった。

彼女は、小さなバーで細々と歌いながら日々を過ごしていました。

世界のロックスターのジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)と出会い、彼にアリーの実力と魅力を見いだされます。

「自分らしく」を大切にしながら、ミュージックシーンの世界に飛び込んでいくが。

 

アリー/ スター誕生(字幕版)
(2019-04-03)
売り上げランキング: 14,257

 

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

レディー・ガガの音楽と映画のコラボレーションが最高でした。

ジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)のライブのステージで、アリー(レディ・ガガ)が熱唱するシーンは、一生忘れられません。

レディ・ガガの曲を聴き漁ってしまいました。

ライブシーンで、こんなに鳥肌が立ったことはありませんでした。

この作品は、見るべき作品、いや、見ないといけない作品だと想います!

 

アリーは、何のしがらみもなく歌います。まるで、ガガ様と重なります。

それが、人の心を揺さぶり、彼女を見つめてしまいます。

ジャクソンが、酔っ払って、ステージに上っても、歌い始めるとかっこよく決めるのは、人の心を揺さぶる力があるからだと思います。

ヒーロー、ヒロインの役割は、人の心に何か、希望を与えることだったんですね!

 

 

ジャクソンが、たまたま寄ったバーで、アリーと出会う、運命的なシーンでした。

お互い、何かを感じて、段々と心が触れ合っていく、それを感じると自分までホットな気持ちになりました。

ジャクソンの強いオファーで、アリーは、彼のライブに向かいます。

そして、彼女の力が爆発します。彼女の歌唱力、自分に素直に歌う、思い出すだけでも、鳥肌が。

その途中で、アリーが手で顔を覆うシーンは、感動でした。

全ての、しがらみから開放された彼女の姿を見せつけられると、自然と勇気が湧いてきました!

 

自分の夢、自分らしさ、それらが全て重なるのは、一番素敵で素直なスタートだと思いませんか?

レディ・ガガは、「自分らしくあることが、私にとってとても大切なこと」と言っています。

アリーとレディ・ガガが重なる意味がよくわかりました。

この作品は、リアルな彼女が投影されたので、とても心に染みわたったのでしょう!

まとめ(おすすめ・考察)

ジャクソンが、下火になり、アリーは、ますます輝いていきます。

そして、彼は、酒浸りに、私は、きっと、このパターンのタイプでしょうね。とても、共感しました。

あなたは、どうですか?

素直にアリーの進化を、喜べない自分が許せない。

辛かったと思います。

輝いた後は、輝き続けなければ、苦しいのでしょうね。

ジャクソンの涙に、1票入れておきます。

 

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

ロケットマン

イギリス郊外の町で、自分に興味を持たない両親から、十分な愛を得られずに育った少年レジナルド(レジー)・ドワイトは、唯一、音楽の才能に恵まれていました。

青年になり、ロックに目覚めます。

ミュージシャンを目指すことを決意したレジー(タロン・エガートン)は、「エルトン・ジョン」という新たな名前で、新しい自分を手に入れて、音楽活動を開始する。

そして、生涯の友となる作詞家バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)との運命的な出会いで、サクセスストーリーが始まるのだが。

ジャンル伝記、ミュージカル、ヒューマンドラマ
監督  :デクスターャー・フレッチ
キャストタロン・エガートン、ジェイミー・ベル、リチャード・マッデン、ジェマ・ジョーンズ、ブライス・ダラス・ハワード etc

 

 

 

ボヘミアン・ラプソディ

ボーカルが脱退したブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドへ自分を売り込むフレディ・マーキュリー。

ブライアン・メイらは、フレディ・マーキュリーの美しい声の虜になり、バンドに向かい入れ、ジョン・ディーコンも参加してクイーンとして活動を始動します。

彼らは、「キラー・クイーン」のヒットを飛ばして、成功の階段を登り始めるが、フレディ・マーキュリーには才能だけでなく、苦悩もあった。

ジャンルヒューマンドラマ、音楽
監督  :ブライアン・シンガー
キャストラミ・マレック、ルーシー・ボーイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ etc

 

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)
(2019-04-17)
売り上げランキング: 16

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 


U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です