CGでウィル・スミスが青年となり近未来を描く!映画「ジェミニマン(あらすじ・感想)」

映画「ジェミニマン」は、ウィル・スミスが、最新技術のCGで現在と若者の2役を演じて、近未来に起りうる問題を描きます。

「ライオンキング」で動物のCGの凄さに驚かされましたが、今度は人間のCGで驚きます。

また、現在の映画の5倍のコマ数で撮影された最先端の凄い作品です。

キャストは、ディズニーの実写映画「アラジン」のウィル・スミスが2役を、「ダイ・ハード ラスト・デイ」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、「ラスト・ナイツ」のクライブ・オーウェン、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」のベネディクト・ウォンらがつとめる。

監督は、「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」で、2度目のアカデミー監督賞を受賞したアン・リーが最新の技術、父性にチャレンジする為にメガホンをとる。

作品情報

製作年 :2019年
上映時間117分
ジャンルSF、アクション、サスペンス
監督  :アン・リー
キャストウィル・スミス
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
クライブ・オーウェン
ベネディクト・ウォン etc

 

ウィル・スミスVSウィル・スミスで、ブルース・ウィリスの「LOOPER ルーパー」を連想しました。

でも、そうではなく、大人ウィル・スミスが子供のウィル・スミスを育てる?

ディズニー映画の「アラジン」などのコミカルなウィル・スミスが、父性をテーマに演じるのは、とても新鮮で、どこか応援したくなります。

 

今回の作品は、監督のアン・リーが、映像技術にこだわった作品です。

例えば、CGですが、ウィル・スミスのギャラの2倍ぐらい掛かっているそうです。

「ライオン・キング」の動物の映像で、実写とCGのカテゴリーが区別できなくなったと思った矢先に、人間のCGでも、それが可能だと思い知らされました。

これから、役者の意味が薄れることがなければいいのですが!

あらすじ

史上最強のスナイパーのヘンリー(ウィル・スミス)は政府の秘密ミッションの後、何者かに狙われることに。

彼の行動を全て把握し、謎の襲撃者の正体は、ヘンリーのクローンだった。

理解出来な事実を知ったヘンリーは、アメリカ国防情報局の捜査官ダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)と力を合わせながら、政府の恐ろしい陰謀と戦うことになる。

近未来の生とは?作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

新しい「ミッション・インポッシブル」を予感するバイクシーンのアクションは最高でした。

予告の、バイクで、バイクにぶつけようとするシーンが印象的でした。

それが、その後もこれでもか、これでもかと続くのが凄すぎますね。

見るべきシーンです。

 

一番に心に響いたのは、ノーウォーの為に、クローン技術で、人間のソルジャーを作るのは恐ろしいと感じました。

近未来の技術なので、人としてどう受け止めたらいいのか、問題提起なのかもしれません。

この作品は、将来に起りうる問題を教えたかったのかもしれませんね!

 

 

近いうちに、技術が進化して、人間の臓器を作れるようになったり、クローン技術で、自分と同じ体を人工的に作れるようになるでしょう。

そんな時代を予想する作品です。

戦争で、人と人が争う、それを止める為に、クローン技術で作られた人間が戦争をするのは、おかしなことだと思います。

将来、人間の心を持ったアンドロイドも作られるよになり、アンドロイド同士が戦うのも、どうかと思いませんか?

人が人を作る、人間のエゴで、何か大切なことを壊すのは、人類の存亡に関わると思います。

 

ヘンリーのクローンとして作られ、ソルジャーとして育てられ、戦争の道具にされるのは、絶えられませんでした。

もし、自分がクローンだったら、どうしますか?

自分の意志、感情を他の人間にコントロールされ、自分が生きることの意味を奪われたら、人間でなくなります。

 

この作品は、CGと実写の区別をなくす凄い作品だと思います。

ヘンリーの若い姿をCGで作り出しています。

正直、CGとは思えませんでした。

ちょっと昔の作品では、CGはCGでしたからね!

コンピューターが進化して、人と人工物の差が縮まり、人工物が意識を持ったり、人間と共存するのは、もうすぐ当たり前になると思います。

その時に、慌てないようにお互いを正しく認めあいたいですね。

 

クローン技術の使い方を間違えると、大変なことになります。

また、生への定義が変わると思います。

ハリソン・フォードの「ブレードランナー」は、人間とレプリカントの区別が出来なくる社会を描きます。

そして、人間とレプリカントが結ばれる。

個人的には、お互いが認め合うことが大切だと思います。

この作品は、生への定義の変化を教えてくれました。

まとめ(おすすめ・考察)

人は神になるのか、人の命を操作することをどう考えるか、難しい問題です。

何が正しい、何が間違っている、誰が決めるのでしょうか?

近い未来に、生命の定義を変える技術が完成するでしょう。

その時に、自分らの大義を優先するのではなく、お互いを認め合う社会を望みます。

この作品は、人間の都合を最優先して、人の命に区別があり、誰かが犠牲になりました。

命・意識に区別がないよう考えるポリシーを持つ生き方をチョイスしたいですね!

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

LOOPER/ルーパー

 

LOOPER/ルーパー (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 7,758

 

タイムマシンは開発されましたが、その使用は制限がありますが、違法に使用する者が。

彼らは、自分の都合で、歴史を変えています。

「ルーパー」と呼ばれる暗殺者へ、抹殺指令が入る。

それは、いつも通り活動だが、送られてきたのは30年後の自分!

引き金を引くことを躊躇ったジョーは、未来から来た-自分-は街へ。

「奴を殺さなければ、自分が消される!」

必死に追跡する現代のジョー、ようやく未来の-自分-を追い詰めたとき、彼の使命の意味が明らかになります。

彼が過去にまで来て変えようとしているものはなんなのか?

謎多き未来の独裁者「レインメーカー」とは一体?

 

ジャンルSF、アクション、サスペンス
監督  :ライアン・ジョンソン
キャストブルース・ウィリス
ジェセフ・ゴードン=レヴィット
エミリー・ブラント etc

ライオン・キング

 

 

動物たちの王、ライオンのムファサ(ジェームズ・アール・ジョーンズ/大和田伸也)の子のシンバ(ドナルド・グローバー/賀来賢人・熊谷俊輝(子供時代))は、父のような偉大な王になることを夢見ながら成長していきます。

叔父スカー(キウェテル・イジョフォー/江口洋介)は、ムファサのことをよく思ってなく、王位を狙う。

スカーの策略によって父の命を奪われ、シンバ自身もサバンナにいられなくなります。

イボイノシシのプンバァ(セス・ローゲン/佐藤二朗)とミーアキャットのティモン(ビリー・アイクナー/亜生(ミキ))と出会い、仲間となったシンバは、過去を忘れて穏やかに時を過ごしていくが。

 

ジャンルアドベンチャー
監督  :ジョン・ファブロー
キャストドナルド・グローバー
ビヨンセ・ノウルズ
セス・ローゲン
セス・ローゲン
アルフレ・ウッダード
ビリー・アイクナー etc

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめ、お安く通販、電子書籍、音楽などが利用できます。

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です