全てを受け入れて生きれますか?映画「楽園(原作:吉田修一・感想)」おすすめです!

映画「楽園」は、「悪人」「怒り」などの吉田修一の短編集「犯罪小説集」の二つのストーリーから構成された作品です。

誰が事件の犯人なのか、ミステリーの内容だけでなく、その事件を受け入れて生きようとする人、それを忘れて生きようとする人を、村社会の理不尽な環境で描く、とても重い物語です。

キャストは、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の村上虹郎、片岡礼子、柄本明、佐藤浩市らがつとめる。

監督は、「64 ロクヨン」2部作の前編で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した瀬々敬久がメガホンをとる。

作品情報

製作年 :2019年
上映時間129分
ジャンルサスペンス
ヒューマンドラマ
監督  :瀬々敬久
キャスト綾野剛
杉咲花
村上虹郎
片岡礼子
柄本明
佐藤浩市 etc

 

この作品は、「悪人」「怒り」などの吉田修一が、実話を元に、人の苦しみにフォーカスして書かれました。

現代社会の田舎問題を通して、高齢者と若者が事件をどう受け入れたらいいのか?

難しい問題をリアルに描いています。

生きていくことの厳しさを、若者の心と、高齢者の心とをぶつかりあわせて、私たちに現実を突きつけている作品です。

 

あらすじ

夏のある日、田んぼに囲まれた道路の分かれ道で少女誘拐事件が。

未解決になった事件によって、行方不明になった女の子と、直前まで一緒にいた親友の紡は、心に深い傷を負ってしまいます。

その事件から12年後、かつての事件現場で再び少女が行方不明になり、町営住宅で孤独に暮らす豪士が犯人として疑われます。

豪士は、過去の嫌な思い出と重なり追い詰められ、街へと逃走し、彼は。

さらに1年後、愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこし活動をしたことで、村八分にされてしまう。

いい人で認められていた善次郎は、追い詰められていく。

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

犯罪によって、人の心が壊れるのは、恐ろしいですね。

その過去を受け入れられる人、受け入れられない人。

それによって、お互いを苦しめているのは、仕方のないことだと思います。

しかし、大人が自分のエゴで若者を苦しめるのは、とても許せないことだと思います。

この作品は、その立場立場で、感じ方が違うと思いますが、何が「正義・正しい」なのか、心を引き締めてみれば、生きていくことのヒントとなります。

 

人は、寄り添いなが生きていけば、困難を乗り越えられます。

紬(杉咲花)は、親友を失うことで、大きな苦しみの為、人と接することを忘れてしまいます。

豪士(綾野剛)は、愛する親から欲しいだけの愛をもらえなく、心が満たされていません。

彼、彼女が何故か引き合ったのは、どこかわかるような気がします。

豪士は、自分たちのことしか考えられなくなった大人たちに追い詰められていきます。

紬は、自分を正しく評価してくれ、応援してくれる野上(村上虹郎)と心を交わしていくことで、前進することが出来ました。

 

 

誘拐事件当日、紬は、親友に、「家で遊ぼ」と誘われますが、断ります。

子供同士の他愛もないことで、彼女は意地悪をしたのかもしれません。

でも、それが大きなトラウマの原因となってしまい、ずっと心を苦しめている姿は、とても辛かったです。

誰しも、ちょっとした出来事で、心に傷を負ったことがあると思います。

それを乗り越えるのは、大変だと思いますが、誰かとの関わりで心が緩みます。

 

母親が生きていくことが精一杯で、子供に十分な愛情を注げないのは、とても不幸なことですね。

豪士は、異国の地で、母親からの十分な愛をもらえなく、孤独な生活をしています。

表情がないだけで、暗くなるのは、とても悲しいことですね。

 

大人が自分を守るために、何かを傷つけたり、失ったりしていくのは、とても心が痛みます。

特に、弱い子供たちに標的がいくのは苦しかったです。

変化を恐れ、その為に何かを犠牲にしていませんか?

この作品は、自分のコンフォートゾーンにいることだけを考えている人に、厳しいメッセージを与えてくれました。

まとめ(おすすめ・考察)

あなたは、未来で過去を変えれると思いますか?

この映画は、過去を変えられないと思っている人に見てもらいたいです。

幸せな今があれば、過去のことなど気にならなくなると思います。

簡単には出来ないと思いますが、今の状態で、同じことをしていては何も変わりません。

主人公の紬が過去を受け入れることからスタートします。

そして、一歩を踏み出そうとするのは、本当に若者しか出来ないことでしょうか?

いやなこと、しんどいことを避けているだけかもしれません。

ちっちゃな一歩の積み重ねで、大きな一歩になります。

勇気を出して、自分のコンフォートゾーンから脱出してみると、今まで知らなかった快適な環境に気付いて、幸せになると信じてみませんか?

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

ダークナイト

 

ダークナイト (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 3,800

 

悪者が蔓延り、悶々とするゴッサム・シティーで、ジェームズ・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)、ハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)が力を合わせたおかげで、クリーンな街になりつつあった。

また、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪を、少なくしていった。

しかし、ジョーカーと名乗る謎の愉快犯が現れ、また、異常で、狂気な街へと。

最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術を使いながらも、信じるものすべて、そして孤独と戦うことになる。

ジャンルアドベンチャー
アクション
監督  :クリストファー・ノーラン
キャストクリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー
アーロン・エッカート
ゲイリー・オールドマン etc

 

 

ジョーカー JOKER

 

 

「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という愛する母の言葉に応えるために、大道芸人をしながら、コメディアンを目指すアーサー(ホアキン・フェニックス)。

しかし、コメディアンとして笑顔を人々に伝えようとしていた彼が、狂気・殺戮を繰り返す邪悪な心を持つ悪人へと変貌していく。

苦し過ぎる過激な事実がが明かされる!

 

ジャンルサスペンス
監督  :トッド・フィリップス
キャストホアキン・フェニックス
ロバート・デ・ニーロ
ザジー・ビーツ
ビル・キャンプ
フランセス・コンロイ etc

 

 

Amazonプライム会員ですと、いろいろな関連作品を無料で見られます!!

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です