オリジナル・キャストで新3部作始動!映画「ターミネーター:ニュー・フェイト(あらすじ・感想)」

【 映画パンフレット チラシ2種付き 】 映画 ターミネーター ニュー・フェイト

 

映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」は、T1、T2のオリジナル・キャストの、リンダ・ハミルトンが28年ぶりに帰ってきた話題作です。

ジェームズ・キャメロンが、「ターミネーター2」以来、久々に制作側として本格的に参加して描く、シリーズ通算6作目で、キャメロンの名作として根強いファンが多い「ターミネーター2」の本当の続編作品です。

キャストは、T1、T2で主役を演じたリンダ・ハミルトン、T−800のアーノルド・シュワルツェネッガー、「ブレードランナー 2049」のマッケンジー・デイビス、新鋭女優のナタリア・レイエスがつとめる。

監督は、マーベル映画の異色作品「デッドプール」のティム・ミラーがメガホンをとる。

作品情報

製作年 :2019年
上映時間129分
ジャンルSF
アクション
監督  :ティム・ミラー
キャストリンダ・ハミルトン
アーノルド・シュワルツェネッガー
マッケンジー・デイビス
ナタリア・レイエス
ガブリエル・ルナ etc

 

アーノルド・シュワルツェネッガーは、今作の「ターミネーター」を卒業するそうです。

でも、T1、T2で、カッコよかったリンダ・ハミルトンがカンバックしてくれて、ターミネーターファンにとっては、たまりませんね!

 

今までも、作品が発表されるごとに、3部作などを噂されましたが、なかなかうまくいきませんでした。

今回はどのようになるか、期待しながら次回作を楽しみにしたいですね!

忙しいジェームズ・キャメロンが、今後、どのようなアクションをしてくるのか、目が離せないです。

あらすじ

T−800(アーノルド・シュワルツェネッガー)の戦いから長い月日が流れ、再び、未来からターミネーターREV−9(ガブリエル・ルナ)が、送られてきます。

メキシコシティの自動車工場に勤務する21歳になるダニー(ナタリア・レイエス)と弟のミゲル(ディエゴ・ボニータ)が襲われることに。

ダニーとミゲルは強化型の兵士のグレース(マッケンジー・デイビス)に助けられ、 何とか工場を逃げ出します。

ダニーらをしつこく追いかけるターミネーターのREV−9に追いつめられた時、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が現れる。

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

T2で父親のように、ジョン・コナーを守ったターミネーターのT−800(アーノルド・シュワルツェネッガー)が、どうして?

最初っから、期待がいっぱいの映画でした。

幸せなシーンは、一瞬で、その後は、緊張の連続で、アクションがいっぱい楽しめる映画でした。

 

強化型の人間兵士のグレース(マッケンジー・デイビス)とダニー(ナタリア・レイエス)の「絆」が、未来を守る?

今回は、ターミネーターVSターミネーターではなく、ターミネーターVS強化型の人間兵士です。

彼女が何故、生身の体を機械化したのか?

「絆」がとてもホットで、グレースを応援したくなリました。

人と人が繋がり、大切なものを守る姿をみると、勇気をもらえるものですね!

 

ただのマシーンが感情を持つ?

AIが進化して、人と人との境目がなくなるのは、怖いように思いますが、とても素敵な事かもしれません。

経験、知識を融合させて、自分を成長させて「人間の心」に変わっていくのは、一見、自然な姿だと思います。

 

グレースの不運な運命に光が照らされ、彼女は、ダニーとの間に信頼を超え、「絆」が生まれます。

今までのターミネーターにはないストーリー展開に、きっと驚かされると思います。

でも、きっちり、ターミネーターのストーリーは、守られて欲張りな内容になっていました。

 

 

初めのアクションのカーチェイスで、新しいターミネーターのREV−9(ガブリエル・ルナ)の能力が明らかになるのは、とてもワクワクでした。

その余韻で、最後まで緊張感があり、目が離せませんでした。

 

個人的には、T−800のアーノルド・シュワルツェネッガーが、どこで出てくるのか期待しながら見ていました。

T2から、長い年月がながれ、人間と生活するようになり、今までのシリーズでは想像できな進化がありました。

でも、どこか孤独に生きていたかを思うと、マシーンは、やっぱりマシーンなのかもしれませんね。

 

映画「アニータ」みたいに、マシーンと人間の境目がなくなる?

いい意味ではとても嬉しいです。

同じように暖かい心を持って、接したり、喧嘩したりして、人間同士の当たり前のコミュニケーションができるのは、憧れです。

これから、10年もあれば、AIの進化で、人間の脳が、コンピューターで実現できると言われています。

ある意味、人間にとってメリットがありますが、マシーンにとっては、どうなのでしょうか?

お互いが、自分の利益のために、お互いをコントロールしようとするのは、とても悲しいことですよね!

この作品は、近未来の大きな問題を伝えたかったのかもしれません。

まとめ(おすすめ・考察)

未来を変えるために、過去を変える?

メチャクチャな論理です。

将来、タイムマシーンが出来たら、起り得ることです。

子供の頃、「ドラえもん」を見て、タイムマシーンに憧れたものです。

でも、タイムマシーンが発明されたら、歴史が特定の人によって、操作をされるリスクが発生すると思います。

技術の進化は、人に豊かや感動を与えてくれますが、その前に倫理を守れる人たちを育てる必要があるのでしょうね!

SFの世界が、一つ一つと現実になっていきますが、恐ろしいことと背中合わせだと、わかりました。

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

アリータ:バトル・エンジェル

 

アリータ:バトル・エンジェル (字幕版)
(2019-07-31)
売り上げランキング: 10,189

 

300年前に作られた、女の子のサイボーグが、イド博士の力によって、再び、命を与えられます。

彼女は、自分がなんのために作られたサイボーグなのか、記憶を失っていました。

でも、イド博士、ヒューゴとその友達たちとふれあい、少しずつ人の心を感じて成長していきます。

そして、人を守ることで、自分の記憶の断片を、思い出されていきました。

自分は何をすべき、愛すべき、自我を受け入れて、自分のスキルを何に使うべきか理解して、立ち上ります。

そして、自分たちを襲う驚異と戦うことになります。

 

ジャンルSF
アクション
監督  :ロバート・ロドリゲス
キャストローサ・サラザール
クリストフ・ワルツ
ジェニファー・コネリー etc

 

 

メン・イン・ブラック 3

 

メン・イン・ブラック 3 (字幕版) 
(2013-11-26)
売り上げランキング: 1,519

 

 

MIBのエージェントのJは、エージェントのKの単独行動に不信感を抱く。

そうしている内に、エージェントのKが40年以上前に亡くなってしまう?

過去が変わったことに気付き、40年前にタイムトリップして、正しい未来になおせるのか!

 

ジャンルSF
アクション
コメディ
監督  :バリー・ソネンフェルド
キャストウィル・スミス
トミー・リー・ジョーンズ
ジョシュ・ブローリン
エマ・トンプソン etc

 

 

Amazonプライム会員ですと、いろいろな関連作品を無料で見られます!!

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です