ペニーワイズとの戦いでトラウマを克服する!映画「IT2/IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(ネタバレ・続編)」

映画「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」は、スティーブン・キングの小説「IT」の映画化です。

今作は、前作「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の27年後を描きます。

前作は、社会現象を巻き起こしたホラー作品で、興行収入が歴代NO.1に輝きました。

日本でもIT=“それ”のキャラクターが、インパクトあるホラーで人気になり、女子高生らなどが劇場に詰めかけた結果、爆発的なヒットをしました。

今回も「自己責任でご覧ください」とアナウンスされ、社会現象となった作品が完結する瞬間を楽しめます。

キャストは、「シンプル・シモン」のビル・スカルスガルド、「X-MEN:ダーク・フェニックス」のジェームズ・マカボイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファらがつとめる。

監督は、「MAMA」で、ハリウッドデビュウーしたアンディ・ムスキエティが、前作より続投。

作品情報

製作年 :2019年
上映時間169分
ジャンルホラー
監督  :アンディ・ムスキエティ
キャストビル・スカルスガルド
ジェームズ・マカボイ
ジェシカ・チャステイン
ビル・ヘイダー
イザイア・ムスタファ etc

 

前作「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」は、それまで興行収入NO.1のホラー作品「シックス・センス」を破る凄い作品でした。

人の心を操るピエロのペニーワイズが、どのように迫ってくるのか、ドキドキを楽しめましょう!

 

アンディ・ムスキエティ監督は、「恐怖は人を分断させる、打ち勝つには結束が必要」いい、今の社会に問題提起をする作品をホラーで描きました。

「前作がキツくて、こんなに怖いホラーは無理」という人は、たくさんいると思います。

私も実際そうでしたが、免疫が出来ていたせいか、大丈夫でした。

決して、前作より質が落ちたと言う印象はありません!

大人になってもトラウマを抱える「ルーザーズ・クラブ」の面々の勇気を応援をしましょう!

そこに、ステキなテーマ「結束」を感じることが出来ます。

 

あと、この作品の中で、スティーブン・キング本人がでているので、探してみるのも楽しみですね!

 

あらすじ

小さな田舎町で、再び子どもたちが殺されていきます。

「COME HOME COME HOME(帰っておいで)」と、「それ」から、不気味なメッセージが届く。

幼少時代に「それ」の恐怖と戦ったルーザーズ・クラブの仲間たちは、27年前の約束を守るために、町に戻ってきて、つかの間の幸せな時を過ごすが。

ピエロのペニーワイズが待っていた。

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

誰も、嫌な記憶、トラウマを持っていて、いつの間にか封印をしていると思います。

でも、あまりにもそれが大きすぎると、それに支配されてしまいます。

「ルーザーズ・クラブ」の仲間たちは、それぞれが心に傷を負っています。

27年後、再び「それ」と戦うことになるとは、とても不幸なことですね。

集まった仲間たちが、昔の思い出と現在の自分たちと再び繋がり、結束して、自分たちでトラウマを克服していくのは、どこか映画「スタンド・バイ・ミー」に重なり、誰もを応援したくなる作品でした。

 

再会して、楽しく食事を楽しみますが、ピエロのペニーワイズからメッセージが届き、みんなの心がバラバラになってしまいます。

でも、自分たちの未来を知り、子供の頃に結ばれた結束が修復し始めます。

そして、お互いが抱える嫌な思い出、トラウマからの脱出が望みだと気付いていくのは、心に響きました。

逃げていてはダメ、それと戦って乗り越えるのは、少しカッコよかったです。

 

 

弟を喪ったビル(ジェームズ・マカボイ)が、過去の自分を乗り越えるために、子供の頃の自分を説得するのは、本当に自分との戦いだったと思います。

自分のとった行動で、弟がペニーワイズの手に落ちてしまいました。

ペニーワイズを倒したからといって、彼の弟が戻ってくる訳ではありません。

でも、次の犠牲者をなくすことが、自分の使命だと気付いて、ペニーワイズと戦う勇気を手に入れました。

 

父親に乱暴を受けていたベバリー(ジェシカ・チャステイン)は、過去、住んでいた自分の部屋で大切にしていた手紙を手に入れて、自分を支えてくれた人を思い出します。

少女の純粋な恋心って、大人の女性になっても変わらないのは、とても素敵でした。

恋をするのは、心に潤いを与えてくれるだけでなく、人を守る為の勇気もいっぱい貰えるものですね!

 

彼、彼女たちは心がつながった勇気で、ピエロのペニーワイズと戦います。

人の心の恐怖を食べて、自分の力を増大させるペニーワイズにとって、最悪な状況を作ります。

彼らは、苦い思い出、トラウマの中に、自分たちの素敵な輝きを見つけて、思い出と向き合えるようになります。

変えることが出来ない、過去の出来事でも何にフォーカスするかで、悪い思い出を、いい思い出に変えることが出来ます。

大人になって、過去の思い出をもう一度よく考えてみると、悪い思い出の中にも、良き思い出もあったことに気付くことを教えてくれる、ホラー映画でした。

まとめ(おすすめ・考察)

「IT」シリーズは、とても恐怖のストレスが凄い作品だと思います。

古いですが映画「13日の金曜日」シリーズだと、最初は幸せそうなドラマがあって、その後に惨殺が起り、その落差で恐怖への感じ方を増大させています。

でも、このITシリーズでは、最初から最後まで恐怖だけで、メンタルにストレスを与え続けます。

(今回の作品は、ちょっとだけ幸せな時がありましたが)

さすがに、こたえました。

最初から最後まで恐怖でいっぱいなので、本当のホラー映画好きにはたまらない作品だと思います。

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

 

 

「それ」は、ある日突然出現しました。

いつも、平和な田舎町を、恐怖で覆い尽くされます。

次から次へと児童失踪事件が起り、内気な少年ビルの弟も、大雨の日に外出した時、すごい血痕を残して消えてしまいます。

ビルは悲しみに暮れ、自分を責め続けます。

そんなビルの前に、突如「それ」は現れ、「それ」を目撃してから、恐怖を感じはじめたビル。

その得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、ビルだけではなかった。

何かに恐怖を感じる度に「それ」は、どこへでも目の前に現れ、ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは「それ」に立ち向かうが。

 

ジャンルホラー
監督  :アンディ・ムスキエティ
キャストキャスト:ジェイデン・リーバハー
ビル・スカルスガルド
ジェレミー・レイ・テイラー
ソフィア・リリス etc

X-MEN:ダーク・フェニックス

 

X-MEN:ダーク・フェニックス (字幕版)
(2019-09-25)
売り上げランキング: 30,130

 

ミュウタントの超能力の有効活用で、自分たちの市民権を獲得しようとするプロフェッサーX(ジェームズ・マカボイ)。

しかし、それは過酷な活躍が。

宇宙の救出ミッションで、ジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)は事故に巻き込まれ、大いなる力を得てしまい、自身のコントロールが出来なくなる。

その力を得て、利用しようとする者、彼女を救う為に立ち上がった仲間たちの死闘が始まる。

 

ジャンルSF
アクション
監督  :サイモン・キンバーグ
キャストジェームズ・マカボイ
マイケル・ファスベンダー
ジェニファー・ローレンス
ニコラス・ホルト
ソフィー・ターナー etc

 

 

Amazonプライム会員ですと、いろいろな関連作品を無料で見られます!!

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です