ビールが飲みたくなる麻薬性映画「カイジ3 ファイナルゲーム(ネタバレ・藤原竜也)」おすすめ?

映画「カイジ ファイナルゲーム」オリジナル・サウンドトラック

 

映画「カイジ3 ファイナルゲーム」は、福本伸行の人気漫画「カイジ」シリーズの3作目。

実力派俳優の藤原竜也主演で、実写映画化した「カイジ 人生逆転ゲーム」、「カイジ2 人生奪回ゲーム」の最終章。

原作者の福本伸行が、4年前から温めていたオリジナル作品で、「バベルの塔」、「最後の審判」、「ドリームジャンプ」、「ゴールドジャンケン」という4つの新しいゲームに、カイジが挑む!

キャストは、前作よりカイジを藤原竜也、相棒役の桐野加奈子を関水渚、勝負の相手は頭脳派の高倉浩介を福士蒼汰、成金の黒崎義裕を吉田鋼太郎らがつとめる。

監督は、「カイジ 人生逆転ゲーム」で映画監督デビューした佐藤東弥が続投してメガホンをとる。

作品情報

製作年 :2020年
上映時間128分
ジャンルヒューマンドラマ、サスペンス
監督  :佐藤東弥
キャスト藤原竜也
福士蒼汰
関水渚
新田真剣佑
吉田鋼太郎 etc

 

今回の作品は、「日本 VS カイジ」の構成で、平凡な人々の生活を奪回する活躍を描きます。

今までの作品のように、カイジ自身が自分の人生をベットして、自分の私利私欲を満たすスリルはあまりありません。

カイジが、弱い人を守る為に、何かをして、彼自身が成長する姿は、どこか心に響く作品です。

 

前作のファンを唸らせる俳優陣が出演し、遠藤凛子(天海祐希)、大槻太郎(松尾スズキ)、坂崎孝太郎(生瀬勝久)らが、大切なキワードになります。

カイジにヒントをプレゼントする?

カイジを利用する?

カイジを応援する?

楽しみ方がいっぱいな作品なのでおすすめです。

 

あらすじ

2020年の東京オリンピックを無事に終えた日本だったが、想定外の不景気となってしまいます。

缶ビールが1,000円に値上がりし、大好きなビールを買うことさえ悩むカイジ(藤原竜也)は、生活に困窮していた。

帝愛グループの企業の一つを任されるまでになった大槻太郎(松尾スズキ)は、カイジを探し、彼に一攫千金のギャンブルを提案する。

それは、お金をたくさんもっている大富豪の老人が、主催するギャンブルでした。

大槻太郎の提案に、不安を覚えながらもカイジは、チャレンジすることに。

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

従来のカイジ作品は、カイジ(藤原竜也)が自分の私利私欲の為に、自分の人生をギャンブルにベットするのが醍醐味でした。

今回の作品は、国、普通に生活する弱者を守るために、大富豪の老人の東郷滋(伊武雅刀)の雇われギャンブラーとして活躍します。

時代背景なのか、正義のない世の中を良くするために、悔しさをバネにカイジが大人になる作品かもしれません。

カイジが、自分の私利私欲、お金だけにとらわれない、何かに気付いたことは、ある意味ファイナルに相応しいですね!

 

弱い人に対しては、誰もほっとけない、優しいカイジは、誰もが共感出来るキャラクターです。

自分のことを「クズ」と言いながら、どこかプライドを持っているのは、我々に勇気を与えてくれます。

人を助けたことなどで、自分に不幸がやってくる。

でも、カイジは、それを気にすることもなく、苦難を乗り越えて行くのは、たまらないこの映画の魅力です。

 

 

カイジは、咳に苦しむ女性を心配して寄り添いながら、病気の彼女に何も手を差し伸べない派遣会社に対して文句をいいます。

自分にはない勇気なので、恥ずかしくなりました。

カイジは、自分をクズと思い、何も出来ないと思っていても、出来ることがあるを教えてくれるカイジは、かっこいいですね!

 

カイジは、ビールが大好きです。

私は、カイジが「悪魔的に旨い」と言うシーンが大好きで、その言葉を聞くと、いつもビールが飲みたくなります。

1,000円のビールは、めちゃくちゃ美味しかったと思います。

原作では、「犯罪的に旨い」という言葉が使われているそうですが、色々と考えてしまいますね!

 

人それぞれの欲、エゴ、家族愛、正義、真面目が、ギャンブルをやる中で、ハチャメチャにコラボレーションして、カイジが大人への階段を登りはじめる?

どこか純情なカイジが、大人たちに翻弄されながら、自分の為から、他の人のためにと、考えがシフトしていくのは、以前の作品と比べるとスリリングが減ったように感じました。

原作者の福本伸行は、4年前には構想が出来ていたそうです。

カイジが、どのようにファイナルを迎えるべきか、試行錯誤していたのかもしれませんね。

カイジが自分の為だけのギャンブルを卒業して、大人に一歩近づくのは寂しいですが、彼の魅力が一つ増えたと思えば楽しみ方が色々となります。

この作品は、自分の失敗が経験となり、自分の肥やしとなることを教えてくれ、諦めなければ報われることを伝えてくれました。

 

 

まとめ(おすすめ・考察)

ギャンブル映画で、人間ドラマの家族愛を描くのは、とても印象的です!

自分の私利私欲、未熟さ、不運がかさなり、ボタンを付け間違えて、人と人の心がギクシャクするのは、よくあることです。

カイジの人間力で、それを解決していくのは、このシリーズの醍醐味だと思います。

 

自分の欲のため、お金儲けのギャンブルをするのは、とても自然ですが、人の幸せの為に、ギャンブルをするのは、どこか考えさせられました。

結局、「正しい行動」が良い結果を導き出す近道だったんですね。

誰も、どこか知っているけど出来ない。

なんとか、近道を見つけて、自分だけショートカットして、楽をしようとします。

こんなギャンブル映画で、天と地を見せられると、反省するしかありません。

でも、スリリングは、たまりませんね!

あなたは、どちらを選びますか?

 

 

 

合わせてみよう(関連作品等)

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

 

時給11万2000円で実働7日間の求人広告に10人の男女が参加する。

24時間監視されるものだが、銃による死者が出て、参加者はお互い不安になり、自分のことだけを考えるようになる。

そして、自分を守るために、それぞれがとった行動が!

 

ジャンルホラー
監督  :中田秀夫
キャスト藤原竜也
綾瀬はるか
石原さとみ
阿部力 etc

 

 

人間失格

 

人気小説作家としてフォーカスされる太宰治(小栗旬)は、良き妻・美知子(宮沢りえ)と2人の子どもがいるにも関わらず、自分のファンである静子(沢尻エリカ)と恋に落ちる。

そして、彼女の日記で、ベストセラーになった「斜陽」という作品を生み出し、社会現象を起こすが、文壇からは内容を批判され苦しむことに。

太宰は「本当の傑作」を書くために、酒と女の生活を過ごすが。

そんな時、未帰還の夫を待つ身の美容師・富栄(二階堂ふみ)と太宰は、彼女との恋文をはじめてしまいます。

体は結核に蝕まれ、酒と女だけで、自分をコントロールする生活を続ける太宰を、妻の美知子は忍耐強く支えるが、彼女の言葉で、太宰は「人間失格」の執筆の勇気をもらい、自分の本当の気持ちと対峙していく。

 

ジャンルヒューマンドラマ、ラブストーリー
監督  :蜷川実花
キャスト小栗旬
宮沢りえ
沢尻エリカ
二階堂ふみ
藤原竜也 etc

 

 

Amazonプライム会員ですと、いろいろな関連作品を無料で見られます!!

 

 

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

 

 

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

 

 

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

 

 

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

 

 

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

 

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画・アニメ・ドラマなど多彩なジャンルのコンテンツがいっぱいなので、大変おすすめです。最新作の配信が早く、更新頻度も多いことが特徴です。

 



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です