映画「ドクター・ストレンジ・あらすじ」自己成長の最強の勇気は?

映画「ドクター・ストレンジ」は、外科医のスペシャリストが、交通事故で指が使えなくなり、どん底におちて這い上がるサクセスストーリーです。

その過程で、自分の弱さ、それを支える人、自分自身の頑張り、自分の不足を気付いていく主人公が、私達に勇気を与えてくれる作品です。

キャストは、「SHERLOCK シャーロック」でブレイクしたベネディクト・カンバーバッチ、「オデッセイ」のキウェテル・イジョフォー、「スポットライト 世紀のスクープ」のレイチェル・マクアダムスがつとめる。

監督は、「フッテージ」のスコット・デリクソンがメガホンをとる

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2016年
上映時間115分
ジャンルアクション、ファンタジー
監督  :スコット・デリクソン
キャストベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ベネディクト・ウォン etc
スポンサーリンク

あらすじ

自信過剰、傲慢な外科医が、交通事故で神の手を失う。

それを取り返すために、全てを投げ売って、頑張るが、解決出来ない。

医師であるにもかかわらず、科学の領域では理解できない魔術を信じて、そこに飛び込みます。

そこには、光があり、それを受け入れることに、しかし、責任と言う代償が。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

大成功したスペシャリストが、地に落ちる。

とても辛い人生ですね。

でも、あらゆる手段、金、人脈などを使って、めちゃめちゃ努力をする姿は、とても心に響きました。

この作品は、誰でも、「頑張れば」道が開けるを教えてくれて、勇気を与えてくれました。

普通でしたら、科学が全ての医師が、自分を全否定して、魔術まで信じて、自分の未来を取り返す。

過去の自分に戻るために、自分の考えを変えるのは、とても勇気がいることですね!

 

魔術の道場をやっと見つけて、中に入ります。

でも、そこでは彼は受け入れられず、外に出されてしまいますが、その道場の扉の前に何時間も居座り続けて、再び中に入れてもらいます。

自分のプライドを全て捨てて、本気で自分の可能性に向き合い、道場の人たちに、自分を認めさせる。

私は、彼のように追い込まれたことはありません。

どこか、許してもらうことを前提に行動しているのかもしれません。

1か0か、それが全てで、戦うさまは、この映画の醍醐味ですね!

 

正直、成功している人が羨ましいです。

そうゆう人は、思いっきり頑張っていることわかり、自分が恥ずかしくなりました。

ヒーローの苦悩がある映画はよくありますが、スペシャリストが、苦しみを乗り越え、ヒーローに進化する作品はあまり見たことがありません。

この作品は、主人公が、自分を乗り越え、自分の役割を理解していき、自分の責任を受け入れる。

自己成長の素晴らしを教えてくれる、おすすめの作品でした!

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ)

己の弱さ、人に支えられる、自分の頑張り、自分の未熟さをバランスよく盛り込まれた作品でした。

いつも、ひとりぼっちと思っていますが、落ち着いて周りを見渡すと、そうではないことを気付かせてくれる。

この映画を見ることで、心の中の不安を忘れさせてくれます。

誰しも抱える、心の悩みに、勇気を持って対応できるヒントを与えてくれる素敵な映画です。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

アベンジャーズ エンドゲーム

マーベル・コミックが生んだ同一の世界観でヒーローが活躍する「アベンジャーズ」シリーズの最終章。

前作で、強大な力を持つラスボス・サノスに全人類の半分を消し去られ、敗北したアベンジャーズが、残ったメンバーで再集結して世界と仲間の為に立ち上がる。

ジャンルSF、アクション
監督  :アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
キャストロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、ポール・ラッド etc

アントマン&ワスプ

「アントマン」シリーズの2作目です。

大きくなったり、小さくなることができる、元泥棒のバツイチのヒーローが、頭脳明晰のヒロイン、ワスプと、彼女のお母さんを助けるために、力を合わせる救出劇です。

しかし、それを邪魔する悪党や、壁を通り抜ける謎の女性が彼らを襲う!

ジャンルSF、アクション、コメディ
監督  :ペイトン・リード
キャストポール・ラッド、エバンジェリン・リリー、マイケル・ペーニャ、マイケル・ダグラス etc

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「アントマン&ワスプ(あらすじ・感想)」ラストの意味は?

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です