映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」人間のエゴの結末予告は!

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は、日本を代表する怪獣映画ゴジラが、ハリウッドに進出した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。

キングギドラ、ラドン、モスラなど、神話怪獣を復活させて、人間のエゴでおかしくなった地球をリブートする?

それを阻止しようとする人間たちとゴジラの死闘を描く。

キャストは、前作から引き続き、芹沢猪四郎博士役を渡辺謙、カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、サリー・ホーキンス、チャン・ツィイーらがつとめる。

監督は、脚本も手がけた、「X-MEN:アポカリプス」のマイケル・ドハティがメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間132分
ジャンルSF、アクション
監督  :マイケル・ドハティ
キャストカイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、ブラッドリー・ウィットフォード、サリー・ホーキンスヴィ、渡辺謙 etc
スポンサーリンク

あらすじ

「ゴジラ」と「ムートー」との死闘から、5年経つが、人々にはその傷跡が残っていた。

キングギドラ、ラドン、モスラなどの神話怪獣を復活させて、世界を破壊させようと企てる者が。

未確認生物特務機関「モナーク」は、「ゴジラ」を信じて、世界を救えるのか?

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

人間のエゴで、地球を破壊?

昔の自然を取り戻すために、全てをリブート?それは、一つの方法かもしれません。

「ゴジラ」=「神」、「正しい」を再定義するちょっと過激な映画です。

一人ひとりが、今の普通を見直さなければならない現代の問題を伝えたえる作品です!

 

人間って、ある意味賢すぎたのかもしれません。

自分の文明を守る、進化させるために何かを失う、人々ってそれを見落としています。

この作品は、神話怪獣との対話を通して、我々が、自然の対話を忘れている、当たり前のことを教えてくました。

 

今まで、ハリウッド作品で、人間のエゴで地球が危機になる映画を見たことがありませんでした。

「ゴジラ」作品は、人間のエゴで、人間の生活を脅かす、日本では当たり前のストーリーです。

海外で、日本の「ゴジラ」がリスペクトされているように感じます。

特に、子供の純粋な気持ちで、モスラに触るシーンは、日本映画では定番です。

争いをなくす、素朴で純粋な行動は、とても心に響きました。

 

第一次産業革命では、成人病が、第二次産業革命では、伝染病が、第三次産業革命では、精神病が。

自然が、人間に対して、何かを訴えているように見えます。

全てをリセットする、「神」=「ゴジラ」が、この映画の裏テーマだと思います。

これから、大変なことが起こらないように、気持ちを引き締めて生きていきたいですね!

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・お気に入り)

日本人って、他の国の人と比べると、どこか自然を恐れているのかもしれません。

日本は、他の国と違い、島国の為、森林などの自然の中で生きていかなければならないので、自然との対話、共存が必要です。

「ゴジラ」は、人間のエゴによる行動で、生まれてきました。

その根源は、自然との交流を忘れさせない為のキーワードからだと思います。

「ゴジラ」映画は、生きていくことの「大切な掟」を教えてくれます。

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

シン・ゴジラ

史上最大の118.5メートルのゴジラをCGで、描き出され、大ヒットとなった作品です。

「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの監督作品ですので、エヴァファンにとっては、たまらないと思います。

今までの、「ゴジラ」作品と比べると、人間ドラマ、社会問題(災害)に重きをおいたストーリーです。

ジャンルSF、アクション
監督  :庵野秀明(総監督), 樋口真嗣
キャスト長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾 etc

この記事を合わせて読めば最強です!>>「映画「シン・ゴジラ(あらすじ・石原さとみ)」俳優の演技が凄い!

シン・ゴジラ

キングコング 髑髏島の巨神

アベンジャーズファンにとってはたまらないキャストが集結した、8作目のキングコング映画です。

地球には、人間だけでなく、いろいろな生物たちが存在して、全てが平等に生きる権利があります。

それをそっと教えてくれる作品です!

ジャンルSF、アクション
監督  :ジョーダン・ボート=ロバーツ
キャストトム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン etc

キングコング:髑髏島の巨神

Amazonプライム会員ですと、無料で色々な作品が楽しめます(期間限定の場合があります)。

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)

Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です