ウッディ(唐沢寿明)がボー(戸田恵子)によって大人になる!映画「トイ・ストーリー4(ネタバレ・感想)」

映画「トイ・ストーリー4」は、アップルの故スティーブ・ジョブズが育てたピクサー・アニメーションが、おもちゃの世界を舞台に描く「トイ・ストーリー」の第4作目。

女の子ボニーは、ウッディの新しい持ち主です。

でも、ウッディは、一番のおもちゃになれず、葛藤を抱えながら自分の役割を演じるが。

大人の気持ち、子供の気持ち、おもちゃの気持ち、全てが組み合わされ、ちょっとほろ苦いですが、ステキすぎる作品です。

キャストは、前作からの顔ぶれが揃う、ウッディはトム・ハンクス・唐沢寿明(日本語吹き替え)、バズ・ライトイヤーがティム・アレン・所ジョージ(日本語吹き替え)、ボー・ピープがアニー・ポッツ・戸田恵子(日本語吹き替え)がつとめる。

監督は、「インサイド・ヘッド」(15)ではストーリー監修・脚本で、アニー賞長編映画部門の脚本賞を受賞したジョシュ・クーリーがメガホンをとる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間100分
ジャンルアニメ・アドベンチャー
監督  :ジョシュ・クーリー
キャストトム・ハンクス、ティム・アレン、アニー・ポッツ、(日本語吹き替え)、唐沢寿明、所ジョージ、戸田恵子 etc

 

ボー・ピープの声優、戸田恵子が一押しです。

子供の頃、機動戦士ガンダムで、初めて知った格好いい女性、マチルダ・アジャンの声優です。

男前の彼女の声が、ウッディに勇気を与えて、自由への旅路へ!

最後まで、目を離せないキャラクターでした。

劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編
(2013-11-26)
売り上げランキング: 29,232
スポンサーリンク

あらすじ

一番のおもちゃになれないウッディ(唐沢寿明)は、なにより自分の持ち主の女の子ボニーが大切です。

嫌がって幼稚園に行く彼女についていき、彼女の居場所を作ってあげるウッディ。

ボニーは、先割れスプーンでおもちゃを作り、名前をフォーキーと名付けます。

でも、フォーキーは、彼女の大切なおもちゃだと気付いていません。

ウッディと仲間たちは、フォーキーを仲間にするために、ドタバタが、それによって、何を気づかせてくれるのか?

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想・考察)

ウッディが自分の正直な気持ちに気付いていく。

彼を支える仲間たちの気持ちを理解しながら、自分とは?それに戸惑う。

大好きな子どもたちの為に、自分の役割を全うすることが最善?

大人になっても、当たり前に悩むことがストレートに届いた作品です。

 

役割(おもちゃでいること)って、本当に大切ですか?

自分を大事にすることは、どうゆうことなのでしょうか?

直球勝負の仲間たちに共感しながら、自分と向き合うウッディに共感しました。

全てを大切にしようとするウッディは、悪く言えば八方美人です。

多くの日本人、私もそうです。それに苦しんでいます。

 

ウッディは、いろいろな仲間と触れ合うことで、一番大事なことに気付いていく、とてもカッコよかったです!

全てを大切にすることが大人だと思っていたウッディが、何かをチョイスして、失っていくことで、本当の自分に気付いていきます。

子供たちのそばにいて、子供たちと共に幸せを感じる。

ウッディは、それがおもちゃの生きるべき姿、役割だと思っていました。

自分が知らない世界への興味、一緒にいたい仲間の存在で、役割という呪縛から開放されます。

大人だけど、どこか正直になれない、そんな人が、正直な自分を見つけるヒントがいっぱいの映画ですね!

 

トイ・ストーリー4 ビジュアルガイド
KADOKAWA (2019-07-20)
売り上げランキング: 4,326

 

自分の本心で、新しい世界へ一歩を踏み出す勇気って、自分をバージョンアップされる最重要アクションになります。

人として自分の役割を理解して、それを全うすることは、大切なテーマかもしれませんが、自分の本質にフォーカスすることは、もっと大切なことだと思います。

今の時代は、やりたいことをできる、それが当たり前の時代です。

だから、本当の自分を理解する、そんな当たり前を教えてくれるキーワードがいっぱいの作品でした。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・お気に入り)

ギャビー・ギャビーの幸せ、それを叶えてあげるウッディがかっこよすぎます。

自分に与えられた境遇は、自分だけではどうにもならない場合があります。

ウッディが今まで当たり前に受け取った幸せは、ギャビー・ギャビーは、自身の不運で、一度も得ることが出来ませんでした。

ウッディは、何を感じ何をするのか、彼の決断は人として学ぶべきことがいっぱいでした。

人に幸せを与える、「大切な心」の感動のシーンでした。

この映画を見て、他の人達にいっぱい、幸せを与えられる大人になれるように、気を引き締めて、生きて行こうと思いました。

 

 

 

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

どこにでもいる、女子高校生が、全米チアダンス選手権大会で、優勝(2009年)してしまった、福井県立福井商業高校の実話を映画化。

友永ひかり(広瀬すず)は、中学の同級生の山下孝介(真剣佑)を応援したいと思い、チアダンス部に入部する。

そこでは、アメリカの大会制覇に燃える顧問の女教師の早乙女薫子(天海祐希)の厳しい練習が待っていた。

彼女たちは、自分の心、仲間への思いと対峙し、自分のウォントに気付き、目標をゲットするステキなストリーです。

ジャンルヒューマンドラマ、青春
監督  :河合勇人
キャスト広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥 etc

 

 

 

町田くんの世界

第20回手塚治虫文化賞を受賞した安藤ゆきの同名コミックを実写映画化。

何もとりえのない町田くんは、誰よりも人に優しく、自分より他人を大切にする。

そんな彼の前に現れた女の子・猪原さんは、町田くんが、初めて自分自身を大切にするキッカケを作る。

ジャンルヒューマンドラマ、青春、ラブストーリー
監督  :石井裕也
キャスト細田佳央太、関水渚、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子 etc

 

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめます(期間限定の場合があります)。

 

 

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です