カネキとトーカの生き方がクロスする?映画「東京喰種 トーキョーグール【S】(ネタバレ)」

映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」は、石田スイによる人気コミックの映画化のシリーズ第2作目。

事故に巻き込まれ半喰種になってしまった大学生のカネキは、人間を食らう種族「喰種(グール)」として生きることへ抵抗があり苦しみます。

彼は、喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を置く。

そんな時、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が、カネキをターゲットにする。

キャストは、カネキは前作同様の窪田正孝が、トーカは山本舞香、「美食家(グルメ)」の月山習は松田翔太がつとめる。

監督は、萩原健太郎から川崎拓也、平牧和彦となる。

スポンサーリンク

作品情報

製作年 :2019年
上映時間97分
ジャンルSF、アクション、ホラー
監督  :川崎拓也、平牧和彦
キャスト窪田正孝、山本舞香、鈴木伸之、松田翔太 etc

 

トーカ役が清水富美加から山本舞香へ変わりました。

はじめは、前作の清水富美加が良かったと思っていましたが、こうしてブログを書いていると、山本舞香の魅力が見えてきました。

不器用なトーカを演じるって難しいと思います。

段々と笑顔を取り戻してくる彼女が、印象的です。

笑顔を最後の最後まで、とっておくってズルいですね!

 

SUNNY 強い気持ち・強い愛
(2019-05-22)
売り上げランキング: 12,452
スポンサーリンク

あらすじ

喰種たち憩いの場の喫茶店「あんていく」に身を寄せ、カネキ、トーカたちと身を潜めて暮らしています。

そこに、「美食家(グルメ)」の月山が「あんていく」に突然現れる。

半喰種というカネキの特殊なにおい気付いて月山は、カネキを「グールレストラン」へ誘導するが。

スポンサーリンク

作品を見て感じたこと(ネタバレ・感想)

重い感じのストリーが印象的な映画でした。

生きるための意味、生きるため人を食べる、それが交差する難しい作品かもしれません。

人を食べなければ生きていけない喰種・トーコの悩みは、もしかするとカネキ以上なのかもしれませんね。

彼女は、おどおど感のあるカネキを見ていられないのは、自分に迷いがあって、苦しんでいと思います。

トーコもですが、カネキら、本当の正しい生き方をチョイスしていく感じが、とてもホッとした作品でした。

 

人間は、普通に動物を殺して食べます。

心が傷まないのは、ちょっと不思議ですが、こんな作品を見ないと気付けません。

生きていくことの意味、それには誰か、他のものが痛みを伴う、そんな当たり前を感じていません。

この作品のキャラクターは、みんな、生きることで苦しんでいます。

私達に、大きな気付きを与えてくれる映画でした。

 

トーコの主義は、自分たちの正体(喰種)を知った人間を殺すことです。

でも、西尾錦(白石隼也)の彼女を殺せませんでした。「きれい」という言葉で。

トーコの心に、友達の人間を本気で受け入れるキッカケになります。

彼女の迷いが消えた瞬間は、とてもいい感じで、彼女の笑顔は、ステキでした。

 

東京喰種 トーキョーグール 1 (ヤングジャンプコミックス)
石田 スイ
集英社 (2012-02-17)
売り上げランキング: 60,371

 

生きるために、人間を食べなければならない、でも、お互いを大切にする「愛」があれば乗り越えられる!

カネキの直球勝負な姿を見たり、西尾錦の彼女の純粋な気持ちに触れて、閉ざした心を開放する。

カネキ、トーコが共鳴し合いながら成長していく作品でした。

スポンサーリンク

まとめ(おすすめ・考察)

原作ファンにとってはたまらない、原作重視の作品でした。

前作より、アクションシーンが少ないのは残念でしたが、次回作以降も見に行きたいです。

 

グルメの美学にフォーカスし、それを人食いにコラボレーションする。

一見、不思議ですが、究極って感じにドッキとしました。

珍しい半喰種のカネキの存在を楽しむ輩が一杯で、何故、謎が残った作品ですが、次回作が楽しみです。

 

 

 

スポンサーリンク

合わせてみよう(関連作品等)

ヴェノム

スパイダーマンの宿敵でマーベル・コミックの人気キャラクターを映画化。

人体実験で、死者を出している組織の真相を追う記者が、そこで、地球外生命体と接触してしまう。

意志を持ったその生命体の目的とは?

ジャンルSF、アクション、アドベンチャー
監督  :ルーベン・フライシャー
キャストトム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド etc

 

ヴェノム (字幕版)

ヴェノム (字幕版)

posted with amazlet at 19.07.24
(2019-01-11)
売り上げランキング: 132

 

 

アリータ:バトル・エンジェル

木城ゆきのSF漫画「銃夢(ガンム)」(ビジネスジャンプ)を、ジェームス・キャメロンの脚本・制作で、ハリウッド実写映画で制作。

テクノロジーが人と人の境目をなくす?

かわいい女の子のサイボーグが、人の心の暖かさにふれて、本当の親子、本当の恋人に変わっていく。

とても、心に響く作品です。

ジャンルSF、アクション
監督  :ロバート・ロドリゲス
キャストローサ・サラザール、クリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー etc

 

アリータ:バトル・エンジェル (字幕版)
(2019-07-31)
売り上げランキング: 16,626

 

 

Amazonプライム会員ですと、色々な無料動画が楽しめます(期間限定の場合があります)。

 

 

スポンサーリンク

チェックはこちらからどうぞ

MIHOシネマ(未来と過去の私の映画図書館です)

映画.com(映画の情報集めにおすすめです)

Yahoo!映画(辛口レビューが面白いかもしれません)

ウィキペディア(作成秘話等の作品の裏側が見えてきます)

YouTube(やっぱり、動画がわかりやすいですね)



Follow me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です